エミー・ロッサム出演映画『COMET コメット』DVDが7月2日発売
2016 / 03 / 31 ( Thu )

AAU-4069S 4,320 円
『サヨナラの代わりに』とは違いこちらはDVDのみのもよう

発売元:キュリオスコープ
販売元:アメイジングD.C.
23 : 59 : 59 | 『COMET/コメット』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『COMET/コメット』どこまで理解できたか自信はないが英語字幕で見てみる
2015 / 12 / 07 ( Mon )
comet1.jpg
『COMET/コメット』
公開年月 2015/12/12
http://curiouscope.jp/COMET/

最近ではテレビ・シリーズ『ミスター・ロボット』で注目されるサム・エスメイル長編映画初監督作、主演女優エミー・ロッサムと恋に落ちた作品でもある。

英語字幕で見てどれだけ理解できたのかはまったく自信がない。時間軸をいじるだけでなく、夢か現実かもはっきりしない。それならばヒントがほしいとコメンタリーを期待したが、特典は予告編しかない(コメンタリーはついていても字幕なしのことも多い)。ということなので自由に語ることにしよう。

この映画は最初の墓地(公式の説明では公園となっているがHollywood Forever Cemeteryである)の場面で相手が出てくるほかは役名がない、プロデューサーも兼任したジャスティン・ロングとエミー・ロッサムによる二人台詞劇である。日本での紹介では『エターナル・サンシャイン』の名前を出しているが、むしろリチャード・リンクレイター監督の『ビフォア~』シリーズを思い起こす。列車やパリの場面があることもそう思わせる要因だ。

『ビフォア~』シリーズは男女二人に起こることはドラマティックでいかにも映画的だが、男女の会話は主演二人のアイディアを多く採用した自然なものとなっている。本作の監督サム・エスメイルによる脚本はそこまで自然なものではなく、観念的な台詞も多い。一定のレベルには達していると思うが絶賛するまでには至らない。日本語字幕や吹き替えで見たらまた違うのかもしれないが、当社比1.25倍!とでもいうような台詞の多さを口数で補っているのも自然さが欠ける要因に思えた。それでいて90分に収めているのは計算されたものなのだろう。

日本で『エターナル・サンシャイン』や『her/世界でひとつの彼女』の名前を出すのは時間軸をシャッフルする構成が『エターナル・サンシャイン』と共通するからだろう。あちらはトリッキーな画もあるのだが、こちらは月が二つある風景以外はそこまでではない。撮影はエリック・コレッツ
http://www.theimagehunter.com/
HPがあるくらいだからそれなりに自信があるのだろう。カメラに関して詳しいことは言えないが、モノクロの作品もあるがくっきりとした画が得意なように見える。この映画では非現実的な色使いや背景の違和感が印象に残る。ただ単に画をはめ込んだように見えてしまい、作りものっぽさが気になる人もいるかもしれない。これが監督の持ち味かは不明で、テレビ・シリーズ『ミスター・ロボット』ではここまで極端ではないようだ。

監督が主演女優に恋仲になったわけだからエミー・ロッサムはきれいに撮られている。とくに墓地でのメガネ姿とパリのホテルの場面(着替えたあと)がいい。カーリー・ヘアの場面は意外かもしれないが、地毛に近いことを考えると興味深い。衣装は『クルーレス』『魔法にかけられて』のモナ・メイ

この映画の手法を、パラレルと呼ぶかシャッフルと呼ぶべきか分からないが、前半は場面の切り替えが分かりやすい。50分からスピードアップ、1時間あたりからやや混乱するのはある場面内で移動があるのからと二場面で衣装が似ているからだ。これを時系列に順並べても話はつながらないはずだから、そのへんを追求しても無駄だろう。この手法によって得られるのは男女間の超えられない壁が垣間見られるということでお茶を濁すことにしよう。

ミニマル調の曲を中心とした音楽は定番かもしれないがよく合っている。ボン・イヴェールは使い過ぎだと思うけど、いい場面には違いない。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 00 : 48 | 『COMET/コメット』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum出演映画『Comet』公開日決定、予告編登場
2014 / 10 / 28 ( Tue )
エミー・ロッサム、ジャスティン・ロング出演映画『Comet』公開日決定、予告編登場
Comet - Official Trailer I HD I IFC Films
http://youtu.be/_gCbQfodpok

流星群を見るために行ったハリウッド・フォーエバー墓地で出会ったデル (ジャスティン・ロング)とキンバリー (エミー・ロッサム) 、舞台はニューヨーク、パリ、列車、ホテルと変わり二人の6年間関係がパラレルに描かれる。

メガネ姿のエミーがかわいいのがこちら。場面や場所がころころと変わるさまや映像美が良くも悪くも特徴。小惑星が地球に追突したりはしないと思います。

12月5日公開、VOD開始

日本語記事:ジャスティン・ロング&エミー・ロッサム共演インディ・ドラマ「Comet」、予告編
http://www.allcinema.net/prog/news_details.php?NsNum=8843

この映画を贔屓している人の書いた記事
http://www.slashfilm.com/comet-trailer/


23 : 25 : 56 | 『COMET/コメット』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum出演映画『Comet』Twin Cities Film Festで上映
2014 / 09 / 21 ( Sun )
エミー・ロッサム出演映画『Comet』Twin Cities Film Festで上映
http://www.startribune.com/entertainment/movies/275635441.html
Twin Cities Film Fest
http://twincitiesfilmfest.org/
10月16-25
『Comet』の上映は10/22

00 : 29 : 48 | 『COMET/コメット』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum出演映画『Comet』レビュー、監督インタビュー
2014 / 06 / 30 ( Mon )
エミー・ロッサム出演映画『Comet』Los Angeles Film Festivalで上映の続きです。

映画‘Comet’監督、サム・イスメル・インタビュー
WAMG Talks To Sam Esmail: COMET
http://www.wearemoviegeeks.com/2014/06/wamg-talks-sam-esmail-comet/

Hurtling back and forth in time over six years of a passionate, complicated relationship, COMET is a high-style love story crackling with brilliant repartee, and simmering with true feeling. Last week, the film made its premiere at the Los Angeles Film Festival.



映画'Comet'撮影監督エリック・コレッツ・インタビュー
http://www.indiewire.com/article/how-i-shot-that-laff-edition-shooting-in-a-cemetery-for-comet
How I Shot That (LAFF Edition): Shooting in a Cemetery for 'Comet'

What was the most difficult shoot on your movie and how did you pull it off? The scenes at the cemetery were difficult because we couldn't control the time of day in which to shoot because we didnt have much time there. Furthermore the weather was changing from cloudy to sunny frequently. This made matching shots difficult. We achieved it by planning well and changing on the fly with my Key Grip Jerry Deats and my Gaffer Jeffrey Petersen.



LAFF Review: 'Comet' Starring Justin Long And Emmy Rossum Is An Original & Inventive Love Story
http://blogs.indiewire.com/theplaylist/laff-review-comet-starring-justin-long-and-emmy-rossum-is-an-original-and-inventive-telling-of-a-love-story-20140621

when they first meet (she’s on a date with another guy), breakup #1 (in Paris), first reunion (on a train), breakup #2 (on the phone, he’s in New York, she’s in L.A.), and what could possibly be reunion #2. Of course,
~
Rossum oscillates between two different stages of Kimberly (which is mostly telegraphed visually through her hair): wild, unkempt, a free-spirit who gives not one fuck, versus composed, smooth, and put together. Both roles are fine showcases for the two actors’ total range.
~
danker sides of L.A. and New York. The score, by “Ain’t Them Bodies Saints” composer, Daniel Hart, ties all the sections together, but also adds to the soaring, epic, fantastical tale. Is this real? We might not know.



LAFF 2014 Review: ‘Comet’ is a Gut-Wrenching Look at a Six Year Romance
http://geeknation.com/laff-2014-review-comet-is-a-gut-wrenching-look-at-a-six-year-romance/

Emmy Rossum plays Kimberly, and while I’ve always really liked her as an actress, she does some next-level work here. She’s piercing, curious, razor sharp, fun, bouncy, merciless, and vulnerable, and it’s easy to see why Dell would fall for her.



LAFF ’14 Review: ‘Comet’
http://cromeyellow.com/laff-14-review-comet/

Making this all work on a human level are some of the best performances we’ve ever seen from Justin Long and Emmy Rossum. In the film, each character couldn’t be more different, as opposites who attract and change one another with irresistible charm and genuine chemistry.
~
Above all, Comet is a breath of fresh air, beautifully scripted, executed and acted with the kind of haunting mediation of life and love we don’t too often get. With it’s impressionistic and genre-bending narrative, we learn that life is what happens in between each word, thought or action. In that sense, Sam Esmail’s impressive debut is a beautiful love letter to life itself.



'Comet': Film Review
http://www.hollywoodreporter.com/review/comet-film-review-714310

Just as Woody Allen once intended to title Annie Hall, Anhedonia, Sam Esmail might well have called his debut feature not Comet but Logorrhea.

02 : 09 : 33 | 『COMET/コメット』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>