『グレイテスト・ショーマン』試写会。歌とダンスを引き立てる要素が足りない
2018 / 02 / 10 ( Sat )
『グレイテスト・ショーマン / THE GREATEST SHOWMAN』
2018/02/16公開 公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/

1952年の『地上最大のショウ』でも知られるP・T・バーナムを題材にしたミュージカルです。オープニングのダンスでいけると思ったのですが、その期待は次の場面で一挙にしぼんでしまいました。

お話自体は貧乏少年P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)が憧れの上流階級の娘チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と結ばれるものの彼女の両親が言うように苦労して仕事を転々とした後に興業という天職を見つけるというシンプルなものです。

話は単純なのですから歌とダンスを魅力的に見せてくれればいのですが、貧乏夫婦が屋上で踊る場面ではいかにもセットで撮影しましたという感じで白けてしまいます。本物の屋上で撮影する必要はないのですが、もう少し違った見せ方があったと思います。ミシェル・ウィリアムズの歌が聞くことができる以外の価値はほとんどありません。この映画は室内/劇場内の場面の方がよいです。

さらに中盤でヨーロッパからオペラら歌手を招聘して、曲を披露する場面があります。吹き替えとはいえ曲中のレベッカ・ファーガソンの見せる表情はとてもいいのですが、曲終了後の彼女の行動は前振りがあまりないために単にバーナムの家庭に波風を立てるため無理やり挿入したようにしか見えません。僕がよく言う「『シェルブールの雨傘』のラストは口パクでも感動できる」とは逆で、これではレベッカ・ファーガソンの無駄遣いです。

僕がいいなと思ったのはフリークスと呼ばれた個性的な人々が主張をし始めるところです。じつは二人いる脚本のうち片方がビル・コンドンなのです。とは言え直接的な同性愛描写があるわけではありません。ただ異人種間恋愛がはじまるところはそれっぽいと感じました。しかしザック・エフロンとゼンデイヤはいいカップルに見えるのはどう考えたらいいのか悩みます。黒人と白人の間に生まれたというゼンデイヤは、色が濃くないのです。彼女が『スパイダーマン』にキャスティングされたときにヒロインは白人であるべきとの意見があったことを考えれば現代でも異人種間恋愛は厳しいままと言えます。今回の彼女の起用が人種の壁は昔は大きかったと言いたいのか、今も厳しいと言いたいのかが伝わってこないのです。あるいは単に人気者を起用しただけでしょうか、彼女の兄役の俳優に色の濃い俳優を起用するというのも安易に感じられ、これまた混乱するのです。

『ラ・ラ・ランド』チームによる楽曲はあまり印象に残らないのですがやはりハイライトは"This Is Me" と"Never Enough" でしょう。"This Is Me" は画がつくと盛り上がるのですがが、ないとそれほどでもないように感じました。"Never Enough"はオペラ歌手が歌う設定なのでドラマチックですがやや単調でさらにに大サビがあると良かったのではと思いました。

『ローガン』で老人を演じたヒュー・ジャックマンは実年齢よりやや若い(推定20~35歳)設定で、この映画のリーダーとしての存在感を見せてくれます。ただ前から気になっていた歌い手としてアクのなさが気になりました。久々のミュージカル出演のザック・エフロンは他の映画では無理してマッチョにしているという印象がありますが、ここでは昔のイメージを保ったまま年を取ったように感じました。ヒュー・ジャックマンとの掛け合いは見ものです。そして株を上げたのはゼンデイヤでしょう。練習してかなり乗れるようになったという空中ブランコを乗りこなしてエフロンと歌う場面は何度かある掛け合いの中では一番好きです。派手な衣装も違和感なく着こなす彼女は貴重な存在と言えそうです。

P・T・バーナムの作ったサーカスは後に「地上最大のショー(The Greatest Show on Earth)」と呼ばれたリングリング・サーカス(リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス)ですが、批判のあったゾウのショーを中止などがあって最近その歴史を終えました。やはりあれは動物虐待だったとするにせよ、昔はそれが許されたのだというノスタルジーにするにせよ、現代からの視点があると今作られる意味も込められたと思うのですがその意識はないようです。
00 : 00 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エミー・ロッサム出演ネットフリックス作品『意表をつくアホらしい作戦/A Futile and Stupid Gesture』予告
2017 / 12 / 22 ( Fri )
エミー・ロッサム出演ネットフリックス作品『意表をつくアホらしい作戦/A Futile and Stupid Gesture』予告登場。

コメディ雑誌「ナショナル・ランプーン誌」共同設立者ダグ・ケニーとヘンリー・ベアードの伝記映画
『意表をつくアホらしい作戦/A Futile and Stupid Gesture』予告
一筋縄ではいかない様子が予告からもうかがえます。エミーの役はダグ・ケニーの恋人
https://youtu.be/33dztfqRu_k




https://www.netflix.com/jp/title/80107084
00 : 00 : 00 | 『意表をつくアホらしい作戦』A Futile & Stupid Gesture | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エミー・ロッサム出演作品『A Futile and Stupid Gesture』サンダンス映画祭でプレミア上映
2017 / 11 / 30 ( Thu )
エミー・ロッサム出演作品『A Futile and Stupid Gesture』サンダンス映画祭でプレミア上映
https://www.sundance.org/blogs/news/2018-sundance-film-festival--feature-films-announced

まあプレミアといってもネットフリックスなので劇場公開はなく配信だと思うのですが
内容はナショナル・ランプーンについてです。たぶん『サタデー・ナイト・ライブ』や『アニマル・ハウス』周りの話がメーンになると思われます。
このインフォメーションを受けてネットフリックス内のページをチェックしたところnot foundになっていますが、いずれ復活するでしょう。
そう思っているとIMDBに写真がありました
http://www.imdb.com/title/tt5566790/mediaviewer/rm3201851136
IMDBの作品ページだとなぜかエミーがトップに来ていますがこのウィル・フォーテとドーナル・グリーソンが主役です。
エミーが演じたのはウィル・フォーテが演じたダグラス・ケニーの恋人キャサリン・ウォーカー
この後にジェームス・テイラーと結婚します(つまりカーリー・サイモンの次の嫁)。

本物と俳優の比較
http://splitsider.com/2016/04/a-photo-guide-to-the-insane-cast-of-netflixs-national-lampoon-movie/
00 : 00 : 00 | 『意表をつくアホらしい作戦』A Futile & Stupid Gesture | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『素晴らしきかな、人生』試写会。アイディアは面白いが役者はあってないように感じられる
2017 / 02 / 22 ( Wed )
『素晴らしきかな、人生』 / COLLATERAL BEAUTY
2017/02/25公開:公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
素晴らしきかな、人生 ブルーレイ&DVDセット
BD発売日:2017/07/05

監督は『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル。邦題がフランク・キャプラ『素晴らしき哉、人生!』のパクリなのが気になりますが、ウィル・スミスもキャプラ的な映画に出るようになったかと思いながら見始めました。主人公のハワードは広告代理店を経営していて、オープニングではスピーチをするハワード(ここの口のうまさはいつものウィル・スミス)、それは数年前で今の彼は娘さんを亡くして落ち込み仕事もままならない状態で、"愛"、"時間"、"死"に恨みの手紙を出すしまつです。その三つが実体化して彼の前に現れるというプロットは『素晴らしき哉、人生!』のさらに元ネタである『クリスマス・キャロル』からの引用で、この邦題もまんざら的外れでもありません。とうぜんクリスマス時期の話です。

といっても本作のウィル・スミスはフランク・キャプラ映画的な善人でも、スクルージのようないやな人間でもなく、じめじめしているキャラクターであまり似合っていません。彼がアクション・スターから幅を広げるきっかけのひとつとなった作品に『幸せのちから』がありますが、あちらは悲惨な状況に置かれていても前向きだったのでだいぶ印象が違うと思います。ウィル・スミスといえば走る姿が決まる人ですがここでは走らないものの自転車を飛ばして似たスピード感を出しています。

会社の同僚役員たち(エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ、ケイト・ウィンスレッ)は腑抜けとなったハワードでは経営を任せられない状態であると証明するために調査員を雇って例の手紙を入手して、"愛"、"時間"、"死"を俳優に演じさせて彼の頭がおかしくなっていることにしようという作戦に出ます。ここで雇うのがニューヨークの舞台俳優です。演じる俳優の三人中二人がイギリス人(ヘレン・ミレン、キーラ・ナイトレイ)なのがイギリス人俳優コンプレックスを感じさせます。ここで人ではなく概念を演じることで一種の演技論にもなるところが面白いです。また彼らが一応ハワード以外には見えないことにしようとする作戦も笑えます。

僕がこの映画で一番好きなのは「この人もしかして天使(あるいはゴースト)?」と思わせる瞬間が何度かあるところです。そこが本作が『素晴らしき哉、人生!』や『クリスマス・キャロル』からの流れを引き継いでいる点ではないでしょうか。また"愛"、"時間"、"死"が問題なのはハワードだけではないので会社の三人(そう三人だ!)にもサイドストーリー的なものがつくのはいいのですが結果的には中途半端に感じました。

はじめにいったようにウィル・スミス主演映画としては物足りないですし、実力派キャストも適材適所とは言えません。最後の展開も「この人を使っているのだから、なにかあるのだろうな」と思ってしまいました。メンバーを総入れ替えしろとは言いませんが、会社以外の人はもっと知名度の低い俳優にするといった工夫があれば良かったと感じました。個人的に一番もったいないと感じたのはエドワード・ノートンでした。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 00 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サム・エスメイルQandA
2017 / 02 / 05 ( Sun )
サム・エスメイル(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』『COMET コメット(』)のQandA 2017年2月
質問の数が多いので平均的な回答になってしまっているようです。
今回、手抜きにつき邦題は省略します。リンク切れはご了承を

続きを読む
00 : 00 : 00 | MR. ROBOT/ミスター・ロボット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>