Glen Ballard Works Vol.12『Jagged Little Pill』『Everyday』
2007 / 05 / 31 ( Thu )
グレン・バラードのお仕事第12回

エミー・ロッサム、デビュー・アルバムの音が一部視聴可となり、その一方でグレン・バラードのアルバムへのどの程度係わっている割合が当初の予想より低い可能性が出てきた。今回のアラニス・モリセットとデイヴ・マシューズ・バンドでこのシリーズは一旦終了して、あとはオマケと言う形にする。
これで公式HPの映像に出てくる曲で紹介していないのは次の2曲

Anastacia/Boom (2002 Fifa World Cup Official Song)
Gavin Rossdale/Adrenaline「 XXX Original Soundtrack」

ちなみにグレンの2006年の仕事してはJosh Groban,P.O.D.,The Goo Goo Dolls等がある。

この二組に共通するのはグレンがプロデューサーとしてだけでなくキーボード・プレイヤーや曲の共作者としてクレジットされていること、そしてもちろん全米1位のヒット・アルバムであることである。

ジャグド・リトル・ピル_アラニス・モリセット
『ジャグド・リトル・ピル/アラニス・モリセット Alanis Morissette』(1995)
言わずと知れたアラニス・モリセットのデビュー作、好き嫌いに係わらずビョークともに90年代女性シンガーの指針となったと認めざるを得ない一枚。カナダからやってきた彼女がグレン・バラードと作り上げたマスターピース。

何度かアラニス・モリセットの特徴を「うねるメロディ」と表現してきた。アルバムの中にはストレートなメロディの曲もあるが、どちらかというと激しい曲の印象が強い。アラニスがハーモニカを使っているのも興味深い、うねるメロディを表現しやすいからだ。代表曲としてはやはり「You Oughta Know/ユー・オウタ・ノウ」。イメージとしては低音でベースが蠢き、ドラムが贅肉のないビートを刻む。その上のボーカルが一見平坦なメロディをたどりながら中盤から爆発し、その他の音があとの空間を埋めてゆくというものである。

実は激しい曲と言ってもギターやバックの音が激しいということはあまりない。あくまでもアラニス本人の歌が激しい。それを聞かせるために取った最善の方法がこのファースト・アルバムである。さほど激しくない曲も同じ方法論で作られているメロディやインパクトに欠ける曲をゴテゴテしたアレンジを施して聞ける曲にするのではなく、あくまでもアラニスの歌の力でねじ伏せてしまう。


サポーズド・フォーマー・インファチュエイション・ジャンキー_アラニス・モリセット
『サポーズド・フォーマー・インファチュエイション・ジャンキー
/ Supposed Former Infatuation Junkie』(1998)

そしてセカンドもグレン・バラード製作だがファーストで見られた方法論はほぼ捨てられていて、ファーストと似たようなビートの曲でも構造やギターやキーボードの入り方が違うので印象はかなり異なる。
なによりもアラニスのボーカル以外の音が「うねる」のが一番の違いになっている。その意味ではCDにはデモ・バージョンが収められている「アンインバイテッド/Uninvited」の『シティ・オブ・エンジェル/City of Angels』バージョンがやや反則気味だがセカンドを象徴するような曲と言えよう。静かなピアノから始まり、徐々にパーカッションやうねるストリングスが重なり、徐々に盛り上がってゆく。個人的にもこの路線では一番好きな曲だ。セカンドは確かにファーストの世界観とは違うのだが、アラニスっぽさを真似ようとするときに真似やすいのはセカンドの方なのかも知れない。


エヴリデイ_デイヴ・マシューズ・バンド
『エヴリデイ/デイヴ・マシューズ・バン Dave Matthews Band』(2001)
デイヴ・マシューズ・バンドは南アフリカ出身のデイヴ・マシューズによって91年にヴァージニア州で結成されたバンド。インディーズで1枚アルバムを発表後に94年メジャーのRCAよりデビュー、デイヴ・マシューズの歌とソングライティングをR&B、ジャズ、ファンクなどの要素で取り込んだ音楽性ですぐに人気バンドとなった。そしてなりよりもそのライヴに定評がある。『エヴリデイ』はそれまで組んでいたプロデューサー、スティーヴ・リリーホワイトと別れてグレン・バラードと作った作品。グレンはキーボード・プレイヤーとして参加しただけでなく全曲でデイヴ・マシューズと共作している。グレンのキーボードやアレンジ、多用されるエレクトリック・ギター等デイヴ・マシューズ・バンドらしくないという声が聞かれる本作だが、「Dreams Of Our Fathers/父の夢,僕の夢」のアレンジや「Fool To Think」での曲調にグレンの影響を感じる。全体としても悪くはないが、「Mother Father」に参加しているカルロス・サンタナくらいに異物としての存在感がほしかった。
21 : 11 : 21 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2曲目の試聴曲
2007 / 05 / 30 ( Wed )
前回の"Slow Me Down"に続き今回はやや長めに"lullaby"が聞けます。
同じようなタイプの曲なので次はもう少し違うタイプも聞いてみたい。
声はやや低めでケイト・ブッシュ調?

左リンクのEmmyRossumMySpaceからどうぞ

「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

21 : 27 : 56 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『300 <スリーハンドレッド>』を試写会で観賞
2007 / 05 / 28 ( Mon )
『300 <スリーハンドレッド>』
2007/06/09公開 公式http://wwws.warnerbros.co.jp/300/
300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)
DVD 2007/9/26発売
『シン・シティ』の原作者フランク・ミラーのグラフィック・ノベルをもとにしながら監督、俳優ともに有名人を起用せずに大ヒットとなった歴史スペクタクルドラマということで気になっていた一本です。

スパルタ教育で知られるスパルタの王、レオニダスを演じるのは『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラー、対するペルシア王クセルクセスを演じるのはブラジル人イメメン俳優のロドリゴ・サントロ。

自分たちに服従しろというペルシアからの要求をレオニダスは当然はねつける。しかし司祭たちの
下した判断は出兵禁止、そこで王は側近300人を引き連れて戦いに出る。途中で政治の話も絡んできます。

これを見てまず思い出したのがチャン・イーモウの『HERO』でした。敵の大群とそれに対する主人公たちという対比だけでなく弓が出てくる場面などは似ています。

新・映像革命といううたい文句は、その色彩も含めてなるほど納得。全編これ「決めポーズ」の連続です。マッチョな肉体が躍動し、血や汗や首が飛び散る様子はリアルを越えた映画ならでの表現がありますがそこには痛みは感じられません。こういったものに対してはすぐにゲーム的だというような反応がでるわけですがこれはまた違うような印象を受けました。「戦いで100人死亡」という文章を思い入れを入れずに表現したとでも言ったらよいでしょうか。この映像表現が素晴らしいとしても、この技術を次に誰がどう使うのかは思いつきません。

ペルシア軍の描写は『ロード・オブ・ザ・リング』を思い出すような怪物やクリーチャーが登場します。
一応アジアの精鋭部隊らしいのですがここは笑うところ。しかしそれらを凌ぐのがクセルクセスの怪しげな存在感です。これは見てもらうしかありません。

ジェラルド・バトラーは王としての貫禄は足りない気もしますが、そこは筋肉でカバー。『オペラ座の怪人』のときに気になったくぐもった声もここでは迫力のあるものに聞こえます。

時折出てくる王妃ゴルゴが政治にかかわり、ラストに繋がる構成は中々うまいと思いました。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 30 : 52 | 試写会 | トラックバック(5) | コメント(0) | page top
5月の告知
2007 / 05 / 20 ( Sun )
エミー・ロッサムの情報
5/30 "lullaby"
5/18 Chanel Cruise Show Presented by Karl Lagerfeld
5/13 MySpaceオープン"Slow Me Down"
5/11 Seventeen's Rock-N-Style Concert and Fashion Show
5/3 Tribeca Film Festival - Tribeca Film Festival Awards Dinner
5/2 Tribeca Film Festival- Montblanc de la Culture Awards -
5/1 The Boots Launch

4/21-5/11に日劇PLEX「ブロードウェイミュージカルナイツ」として『オペラ座の怪人』上映
12 : 00 : 15 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
ブログ更新
2007 / 05 / 19 ( Sat )
http://blog.myspace.com/emmyrossum
ブログの更新頻度は分かりませんし、
毎回取り上げるかは決めていませんが
アルバムに関する情報があるのでお伝えします。
視聴できる"Slow Me Down"はなんと多重録音だそうです。
iTunesはあくまでもアメリカでの話でしょうか。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

19 : 50 : 27 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ボラット~』を試写会で観賞
2007 / 05 / 18 ( Fri )
「ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan」
2007/5/26公開 公式:http://borat.jp/
ボラット_DVD
DVD:2007/12/21発売

チラシをみるとお蔵入りか急転公開となっていますがアメリカ公開時にすでに日本版HPが存在していました。といってもこれと同じものです。当時の表記はボーラットでした。http://movies.foxjapan.com/borat/main.htmlちなみに今回見た字幕もボラットではありませんでした。

これを見る前には『バベル』と比較しようと思っていたのですが、見終わってそんな気持ちは吹き飛びました。実際には『バベル』と同じくらいに下品な場面は多い映画ですけどね。

これはモキュメンタリー(偽ドキュメンタリー)と言われていますが、予告編のナレーションを聞いて思い出したのは懐かしの「電波少年」でした。ボラットと相棒のプロデューサー以外にカメラマンがいるはずですがカメラに直接話しかける場面は一箇所だけで、その辺りは「電波少年」とは違います。ボラットが危ないことをしたときに彼を取り押さえようとする人はいるのですがカメラを止める人があまりいないのは不思議です。回想シーンが混じる場面(学習と実践になっています)が一箇所あってそこはよく出来ています。

アメリカに着いたボラットたちはまずはニューヨークやワシントンで過ごしますが、このパートはのんびりとしています。ボラットが偶然にパメラ・アンダーソンを知り、彼女にプロポーズをすると決めて西海岸へ行くことになることで、映画はロード・ムービーとなり面白くなります(彼女とトミ・リーとの結婚、プライベート・ビデオの流出の件は知っておいた方がいいかもしれません)。

ボラットたちのオンボロ車での旅はなぜか熊と一緒です。ここではたと気付きました、熊使いといえばジプシー(ロマ)。この道中はそのパロディ?劇中にはジプシー差別もありますが、検証してみましょう。一時期ルーマニアのタラフ・ドゥ・ハイドゥークスなどをよく聞いていました。映画のオープニング、ボラットの故郷は映像で見たことのある彼らの出身地と似ています。なんてことはありません、ロケ地はルーマニアで、エンドロールにかかる「ワイルドで行こう/Born To Be Wild」を演奏しているのは同じくルーマニアのジプシー・ブラス楽団ファンファーレ・チォカリーアです。ボラットを演じるサシャ・バロン・コーエンがユダヤ人ということでユダヤ人批判も含めた自虐ギャグに注目が集まるようですが、これらの東ヨーロッパ的要素(あくまでも想像上のですが)も見逃せない点ではないでしょうか。

さてボロ車は保守的と思われる地域を通りながら現代アメリカ人の欺瞞を暴いてゆきます......なーんてね。本当は真面目な人をいじって遊びたいだけに違いありません。その際たるものがボラットとプロデューサーとの取っ組み合いで、ここ最近の映画で一番下品な場面です。個人的にはロデオでの熱唱よりも、教会での様子が興味深かったです。

などと言っても基本的にはバカ映画なので念のため。

字幕:林完治
追記:ファンファーレ・チォカリーアの招聘/販売元ブログの記事
http://blog.goo.ne.jp/plankton-staff/e/577dc40aeaf701fd78b01c973f1fdf05
ゴールデングローブ賞最優秀主戦男優賞ってナンデスカ?

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 22 : 01 | 試写会 | トラックバック(12) | コメント(2) | page top
EmmyRossumレコード会社HP予定地
2007 / 05 / 17 ( Thu )
Geffenのページを見てみたら建設予定地がありました。
もちろん現時点では真っ白です。
http://www.geffen.com/emmyrossum

「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

00 : 06 : 00 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum、MySpaceオープン
2007 / 05 / 14 ( Mon )
http://www.myspace.com/emmyrossum
一番上の写真違う人かと思った、という感想はともかく。
"Slow Me Down"が30秒ほど聞けます。
フル・フルのときに使った「浮遊感あるポップ・サウンド」が
ふさわしい音になっていて、フル・フルやサラ・マクラクラン
を紹介したのは無駄じゃなかったようで一安心。

「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売
20 : 13 : 08 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |