Poseidon Journals Chapter 5
2005 / 09 / 27 ( Tue )
Richard Dreyfuss
http://chud.com/news/4405
映画『ポセイドン』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

00 : 00 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Poseidon Journals Chapter 4
2005 / 09 / 21 ( Wed )
Poseidon Journals Chapter 4

http://www.ugo.com/channels/filmtv/features/poseidon/default.asp
映画『ポセイドン』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開
00 : 01 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
訃報:ジョエル・ハーシュホーン
2005 / 09 / 21 ( Wed )
ポセイドン・アドベンチャーの主題歌"The Morning After"の作者
ジョエル・ハーシュホーン(Joel Hirschhorn)さんが18日に67歳で亡くなりました。

http://www.einsiders.com/features/columns/sept05obituaries.php
アル・カシャ(Al Kasha)とのコンビで
タワーリング・インフェルノの"We May Never Love Like This Again"や
ディズニー・アニメ「ピートとドラゴン」の音楽を担当していました。

Stealth_OST
「ピートとドラゴン」サントラ
00 : 00 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「旅するジーンズと16歳の夏」と「An Unfinished Life」
2005 / 09 / 19 ( Mon )
*ポセイドン関係者

マイク・ヴォゲル出演の「旅するジーンズと16歳の夏」の公式ページに
コンテンツができたようです
http://wwws.warnerbros.co.jp/sisterhood/

「An Unfinished Life」
「ステルス」に続いて公開されたジョシュ・ルーカスの出演作が全米公開中。
ロバート・レッドフォード、ジェニファー・ロペス、モーガン・フリーマンと共演。
http://www.anunfinishedlifethemovie.com/
00 : 49 : 49 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
映画:「ファンタスティック・フォー」初日。「鉄拳制裁タイム!」「発火!」
2005 / 09 / 18 ( Sun )
日劇3で観賞。初回は全席自由席なので前や横は埋まってないものの
立ち見の方もちらほら。

さて二度目を観てみると、脚本にケチを付けましたが全体の流れは悪くない。
ただやはりドゥームのキャラの位置付けが中途半端なのでラストバトルに説得力はなく、
なおかつあっさり終わってしまうのは考えもの。
リアリティがあるとは言わないが、スーがバリアを張るときに鼻血がでるあたりはGOOD。

この映画で魅力的なキャラクターというとやはりジョニーとスー。
男なら当然、ジェシカ・アルバ。お約束のお色気シーンも良い。
コピーの「シャイなハートが与えた、透明バリア」も好き。

ついでに吹替えも地元で観賞。タイトルはベンとジョニーの決め台詞
どうですか?

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

00 : 00 : 10 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
「ステルス」試写会
2005 / 09 / 17 ( Sat )
ステルス 2005年10月08日公開
公式 http://www.sonypictures.jp/movies/stealth/

Stealth_OST
DVD:2006/01/25発売

「ステルス」試写会
ポスターやチラシでお気づきでしょうが、オスカー俳優が主役ではありません。ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックスの3人でチームを組みますがリーダーはジョシュ・ルーカスです。

映画としてはこれが軽い感じで作られていたら、笑うしかないのでしょうが中途半端にシリアスで(もちろんマンガっぽいのですが)笑えないです。テロリストの会合があるというだけで勝手によその国の施設を攻撃するなと。無人ステルスにもたいした秘密はなし。

車/バイク映画ならいくら無茶やっても「あー、バカやってるなあ」と気楽に見られますが、飛行機アクションの映画の場合どうしても軍の戦闘機を使うわけなので、そのへんをもう少し考えてほしい。アクションシーンだけを見る映画と言って差し支えないと思ういます。

字幕:菊地浩司
00 : 00 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
Poseidon Journals Chapter 3
2005 / 09 / 16 ( Fri )
http://www.freezedriedmovies.com/features.php?id=46

Kevin Dillon

映画『ポセイドン』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

00 : 01 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映画:チャリチョコのサントラを探せ!!
2005 / 09 / 16 ( Fri )
「チャーリーとチョコレート工場」のサントラ、ほとんどのお店で売り切れです。
ああ、公開日にCD屋に行っておけばよかった…。輸入盤すらありません。
大型店には9月下旬に入荷となってました。数軒巡って輸入盤を入手しました。
通販と言う手もありますよ。

CCF_OST
輸入盤の方がデザインがいい
00 : 00 : 00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Happy Birthday Emmy
2005 / 09 / 13 ( Tue )
いかん、忘れるところだった
12日で19歳です。
00 : 00 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やっと出演DVDを更新
2005 / 09 / 12 ( Mon )
「NOLA ~ニューヨークの歌声~」「オペラ座の怪人」を追加。

「ポセイドン」のコーナーも準備中。バラッドについてページも用意しないと…
00 : 00 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映画:「チャーリーとチョコレート工場」を初日に観賞
2005 / 09 / 11 ( Sun )
有楽町で見てきました。初回は立ち見もいたけど前には空席有。

JKが公開が同時期の二つの映画のうち「チャリチョコ」ではなく
「ファンタスティック・フォー」を推してしたのは「チャリチョコ」なら
放っておいても話題になるから。
ロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」を
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演で撮るなら80%は成功したようなもんだ。
実際の観てみるとウォンカの性格などは期待通り。
工場の中のあの色彩感覚やバケット家の造形もいい。
となると残りの20%は原作やジーン・ワイルダーの
「夢のチョコレート工場」と違う点をいかに盛り込んでるか。
ウォンカと父親(クリストファー・リー!)の関係は原作にはないものだがこれはこれでいい。
邂逅するものあり、ただそのきっかけを直接与えるのがチャーリーなのはどうなの?
フレディー・ハイモア君に教訓たれられても・・・

一人で演じるウンパ・ルンパもキモくていい。ワイルダー版のウンパ・ルンパ・ソングは
インパクトが強すぎなのだが、4人の子供のテーマ曲はよくできてる。

あれだと一人一人落としてゆくように見えるので(実際そうなんだけど)、
工場のイベントはもう少しあった方が良かった。

パンフ:700円

CCF_OST
サントラ国内盤
02 : 00 : 00 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
映画:ファンタスティック・フォーのノベライズ
2005 / 09 / 11 ( Sun )
「ファンタスティック・フォー」の小説です。400ページ以上ありますが楽に読めると思います。
ベンの心情は彼に好意を寄せる女性のパートも含めて映画より長くなっているはずです。
またドゥームの嫌味度がアップしているのにも注目。

面白いのは彼らが能力を発揮する前から、その能力を暗示するような形容詞が
使われている点です。映画を補完するものとして楽しく読めましたが、
F4として何か大きく社会に貢献するわけでもなく
ドゥームとの対決にしても内輪もめに見えてしまうのは映画自体の脚本に問題あり。

FF_Novel
文庫です
00 : 01 : 00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「歌追い人」を見直してみる
2005 / 09 / 11 ( Sun )

SC_DVD

冒頭のシーンでチャイルド教授の写真を確認。他の人の顔も有名な人なんだろうか。
えっ、チャイルド教授なんて知らないって?
伝聞によるため様々な形で伝承されるバラッドを整理してくれた人です。
http://www.childballads.com/

改めて見ると、○○が怒りにまかせて××を落とす、○○が火をつける、
最後にどの人についてゆくか選択を迫られるなど「オペラ座の怪人」との類似点を発見。

気になったのは山の人たちの顔が似ていることかな。
初見の時にはわりと混乱したもんだ。
比べるのが正しいかどうかは分からないが
「コールド・マウンテン」より生々しく南部が描かれていると思う。

Child1
全訳チャイルド・バラッド
00 : 00 : 00 | エミー・ロッサムのDVD、映画等 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ポセイドン号外観
2005 / 09 / 10 ( Sat )
http://lightsout.movieweb.com/news/news.php?id=9186

小出しに出てきます

映画『ポセイドン』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

00 : 01 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映画:日本独自のチャリチョコの壁紙
2005 / 09 / 09 ( Fri )
いよいよ公開の「チャーリーとチョコレート工場」
http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/
どうしても海外の映画の日本版公式HPは見劣りすることが多いわけですが
この壁紙は中々いい。工場に入ってダウンロード・セクションにあります。

チャーリー、ハサミウォンカ、リス、チョコレート川
バケット家、帽子ウォンカ、みんなびっくり

とくにバケット家が最高!

ID_ST
大人なら英語で読んでみる?
00 : 02 : 00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE試写会
2005 / 09 / 09 ( Fri )
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE 2005/09/17公開
公式 http://www.initial-d.jp/index2.html

INITIALD_DVD
DVD:2006/02/15発売

頭文字(イニシャル)D THE MOVIE試写会香港映画を熱心に観ているわけではないのですしコミックも読んできませんが「インファナル・アフェア」は好きなので若手の二人、エディソン・チャン、ショーン・ユーにアンソニー・ウォン、さらにはチャップマン・トウまで出ているので興味を持ちました。

チャップマン・トウは当然のようにお笑い担当ですが、この人72年生まれあの役はかわいそう。
というかアンソニー・ウォン(後半は見せ場もありますが)も前半はほとんどボケ担当なのです …(;^_^A

ところで試写会は普通のホールで上映されることが多いので前の人の頭が気にならない2階の前のほうの席にすることが多いのですが向いていない映画もあります。ジェットコースターやターザンのような動きをする映画。もしくはカーアクション、スカイアクションはです。このような映画を2階から俯瞰するように見ると今ひとつなので前に座高の高いい人が来ないように願って1階の真ん中あたりで観ます。実際、今回は前の人の頭は気になりましたが、この映画は吹替えなので大丈夫でした。

ここまで読んでお察しのようにJKがうまく語れるような映画ではないのでコミックのファンはこの手の映画好きの評価は分かりませんが退屈はしなかったです。ただ吹替えに多少違和感が・・・音のバランスが悪いのかなあ。
00 : 01 : 00 | 試写会 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
Poseidon Journalsについて
2005 / 09 / 09 ( Fri )
重要なことを忘れていましたPoseidon Journalsは複数のサイトを
横断企画です。

8/30 Movieweb http://www.movieweb.com/news/news.php?id=8964
9/8 JoBlo http://www.joblo.com/index.php?id=8456

以下、Coming Soon, Aint it Cool, CHUD ,Dark Horizons と続きます
(じつはJoBloのやつ、画像をクリックしたら画像が立ち上がると気づいていなかった)

テーマ:撮影中、公開前の映画 - ジャンル:映画

00 : 00 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Poseidon Journals Chapter 2
2005 / 09 / 08 ( Thu )
今回はエミーのショットもあり(イマイチかな)

http://www.joblo.com/index.php?id=8456
映画『ポセイドン』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

テーマ:撮影中、公開前の映画 - ジャンル:映画

00 : 02 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
実写版「ルパン」はこってり味
2005 / 09 / 08 ( Thu )
試写会「ルパン」2005/09/17公開 公式 http://www.arsene-lupin.jp/
lupin_DVD
DVD:2006/04/07発売

「コーチ・カーター」を上映している新宿テアトルタイムズスクエアではこが次の番組。子供の頃、図書館で借りて何冊か読んだ気もするが、まるで覚えてない。と言うわけで白紙に近い状態で見た。結論からいうとそれなりに楽しめたとはいえ「カリオストロ伯爵夫人」くらいは読んでおくべきだった。ミステリー色はやや薄め、それに怪奇小説味を少々といった感じ。もちろん、衣装やセットは豪華です。

役者さんたちはというと、ルパン役のロマン・デュリスは始めのうちは「若いかなあ」と思っていたが中盤から馴染んできた。二人の女優さんでは 「キングダム・オブ・ヘブン」に出たクラリス役のエヴァ・グリーンも美しいが、悪女カリオストロ伯爵夫人役のクリスティン・スコット・トーマスの印象のほうが強い。劇場でもう一回観てもいいかも。

lupin_book
ノベライズ
00 : 01 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映画:「ファンタスティック・フォー」のジャパン・プレミア
2005 / 09 / 08 ( Thu )
2005/09/07
ジェシカ・アルバがセクシードレスでプレミアに登場
http://www.flix.co.jp/v2/news/N0007060.shtml
00 : 00 : 00 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
「ポセイドン」日本公開一応決定
2005 / 09 / 07 ( Wed )
メジャーな会社の映画なので心配はしていませんでしたが、決まったらしいのでご報告。
http://www.warnerbros.jp/comingsoon/index.html

作品名:
ポセイドン
Poseidon
監督: ウォルフガング・ペーターゼン
キャスト: カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、エミー・ロッサム、マイク・ヴォーゲル
ストーリー:
北大西洋上で荒波に襲われた豪華客船が転覆。生き残った一握りの人々は、
協力しながら何とか生き延びようとする。波にもまれる客船が急速に浸水する中、
水面に浮上しようと必死に闘う彼らは、想像を絶する困難に直面し、生死を分ける
決断を迫られるのであった。
『パーフェクト・ストーム』『トロイ』のウォルフガング・ペーターゼン監督最新作!
2006年、全国ロードショー


ちなみに「旅するジーンズと16歳の夏」は10/1公開なのに
公式は表紙だけですか
http://wwws.warnerbros.co.jp/sisterhood/
00 : 02 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
テンプレート変えました
2005 / 09 / 07 ( Wed )
テンプレート変えました
00 : 01 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | コメント(0) | page top
映画:「ファンタスティック・スリー?」で来日
2005 / 09 / 07 ( Wed )
9/5の来日会見

http://www.eiga.com/buzz/050906/04.shtml
クリス・エバンス、ジェシカ・アルバ、マイケル・チクリスの3人。ヨアン・グリフィスはいません。


F4_Making
Making Of
00 : 00 : 00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「コーチ・カーター」と「ミリオンダラー・ベイビー」
2005 / 09 / 05 ( Mon )
コーチ・カーター
公式 http://www.cc-movie.jp/
東京では16日で終わりますので今さらなのですが
この映画はずいぶん前に試写会で見せてもらいました。

これの面白いところはスポ根のようでありながら
途中から高校生である選手たちの学業不振を理由に
活動をやめてしまうこと。

そのままバスケだけをやって、落ちぶれたらどうなるのか
劇中にもドラッグや殺人の描写はある。

思い出したのは映画「ミリオンダラー・ベイビー」の原作に入ってる
ノヴェラの「ロープ・バーン」(というよりこれが元のタイトルとこのこと)。
有望な若者がLAという街の暗部にのみ込まれてゆく救いのない一篇。
本来ならこちらのほうがクリント・イーストウッドの好みかもしれないが
映画化していたら「許されざる者」とかぶるかも。

MDB_BOOK
00 : 01 : 00 | | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
バラッドについて
2005 / 09 / 05 ( Mon )
と言うわけで、家の中を捜索して「バラッドの世界」の旧版を見つけてきました。
http://emfanjp.blog18.fc2.com/blog-entry-33.html

この本ではバラッドについて
「四行で一スタンザが形成され、物語性を強くもち
作者や成立年代が不明で口承によって伝えられてきた伝承歌」
と定義してあります。
またA.L.Lloyd による定義付けは以下の通り
The folk ballad is a folk tale put into verse and set to music.

これらを文字で説明するのは難しいが聞いて感じるのは題材が
殺人、災害、戦争、男女関係であれ、その生々しさと力強さ。
基本的には装飾が少なく、(歌詞がドラマチックでも)
そこに漂うのクルーネスが魅力。
自戒を込めて言うと、バラッドを語るとハードコアな、
あるいは原理主義的な言い方をしがち。
しかしその性質上ある程度は仕方ないのかもしれない。

今度は「歌追い人」を見直してみよう。


ESFB
基本です
00 : 00 : 00 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
早稲田松竹で「オペラ座の怪人」
2005 / 09 / 04 ( Sun )
早稲田松竹に行ってきました。12時の「ムーラン・ルージュ」
から「オペラ座の怪人」。どちらも数人の立ち見が見られるほどの入り。
実はJKもこの組み合わせをリクエストしました!って誰でも考え付きますね。
ムーランのやり過ぎの世界も面白いですね。
オペラ座のフィルムは数箇所怪しかったが、大きな傷はなし。
見に行った回だけなのかは分からないが
音のほうは気の抜けたような音だったのはやや残念。

新文芸坐ではこれに「シカゴ」をはさむそうですが、シカゴが一番まともだよなあ
面白みがないと言う見方もできるかもしれない。
00 : 01 : 00 | オペラ座の怪人 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
「オペラ座の怪人」DVD観賞記:その2
2005 / 09 / 04 ( Sun )
特典1:
メイキングとスタッフインタビューが一部ダブるのが残念。
日経エンタの「オペラ座の怪人 パーフェクトガイド」とも多少かぶる。
エミーのスクリーンテストをフルで収録しているのはありがたい。

特典2:
シドモントンのアンドリュー・ロイド=ウェバーの別荘と85年の試演に尽きる。
非難覚悟で言うと「オペラ座の怪人」がソフト化されたときには複数の舞台からの
編集したものが良いのではないかと思う。

本編:
久しぶりに見てみると文句はいくらでも言いたくなる。
地下に行くとケバくなる。墓地の背景が手抜き。
仮面舞踏会の見せ方がいまいち等々・・・

主役の歌唱力については惜しいと思う。ジェラルド・バトラーもサントラではかなり
下手に聞こえるが、後日NHKの番組でタイトル曲を歌うのを聞いたら、わりと良かった。
彼のファントムで不満なところは
"Stranger Than You Dreamt It"
"Why So Silent"
"Down Once More/Track Down This Murderer"
と言った怒りのパートがある曲でメロディを追うのに精一杯で力んで聞こえてしまう点。

対するエミー・ロッサムも、サントラより来日したときの"All I Ask of You"のほうが
サントラよりずっといい、声の響きが違う。でも声量はやや足りないかな。

JKにとってDVDの基準は「ロード・オブ・ザ・リング」のSEEなのでコメンタリーがないが不満。
特典の内容はまずまず。再発時にはできたらコメンタリー入れてほしい。
一枚丸々舞台に割いている点についてはAndrew Lloyd Webber's
The Phantom of the Operaだからいいのだ。

次は日本語字幕と英語字幕同時に出して見ようかな。

P.S. エミーのプロフィール「バラード」じゃなくて「バラッド」だって!

POTO_PG
ムック
00 : 00 : 00 | オペラ座の怪人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映画:「ファンタスティック・フォー」は気軽に楽しめ
2005 / 09 / 02 ( Fri )
8/27と同内容です

2005/09/17 公式HPhttp://www.foxjapan.com/movies/f4/
「ファンタスティック・フォー」試写会

「ファンタスティック・フォー」を観てきました。
予想通り、深みはないけどいい意味でのポップコーン・ムービー。
一番美味しいのはヒューマン・トーチ(クリス・エヴァンス)ですな。
スポーツのシーンもいかにも今風にしてみました風で苦笑してしまうが画になる。
インビジブル・ウーマン(ジェシカ・アルバ)は力も強くお姿(&スタイル)もお美しい。
彼女は来日するそうですよ。
ザ・シング(マイケル・チリクス)はこの映画の中で唯一の影の部分を背負っている。
男気を感じてください。というわけでミスター・ファンタスティック(ヨアン・グリフィズ)の
美味しい場面が少ない。まあ彼は頭を使うリーダーですから。

役者さんの実年齢を調べるとジェシカとクリスは同い年。
ということでジェシカは実年齢の5歳くらい年上の設定ですね。

ドクター・ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)は原作をよく知らないぼくでも矮小化し過ぎと感じた。
続編でちゃんと逆襲するんでしょうね。スタン・リー御大は橋の群集にいて見逃したと思ったら、
違う所にいました。

よーし、初日に行くぞ。

F4_OST
サントラ:スコア物

テーマ:ファンタスティック・フォー - ジャンル:映画

00 : 00 : 00 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
Poseidon Journals Chapter 1
2005 / 09 / 01 ( Thu )
http://www.movieweb.com/news/news.php?id=8964
映画『ポセイドン』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

テーマ:撮影中、公開前の映画 - ジャンル:映画

00 : 00 : 00 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |