「ディア・ウェンディ」を観賞
2005 / 12 / 30 ( Fri )
DEAR WENDY ディア・ウェンディ 2005/12/10公開
公式 http://www.wisepolicy.com/dear_wendy/
DearWendy_DVD
DVD:2006/06/02発売

炭鉱町で坑夫なることを拒否しスーパーで働く少年ディック(ジェイミー・ベル)は
玩具の銃を手に入れ、ウェンディと名づけ大切にする。
しかし友人のスティーヴィーからウェンディが本物と指摘。
廃坑でウェンディを使用たディックは彼女の魅力に取り付かれる。
二人は町の負け犬たちを集め、銃による平和主義
(銃を廃坑での射的のみに使用し、武器としては使用しない)
を広げるためにダンディーズを結成。
しかし、そこに一人の若者を招きいれることによってその秩序が壊れてゆく・・・

ラース・フォン・トリアーの脚本によるこの物語は一種のファンタジー。
主人公の年齢を途中で若くしたというが、これは少年~青年でないとだめだ。
はじめに登場した大人、ディックの親やスーザンの親は早々に退場し
ディックと心通わせていた家政婦のクララベルもいなくなる(ラストに重要な役割を果たす)。
そうでもしないとダンディーズの活動すらも成り立たない。
もちろん銃による平和主義も絵空事だ。
銃に魅了されたら使いたくなる衝動を抑えられない。
その辺の安易なアメリカ批判と取れる脚本の小賢しさには苦笑。

ここでの「イノセンスの喪失」はクララベルの孫、セバスチャンが加わったときから始まる。
殺人を犯し保護観察中の彼の加入により、ダンディーズの銃も性格が変わってゆく。
最年少のフレディがここでようやく銃を手にするのがなんとも皮肉だ。

この作品、Green DayのWake Me Up When September Ends、キング・コングの
「銃による平和主義」「志願兵」「すぐに力を行使したがる船員」と
ジェイミー・ベルの演じた役を続けて見ると興味深い。

パンフ600円 字幕:松浦美奈

Zombies_Best

BGMはゾンビーズ

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

17 : 10 : 28 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ダウン・イン・ザ・バレー」を観賞
2005 / 12 / 30 ( Fri )
ダウン・イン・ザ・バレー(Down in the Valley)2005年12月17日公開
公式http://www.downinthevalley.jp/
DownintheValley_DVD
DVD:2006/06/23発売

カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーに刑務官父親と弟と暮らす
17歳のトーブ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は友達とビーチに行く途中で
ガソリンスタンドにより、そこで現代のカウボーイを気取る
男ハーレン(エドワード・ノートン)を見かける。彼女は彼を誘い、二人は愛し合う。
ハーレンは一人でカウボーイごっこをしたり、
勝手に牧場に入ったりする世間とはまともに向かい合わない男だった。
彼はトーブの弟のロニー(ロリー・カルキン)とも親していたが、父親には嫌われた。
やがて、二人の対立から悲劇を呼び、それが新たな悲劇を生んでゆく。

レイチェル・ウッドとノートンの演技を目当てに行ったので
それ点には満足(パンフの彼女のアゴが気になる・・・)。
ラストも含め、いい画はたくさんある。

ノートンがこの監督の脚本に引かれたというが、どうなのだろう
ハーレンのキャラ設定も甘いし(ノートンの演技で多少は救われる)、
トーブがいきなり年上の男性を好きになる理由も描かれていないので
前半は置いてけぼりにされた感が強い。
人によっては後半の方が迷走しているように感じるかもしれないが、
これはこれで納得できる。

この映画の「イノセンスの喪失」はハーレンがロニーに銃を教える場面にある。
しかも、一線を越えしますのがそのロニーではなくハーレンであるところはなんとも皮肉だ。

パンフ700円 字幕:松浦美奈
17 : 00 : 05 | 映画 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top
Green DayのWake Me Up When September Ends
2005 / 12 / 29 ( Thu )
グリーン・デイの「ウェイク・ミー・アップ・ホウェン・セプテンバー・エンズ」
のビデオが日本のサイトでも視聴可になっています。
http://www.wmg.jp/greenday/
このビデオに出ているジェイミー・ベルとエヴァン・レイチェル・ウッド出演映画
「ディア・ウェンディ」「ダウン・イン・ザ・バレー」の話へと続く。
この二本の映画には似た点がある。
銃の問題、イノセンスの喪失、アメリカへの批判(これは片方だけか)等々。
どちらも多少問題がある気がするが「ディア・ウェンディ」の方がややましか。
00 : 00 : 18 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2005年気になった曲
2005 / 12 / 25 ( Sun )
映画のついでに今年のベストアルバムをと思ったが、
購入するCDが減ったのでそれはやめてネットラジオで気に入った曲を
この中には気に入って買ったものもあればそうでないものもあり。

Everything Burns/Anastacia; Ben Moody
FantasticFour_OST

ファンタスティック・フォー オリジナルサウンドトラックより
エヴァネッセンスの二番煎じだが中々よかった。

ブラック・ミュージック系は
Bow Wow feat. Omarion/Let Me Hold You
N.O.R.E./Oye Mi Canto
Rihanna/Pon de Replay
Rihanna_CD

曲の印象度ではPon de Replay。

Papa Roach/Scars
PapaRoach_CD

Green Day/Boulevard Of Broken Dreams
Papa Roachはあまり好きではなかったがこれはよかった。

ついでに「またこの曲かよ、飽きたよ!」というのは
Black Eyed Peas/Don't Phunk With My Heart
Gorillaz/Feel Good Inc.
嫌いじゃないけどね。
22 : 00 : 17 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2005年12月の告知
2005 / 12 / 25 ( Sun )
お知らせ
HPにポセイドン・コーナーをとりあえず開設。

エミー・ロッサムと映画「ポセイドン」の最新情報
「ミスティック・リバー」スター・チャンネル プラス
12月10日(土) 21:00~ 12月13日(火) 13:30~ 12月18日(日) 23:00~
12月22日(木) 10:00~ 12月26日(月) 8:00~
「ミスティック・リバー」WOWOW2
12月26日(月) 10:50~

(12/14)ティーザー予告登場
eiga.com [話題作超先取り]
(12/05)ウォルフガング・ペーターゼンのコメント

12/13 Dior and EIF's Women's Cancer Research Fund Celebrate
the Launch of Dior Christal at the Getty Center
11/22 2005 American Music Awards

「デイ・アフター・トゥモロー」2005/12/16発売 FXBNC-26503 税込1489円
続きを読む
01 : 00 : 41 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
2005年のベスト映画
2005 / 12 / 19 ( Mon )
2005年のベスト映画。たぶん観た順番ラインナップは今日の気分
ミニ・シアター系の映画で観てないものがあるので最終的にはもう少し変わるかも。

オペラ座の怪人
ミリオンダラー・ベイビー
最後の恋のはじめ方
Hitch_DVD

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
コーチ・カーター
CoachCarter_DVD

チャーリーとチョコレート工場
旅するジーンズと16歳の夏
ティム・バートンのコープスブライド
シン・シティ

「最後の恋のはじめ方」は今年のロマコメで一番良かった。
エヴァ・メンデスはたまにブサイクに見えるが概ね良好。

「コーチ・カーター」「ミリオンダラー・ベイビー」「シン・シティ」
はSW流に言えば人はなぜダーク・サイドに惹かれるのかを考える上で興味深い作品群。
22 : 30 : 04 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ポセイドン』予告編登場
2005 / 12 / 14 ( Wed )
映画『ポセイドン/Poseidon』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

http://www.apple.com/trailers/wb/poseidon/
http://www.apple.com/trailers/wb/poseidon/hd/
http://et.tv.yahoo.com/movies/11819/

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

19 : 30 : 11 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ナルニア国物語」を試写会で観賞
2005 / 12 / 11 ( Sun )
「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」試写会
2005/03/04公開 公式http://www.disney.co.jp/movies/narnia/
CoNLWW_DVD
DVD:2006/07/26発売

運のいいことに来春日本公開の「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」の試写会に参加しました。全米では今週末の公開です。イギリスのプレミアではチャールズ皇太子もご覧になりました。

C.S.ルイスのナルニア・シリーズ「ライオンと魔女」の映画化で、4人きょうだいが白い魔女が支配しているナルニア国に迷い込み、ライオンのアスランの力を借りてナルニアを救う話です。

監督は「シュレック」シリーズのアンドリュー・アダムス。特殊効果は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのスタッフ。期待半分、不安半分で見始めましたが、まずは無難な出来だと思います

映画は意外にも空襲シーンから始まります。時代背景を語るのにはいい手だと思いました。この導入部では4人の中でもルーシーとエドマンドの性格が丁寧に描かれ、それにより年上のピーターとスーザンの位置付けも決まります。

ティルダ・スウィントン演じる白い魔女もハマっていて、エドマンドとのやりとりのシーンはある意味コミカルでもあります。印象に残ったのはルーシーとタムナスのエピソードとピーターがリーダーシップを示すようになるところです。

クリーチャーは気に入らないものありましたが概ねOK、とくにビーバー夫妻はコミックリリーフとしても機能しています。あまりグロいのが多いと映画会社が狙っている層と外れて困りますね。アスランもとくに不満はありません。声のリアム・ニーソンも好きですし。特殊効果は面白いものがいくつかある一方で、時おり背景に違和感を感じました。

音楽はハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。軽くサントラを視聴したけですがAlanis MorissetteとTim FinnはエンドロールのBGMだったような気がします。

話題作を一足先に見られたのは良かったのですが次に見るまでは二ヶ月ちょっと待たなくてはなりません。それまでは予告や各種クリップを見ることにします。

字幕:松浦美奈 パンフ700円
Narnia_OST
サントラ

テーマ:試写会 - ジャンル:映画

20 : 40 : 29 | 試写会 | トラックバック(23) | コメント(5) | page top
「ザスーラ」試写会
2005 / 12 / 03 ( Sat )
ザスーラ 2005/11/12公開
公式 http://www.sonypictures.jp/movies/zathura/
ZATHURA_DVD

DVD:2006/04/16発売

子供向けと思ったら意外にいけた一本。とは言っても原作は短い絵本なのでストーリーはたいしたことはない。しかしその分製作者は「少し仲の悪い兄弟がボードゲームをやってら宇宙に行ってしまった」という基本線以外は好き勝手できるわけだ。

基本ラインは兄弟ゲンカと仲直り。弟がヘタレで日本人にはこのくらいの方が親しみやすい。それだけに弟が一瞬スパーマンになる場面は惜しい。

ということでこの映画のお勧めポイントは画と音。音楽はいかにも古き良きSF映画調。ロボットやエイリアンも同様で楽しい。見ているとなんとなく「銀河ヒッチハイク・ガイド」を思い出したりもした。映画で圧倒なのはゾーガンからの攻撃の場面。CGよりも音が圧倒。「宇宙戦争」の低音にも感心したが「ザスーラ」も映画館で見たほうが楽しめるに違いない。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 00 : 13 | 試写会 | トラックバック(3) | コメント(0) | page top
『ポセイドン』米公式サイトオープン
2005 / 12 / 03 ( Sat )
http://poseidonmovie.warnerbros.com/

映画『ポセイドン/Poseidon』監督:ウォルフガング・ペーターゼン 2006年公開

まだSynopsis、Journal、Concept Artだけです。

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

14 : 30 : 49 | ポセイドン(・アドベンチャー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |