11月のEmmy Rossumニュース
2007 / 11 / 30 ( Fri )
http://www.lifetimetv.com/lifestyle/entertainment/celebrities/emmy-rossum-bares-her-soul-on-debut-album
http://www.askmen.com/toys/interview_250/251_emmy_rossum_interview.html
http://teens.aol.com/entertainment/emmy-rossum-interview
モービー、デイブ・スチュワート不参加など今月の記事では一番内容がある

Yahoo!who's next?のエミー・ロッサム。インタビューとSlow Me Down
http://music.yahoo.com/promo-29644410-158-20071114-

『オペラ座の怪人』のBlu-ray Discビデオ、HD DVDビデオに関するニュース
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071115/gaga.htm
http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/feature_319.html
00 : 30 : 44 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum、ブログ更新。クリスマスソング配信
2007 / 11 / 29 ( Thu )
今回のブログは感謝祭に関する話題あれこれです。
アトランタで歌った曲は"O Holy Night," "The Christmas Song" "Slow Me Down"。

またエミー・ロッサムがEPとして発表する曲はこちら
"Carol of the Bells" "O Holy Night" "Have Yourself a Merry Little Christmas."
Amazon.comとiTunesで12月4日発売。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

00 : 15 : 16 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
11月の告知
2007 / 11 / 29 ( Thu )
エミー・ロッサム情報
11/27 ブログ更新
11/24 The Lighting of Macy’s Great Tree"O Holy Night," "The Christmas Song" and "Slow Me Down"
11/18 The Grove Christmas Tree Lighting(Have Yourself A Merry Little Christmas)
11/14 ブログ更新
11/10 Tao Las Vegas 2nd Anniversary Weekend
11/9 "Inside Out" CD Release Party
11/7 ブログ更新
11/3 Fred Claus Los Angeles Premiere
11/2 ブログ更新、ビデオつき

10/13-11/2 みゆき座にて「オペラ座の怪人」ニュープリント上映
11/12 後09:00~後11:00 スター・チャンネルBS(200ch)映画 「ポセイドン
00 : 00 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
クリスマス仕様、クリスマス・アルバム・Emmy Rossum クリスマス・ソング
2007 / 11 / 26 ( Mon )
ウインターソング~ サラ・マクラクラン

クリスマスにあわせてバックを一新しました。それからHPの『Inside Out』に情報を追加。
http://emfanjp.fc2web.com/others/insideout/index.html 


今年のクリスマス・アルバムはイマイチなのが多いのでまた今年もメインは
サラ・マクラクランの『ウインターソング』で、これは本当にいい出来です。
そして『ラブ・アクチュアリー』のサントラ、『アビエイター』『プライドと偏見』に
つづいて『ミス・ポター』でも「PM(首相)の愛のテーマ」が予告で使われていました。
また「愛こそはすべて」を歌ったリンデン・デヴィッド・ホールは今年の2月に
31歳の若さで亡くなりました。

エミー・ロッサムのクリスマス・ソング
21 : 20 : 23 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum's Favorite Songs vol.5 Jem
2007 / 11 / 26 ( Mon )
エミー・ロッサムのお気に入り第5回「Jem」
JEM_ファイナリー・ウォークン
『Jem/Finally Woken』(2004)

2005年に日本発売されたときにはそれなりに話題になったJemのデビュー・アルバム。
2006年にミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『ウルトラヴァイオレット』の予告編でかかった
「24」で彼女を知った人はギターが印象的なこの曲で、エヴァネッセンス・フォロワーと
思ってしまったかもしれないがそれは彼女の一面でしかない(「24」以外では
「フォーリング・フォー・ユー」がややドラマチック路線)。

Jemはこのデビューの前にビョーク、フルフルでお馴染みのガイ・シグスワースと
コラボレーションをしていて、その中の「ナッシング・フェイルズ」がマドンナの
『アメリカン・ライフ』で取り上げられている。その後にジオロジーとヨード・ネヴォと
組んでこのアルバムを作り上げた。「アンビエント・ポップってなんだ」のコーナーで
少し触れたように、Jemのサウンドはフルフルあたりの浮遊感のある音とはやや違う。
本人の声で考えたらそちらのサウンドも似合いそうで、実際に「ミッシング・ユー」
「ステイ・ナウ」「フライング・ハイ」等はそうしたアレンジも可能だろう。
しかし基本的にはビートがそれなりに効いている。サンプリングは至るところで使われ、
スカがサンプリングされたコミカルな「ウィッシュ・アイ」も面白い。

このアルバム・ジャケットは各国によって違うようで日本の青以外にも数種類ある。
それはプロデューサーによってはふわふわした音にも、ダンサンブルな音にも、
ロックな音にもなれるJemを象徴するかのようであり、その中の一つだけを
選択しなかったのは彼女の良さでもある。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

20 : 30 : 24 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『マイティ・ハート/愛と絆』試写会
2007 / 11 / 18 ( Sun )
『マイティ・ハート/愛と絆 /A Mighty Heart』
2007/11/23公開 http://www.mh-movie.jp/
マイティ・ハート_DVD
DVD 2008/04/04発売

アンジェリーナ・ジョリー主演のこの映画、モデルとなったマリアンヌ・パールさんが書いた本「マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死」もほぼ同時期に読んだので。多少情報が混乱している恐れがあります。

監督はマイケル・ウィンターボトム、『グアンタナモ、僕達が見た真実』ではドラマとドキュメンタリー混ぜていた彼はここでも(誘拐される直前のダニエル・パール氏の行動を含めて)次々に起こることをてきぱきとテンポよく映像を見せてゆきます。その手法は見事ですが、映画として面白いかどうかはやや疑問です。

一方主演のアンジェリーナ・ジョリーですが、フランス語訛りの英語はまずまずです。マリアンヌさん自身はは何度も叫ぶわけでも、単に耐えるわけもなく、仲間と一緒になって情報収集等をするという人なので熱演という感じはしません。それでも力を入れている箇所が二つほどあります。この映画のストーリーをしっていればそれがどこだかはすぐに分かるでしょう。

友人としてヒロインを支えるインド人女性に『ベッカムに恋して』では主人公の姉を演じていたアーチー・パンジャビ、出番は少ないものの印象に残ります。原作ではインド人ということでかなり嫌がらせを受けています。さらに原作ではユダヤ人であるパール氏に関する問題も色々とあります。最前線で彼らに協力するCIDのキャプテンもインド人俳優です。これは原作によく出てくる表現、仏教徒にユダヤ人、ムスリムのインド人を意識しているのかもしれません(ちなみにマリアンヌさんが創価学会インタナショナル)。

CIDのキャプテンは『キングダム/見えざる敵』の大佐を連想させます。ということはこの物語をエンターテインメントにふればあの映画のように出来たでしょうし、夫婦愛かミステリーにふれば『ナイロビの蜂』になったでしょう。それをしないというのはそれはそれで好感が持てます。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

23 : 00 : 53 | 試写会 | トラックバック(9) | コメント(0) | page top
Emmy Rossumニュースあれこれ
2007 / 11 / 16 ( Fri )
Yahoo!who's next?のエミー・ロッサム。インタビューとSlow Me Down
またピアノ伴奏のGMAと同じ、段々なれてきました。弾き語りはやらないのかな。
http://music.yahoo.com/promo-29644410-158-20071114-

『オペラ座の怪人』のBlu-ray Discビデオ、HD DVDビデオに関するニュース
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071115/gaga.htm

クリスマス・ソング、Carol Of The Bells








23 : 24 : 04 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossumブログ更新。インタビュー記事ほか
2007 / 11 / 15 ( Thu )
HPの『InsideOut』にレビューを追加しました。全曲解説もできればやるつもりです。
http://emfanjp.fc2web.com/others/insideout/index.html
と思ったら、そこで言及したようなことがWEBにもあって少しあせりました。
http://teens.aol.com/entertainment/emmy-rossum-interview

ブログは2曲のクリスマス・ソングに感謝祭の話題です。

00 : 45 : 30 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossumブログ更新。雑誌『Interview』。
2007 / 11 / 08 ( Thu )
今回はクリスマス・ソング「Carol of the Bells」の録音にの話題。楽しみですね。
残りはシガー・ロスのコンサートや「ブラザーサンタ」プレミアの話題。
最後はMTV Cribsの取材について。

6月12日のブログ記事、雑誌『Interview』(表紙はニコール・キッドマンと
ジェニファー・ジェイソン・リー)の11月号にインタビューが載っています。
この雑誌の特徴はインタビュワーも有名人な点です。表紙の二人
(J・J・リーの夫で「イカとクジラ」のノア・バームバック監督の新作
『Margot at the Wedding』で共演)のインタビューはマイケル・カニンガム
(ニコール出演『めぐりあう時間たち』の原作者)が担当で、
エミー・ロッサムのインタビュワーはシニード・オコナーです。
少し前なので目新しい内容はないようですが、写真がきれいなので
手元に置いておきたいです。
http://www.interviewmagazine.com/

00 : 54 : 48 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ディスタービア』試写会
2007 / 11 / 05 ( Mon )
『ディスタービア/Disturbia』
2007/11/10公開 http://www.disturbia.jp/

ディスタービア_DVD
DVD:2008/04/25発売
『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ一つ前の映画で、それまで『アイ,ロボット』『コンスタンティン』とアメコミで言うところのサイドキック的な役が多かった彼が、本人の性格はほぼそのままにして新たな舎弟を従えて活躍(?)します。

暴行事件により自宅軟禁処分となった主人公ケールがやることがないので「覗き」をはじめたら、殺人事件らしきものを目撃したという現代版『裏窓』です。暴行事件から謹慎まではあっさりと描かれ、不自由な生活がすぐに始まります。母親がすぐアカウントを止めて、ケールのコンピューターでの遊びは制限されます。見事なまでにぼんぼんです。そしてやることがないので「覗き」を始めます。そこに偶然隣に美少女が引っ越してきて、彼女は彼女でプールで時間を潰します。これなどはさすがに西海岸(少なくてもロケ地はそうです)。その美少女役のサラ・ローマーは『呪怨 パンデミック』にも出ていたと言うのできわどいショットを見せてくれていた東京のインターナショナル・スクールの娘かなと思ったら、少し体型が違っていたので調べたらシカゴの姉の方でした。そして映画の展開としてはこの二人は当然親しくなるのですが、「覗きをしていた男の子と親しくなるの?」と感じる人もいるでしょう。たしかにうそ臭いですがそこはシャイア・ラブーフのキャラクターがギリギリのところで救っています。

ただ事件にかかわるようになってからはつまらなくなります。最新機器を屈指した調査は枝葉であって、幹の部分は弱いのです。とくに家から出られないケールに代わって行動する友だちについての書き込みが薄いので、彼がケールのために危険なことをするというのに説得力が生まれません。さらに隣人の謎に関してもひねりがあまりなく物足りなさを感じます。ケールも後半わけもなくたくましいですし、その辺はかなりご都合主義なのでストーリーよりは雰囲気を楽しむべき一本でしょう。

タイトルにはsuburbia(郊外)が含まれているわけですが、退屈な郊外というのは体験できます。そういえばキャリー=アン・モスは郊外ゾンビ物(?)『ゾンビーノ』にも母親役で出演していました。今最も郊外が似合う女優と言うことでしょうか。

(おまけ)実はこの映画を見た前後に映画『ゾディアック』の原作本(ジェイク・ギレンホールが演じたロバート・グレイスミス氏著)を読んでいたのがあまり怖く感じなかった一因かもしれません。こちらはノンフィクションなのに本当に怖かったです。グレイスミス氏にも感服。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 00 : 50 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossumブログ更新、ビデオつき
2007 / 11 / 03 ( Sat )
11/2 エミー・ロッサムブログ更新、ビデオつき
アルバム発売サポートの感謝とプロも活動の裏側を少し、さらにはファッションに関するビデオを公開
http://myspacetv.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=21164789
00 : 00 : 58 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |