『ディパーテッド』を観賞
2006 / 11 / 27 ( Mon )
ディパーテッド/The Departed』
2007/1/20公開 公式:http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/
The Departed_DVD
DVD:2007/6/8発売

「東京国際シネシティ フェスティバル」のクロージングとして上映された
ディパーテッド』を見ました。この映画祭は「東京国際ファンタスティック映画祭」
の後継に位置づけられるらしいのですが「ファンタ」にも行ったことが無く、
この手のイベントは年に一度行くか行きませんが、
その一度を『ディパーテッド』にしてみました。

香港映画『インファナル・アフェア』(以下IA)のリメイクである本作、
IAは(脚本が魅力的であったとは言っても)役者ありきの映画だと思っていますが、
それに比べると脚本ありきの映画と言えそうです。
IAと同じように役者重視にしたらプロデューサーのブラッド・ピット、
ジョニー・デップ、トム・クルーズのうち二人を抑えなくてはいけなって
予算オーバー間違いなし。

今回のレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンという組み合わせは
ややこぢんまりした感は否めません。その前に問題なのが
猿顔のマット・デイモンとマーク・ウォールバーグ、
大仏顔のマーティン・シーン、アレック・ボールドウィンを同じ仕事場で使うこと。
もしかしてジャック・ニコルソンの存在を際立たせるため?

登場人物は色の濃淡はあるにしろIAを踏襲していますが、
ヴェラ・ファーミガが演じるのはリー先生と小説家の二人を一人にした役です。
つまりコリン(デイモン)と付き合いながらもビリー(ディカプリオ)と出会います。
最後のお葬式での涙の意味がより複雑になりました。

ストーリーはビリーがコステロ(ニコルソン)に出会うまでが意外に時間を
かけて描かれます。それ以外はIAと同じ流れです。そのわりには
1時間近く長くなっているので間延びをしていないと言うと嘘になりますが、
退屈するほどでもありません。ダブル潜入を基本におきながら、
もう一歩踏み込んだアメリカならではの要素もあります。

キャラクターとしてはIAと比べるとビリーには疲れた感じがやや足りなく
(ディカプリオにはまだそこまでの力量がない?)、
コリンにはラウのように善人になりたいという力強いモチベーションが
足りないと感じましたが、IAは2,3もあるのでこちらの頭の中で
補完している可能性があることをお断りしておきます。
個人的にはIAではウォン警視がお気に入りなのですが、
こちらはあまり印象に残らないのが残念でした。

これを見て思ったのはIAがわりと密室的/舞台的で、
狭い空間でのやり取りに緊張感があったことでした。
画としてはIAと似た場面が多いと同時に意識して違うものにした場面も
色々とありましたが、二人のボスが遭遇する場面はもう少し工夫してほしかったです。
全体的にもやや(いい意味での)ハッタリが足りなかったように感じました。

字幕:栗原とみ子
(12/10:追記)
ディパーテッド
本作をまた見る機会に恵まれました。一回目はIAとの相違点が
どうしても気になって十分に楽しめない部分もあったわけですが、
今回は二度目ということもあり素直に楽しめました。
これが優れた映画だということに抵抗はありません。

やはり気になるのはギャングのボス、フランクを演じる
ジャック・ニコルソンの存在感でしょう。警察側が
有名俳優を揃えているのに描写が少ないのに対して、
ギャング側は目立つの彼一人という状態です。

しかもこのフランクは明らかに異常です。セックス中毒だけならともかく、
犯罪中毒といった状態で、IAのサムが香港のチンケなヤクザ風情とは
かなり違います。アメリカ本土でギャングのボスをやったらあのくらい
色々なものを背負うと言うことでしょうか。

また本作は無間地獄については無視されていると思われがちですが、
例の映画館でコリンがビリーに追い詰められそうになった場面以降は
無間地獄にはまっていると解釈しています。

それでもやはりあのビルの設定や二人のボスが遭遇する場面は不満が残ります。

サウンドトラック2種
『ディパーテッド』予告編、曲順

DVD感想(2007年6月18日)
続きを読む

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 30 : 00 | 試写会 | トラックバック(10) | コメント(0) | page top
11月の告知
2006 / 11 / 17 ( Fri )
エミー・ロッサムの情報
12/1 エイズデーイベントのイベントに出席予定
11/11 映画「THE FOUNTAIN」プレミア出席→未確認
11/1 Artios Awardsにプレゼンターとして出席

10/28-11/3 早稲田松竹『オペラ座の怪人

11/11 後08:55-後11:45 ムービープラス・プレミア~オペラ座の怪人
11/12 後01:30-後04:15 ムービープラス・プレミア~オペラ座の怪人
11/14 後11:15-深02:00 ムービープラス・プレミア~オペラ座の怪人
11/19 テレビ朝日 日曜洋画劇場『デイ・アフター・トゥモロー
11/26 後11:15~深02:00 ムービープラス(312ch) 「オペラ座の怪人
11/29 後09:00~後11:45 ムービープラス(312ch) 「オペラ座の怪人
00 : 00 : 32 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
日曜洋画劇場『デイ・アフター・トゥモロー』
2006 / 11 / 16 ( Thu )
(ホームページから引用:修正)
多くの人にエミー・ロッサムを知らしめた20004年夏の大ヒット作。
デニス・クエイドがおっさんなので、
息子のサム(ジェイク・ギレンホール)の
ガール・フレンド、ローラ役のエミーが実質的なヒロイン。
物語としてはディザスター・ムービーの前半と
ジャックがサムとローラを助けに行く後半に別れるが、
前半の方が面白い。

エミーの映画としては数日間の出来事のわりには
衣装と髪型がコロコロと変わっているのが見所の一つ。
お約束の展開のキス・シーンには苦笑してしまう。
ジェイク・ギレンホールにとっては恐らく最後の高校生役。

この映画が興味深いのは副大統領が現実の
副大統領チェイニー似なのに対して、
大統領がクリントン時代のゴア副大統領似な点。
その辺がドイツ人で、環境問題に関心のある
ローランド・エメリッヒなりの主張なのだろう。
そのせいか「インデペンデンス・デイ」程の
ヒットにはならなかった。とは言え続編でも
リメイクでもない作品としてはかなりのヒットには違いない。
エメリッヒに人物描写は期待していないものの
ニューヨークの高校生とその家族、
ホームレスなどもう少しキャラを膨らませてほしかった。
20 : 00 : 04 | エミー・ロッサムのDVD、映画等 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum's Favorite Songs vol.1 Sarah McLachlan
2006 / 11 / 16 ( Thu )
エミー・ロッサムのお気に入り第1回「サラ・マクラクラン

グレン・バラードのお仕事」は休んで新しいシリーズを
始めようと思ったのが、久しぶりにレコード店に行ったら
あっさり関連作が入手。といっても聞き込んでないので、
予定通りにこのシリーズをスタート。題して「エミー・ロッサムのお気に入り」。
彼女のいくつかのインタビューを参考にしてお気に入りと思われる音楽や
アルバムに影響を与えそうな音楽について語ってゆく。

第1回はサラ・マクラクラン
アルバムがどのようなものになるかはまだ不明だが、
音の傾向を予想するとインタビューで挙がっている
サラがヒントになるのではないか。

サラ・マクラクランは1968年カナダ、ハリファックス生まれ。
アルバムデビューは1989年の『Touch』、日本では同時期に注目された
エンヤと比べられたりした。資質は違うがキーボードのアレンジなどを
聞くと比べられたことも分かるような気もする。
その後も順調にアルバムをリリースし、
97年代には女性アーティストを集めた
イベント「リリス・フェア」をスタート。
様々な女性アーティストがこのツアーに参加し話題となった。

ここ10年ほどの『Fumbling Towards Ecstasy/エクスタシー』(1993)
『Surfacing』(1997)『Afterglow』(2003)はどれをとっても
女性ボーカルものとしてどれも素晴らしいが、
個人的には曲重視で『エクスタシー』、
"Adia""Building a Mystery"が捨てがたい『サーフィシング』、
落ち着いた感じがなら『アフターグロウ』か。

エクスタシー サーフィシング アフターグロウ
「エクスタシー」      「サーフィシング」 「アフターグロウ」



最新リリースはクリスマス・アルバムの『Wintersong』
ウインターソング

以前1枚物で出ていたライブ・アルバムのコンプリート物。
Mirrorball: The Complete Concert
来年にはスタジオ・アルバムも予定されている。

アルバムへの影響:所謂ピアノ弾き語りスタイルの曲があれば
サラの音に近いと感じるだろう。映画『ノラ』では1曲ピアノ弾き語りを披露している。

(11/22追記)サラの新曲が12月公開の映画『シャーロットのおくりもの』
サウンドトラックに収録されています。タイトルは「Ordinary Miracle」、
曲を書いたのはデイヴ・スチュワートとグレン・バラード(!)、
こんなところで繋がるなんて!。
Charlotte's Web_Soundtrack
(12/25さらに追記)『シャーロットのおくりもの』に関するニュースは
2006/07/31のエントリーでふれていましたが、すっかり忘れていました。

「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売
19 : 51 : 33 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『プラダを着た悪魔』試写会
2006 / 11 / 08 ( Wed )
『プラダを着た悪魔/THE DEVIL WEARS PRADA』
2006/11/18公開 公式:http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/

<br />プラダを着た悪魔 (特別編)
DVD:2007/04/18発売

いかにも女性向きのこの映画ですが、原作を読んでから観ました。原作は作者の初の小説ということもあってうまく書けていない部分があります。主人公のアンディと彼女の上司であるファッション雑誌のカリスマ編集長ミランダとの対決(ミランダが無理難題をアンディに押し付けて、アンディが何とか対処する)の部分は面白く読めました。それに対してアンディの私生活やミランダと衝突する最後の展開はあまりうまくありません。ところがこの映画ではその弱い部分をばっさりと整理、再構成して話のクオリティを上げています。ミランダがあなたはわたしに似ているという場面などは原作より効果的です。

メリル・ストリープは初登場のシーンでは『101』のグレン・クローズのようでしたがあとはわりと控えめな演技をしています。コメディ・タッチの映画でもコミカルな演技をする必要はありませんね。といっても十分にわがままですが、彼女にとっては楽勝の演技でしょう。

対するアン・ハサウェイははじめはたしかにぽっちゃりとしていますが美人には変わりないので大変身という感じはしません。中盤からの大着せ替え状態で、はまる服・コーディネート・メイクもあれば
そうでないものもあります。彼女のチャーム・ポイントでもあるお目目とお口のバランスの問題でしょう。しかし日本のポスターは二人ともイマイチだと思いませんか?

また恋人と友人の設定を変え、ニューヨークには色々な人々(ファッション雑誌の編集者、コック、キザなライター、芸術家)が住んでいることを画でさらりと見せるのは映画ならではの趣向です。それによってラストでアンディが本来はどちらの側の人間であるかを示しています。恋人のネイトはあれでいいとして、アンディにアプローチをかけるクリスチャンがもう少し格好よければとも思いました。

主演二人やファッションに興味ある人には大いに推薦。それ以外の人にはややインパクト不足ですが
話自体はありがちでも、きちんとしているので見て損はと思います。

字幕:松浦美奈

アイ・トゥ・ザ・テレスコープ_ケイティー・タンストール
オープニング曲、CMでも使用されている「Suddenly I See」はサウンドトラック未収録。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 48 : 20 | 試写会 | トラックバック(14) | コメント(1) | page top
| ホーム |