エミー・ファン!ブログ告知2009年10月の告知
2009 / 10 / 30 ( Fri )
エミー・ロッサムの情報
10/28 GQ Hosts The Gentlemen's Ball 2009 / NY
10/26 Ivanka Trump and Jared Kushner Wedding / Trump National Golf Club in Bedminster, New Jersey
10/23 Fashion Group International's 26th Annual Night Of Stars / NY
10/17 Heineken Red Star Soul Presents Ludacris, Estelle And Wale / NY
10/15 Key to The Cure shopping weekend /NY
10/10 17th Annual Hamptons International Film Festival - Breakthrough Performers Panel /NY
10/10 17th Annual Hamptons International Film Festival - "Dare" Screening /NY
10/9 W Washington D.C. Grand Opening Celebration / Washington D.C.
10/8 American Ballet Theatre Hosts The 2009 Fall Gala /NY

10/13 後09:00~後11:20 スター・チャンネル ハイビジョン(200ch) デイ・アフター・トゥモロー
00 : 00 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
Emmy Rossum、 THE 24 HOUR PLAYS ON BROADWAY
2009 / 10 / 21 ( Wed )
11/9 9th annual THE 24 HOUR PLAYS ON BROADWAY の出演者にエミー・ロッサムの名前があります。ほかのはAmber Tamblyn, Anthony Mackie, Ashton Kutcher , Billy Crudup , Claudie Blakley, David Cross , Emily Mortimer など
http://bit.ly/4obXcT

HPはこちら? http://www.24hourplays.com/

01 : 00 : 50 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『パイレーツ・ロック』試写会。 『私の中のあなた』よりはすっきり
2009 / 10 / 14 ( Wed )
パイレーツ・ロック / The Boat That Rocked
2009/10/24公開 公式HP:http://www.pirates-rock.jp/
パイレーツ・ロック [DVD]
DVD:2010/03/10発売

リチャード・カーティス監督の『ラブ・アクチュアリー』に続く第二弾作品です。あの作品は『フォー・ウェディング』をはじめとするワーキング・タイトルでおなじみの脚本家の監督デビュー作としてはエピソードが多すぎて失敗した群像劇という感じがしました。中には好きなエピソードもあり、好きな俳優や好きになった俳優もいました。さてこの映画の予告を見たときには海賊ラジオと政府の役人との対決がメーンだと思っていたのですが、その予想は外れました。まあ今日海賊ラジオという単語を聞かないことからこのラジオ局の運命がどうなるかは誰にでもわかります。

当事のイギリスの放送局はBBCのみで、そのBBCも契約のために一日にレコードでかけられるポピュラー音楽の時間には制限があることによって(貴重な音源が残されていることでも知られているBBCライブはそれを回避するための抜け道でもありました)、外国からの電波や公海上からの海賊ラジオの需要が生まれたという成り立ちはオープニングのスーパーで説明されてしまいます。つまりこの時点で海賊ラジオは認知されていて、これを規制しようとする政府側の理由がお決まりの「やつらのやっていることは反社会的な行為だ」というものになっていて、どちらかというと政府側の描写はほぼギャグとして撮られています。対抗策も本当に有効なのは文字通り最後のだけですし、海賊ラジオ対政府の対決を期待していたのでその点はがっかりしました。そこを別にすれば、高校を退学し更正のために船に乗ることになるカール君を登場させて、周りのDJたちをさばくというやり方は脚本家兼監督らしいところでしょう。そうした構成が巧みとは思いませんが、大きなマイナスにもなっていないと思いました。

タイトルからも音楽映画を期待されるのでしょうが、流れる曲はエンドロールの1曲をのぞいてカバーではなくオリジナルです。中には権利の関係等で使用できないアーティストもいたのかもしれませんが、多くは有名なヒット曲です。ただ曲の背景などは説明されません。たとえば「ロンドンで一番話題の曲はこれだ」「BBCではこんな曲はかけないぜ」「知っている人は少ないだろうが、これはいい曲だ」という風な場面はあまりなく、むしろ登場人物の心情と歌詞と重ね合わせるような選曲が多かったです(女性キャラクターを曲名から拝借するのはちょっと…)。逆にいえば当事の音楽にあまり興味がなくても楽しめる内容になっていると思います。個人的にはザ・フーの「I Can See for Miles」がかかる場面が一番はまっていると思いました。ちなみにサントラのラストに80年代のヒット曲が収録されているので60、70年代がラジオの時代で80年代はビデオの時代という風になるのかと思っていたのですが、とくにそういうものはありませんでした。

登場するDJたちもどれもが個性的という感じはしませんでした。有名な俳優はアメリカ人DJザ・カウントを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンだけといっていいと思いますし、この船に戻ってくる有名DJギャヴィン(リス・エヴァンス)も外見はなかなかですが映画のキャラクターとしてはそこまで個性的ではありません。結局DJたちの中で目立つのはデブとヒゲボーボーの二人で、かける曲の得意ジャンルで細かく設定されているというよりはキャラクター重視になっていました。気になったのはギャヴィンとビル・ナイ演じる海賊ラジオ局のオーナー(?)クエンティンのキャラが被っていたことです。クエンティンのようなかなりお年の理解者が当事いたのでしょうか。これは海賊ラジオの成り立ちの場面がないので分かりません。もしこのような人物がいないのであればこのキャラクターは監督が未来からの視点から入れて登場させた理解のある大人ということになります。そういえばカール君の母親(はっきりと顔を見せませんが英国人俳優好きであればすぐに分かるはずです)はスウィンギン・ロンドン時代の少女の10数年後といった雰囲気です。となると監督が80年代頃から60年代を回想したのがこの脚本のスタート地点でしょうか。60年代を忠実に再現したドラマというよりは、そうした構造のよくできたフィクションと見るのも面白いでしょう。

日本予告編に出てくるのでネタバレにならないと思いますが、船は沈没の危機に見舞われます。このタイタニック描写は、とくに水が襲うところがイマイチなのですが、そういうことを追求する映画でもないので気にならないと思います。ただ沈没しそうになってからが長いです。あの状況で流したい曲がたくさんあったのでしょうが、あれはありえないですね。

フィリップ・シーモア・ホフマンがイギリスの映画に出ると聞いて違和感があったのですが、役柄がアメリカ人ということで納得しました。いつもよりはちょっとわがままなキャラクターを演じています。あとは『ホット・ファズ』のニック・フロストがおいしい役、イケメンDJは『旅するジーンズと19歳の旅立ち』のトム・ウィズダム。ベネット家の三女からボンドガールまで出てくる女性は少ないものの美人ぞろい。注目はおバカなシック・ケヴィンを演じるトム・ブルック、ルックスといい芸風といい『リッジモント・ハイ』のショーン・ペンにそっくり。

なお前売りを買ってプレスシートを頂いたので色々と参考にしました。

(追記)この映画はモータウンをはじめとしたアメリカの黒人音楽がたくさんかかるのに、紹介されるときはいつも「全編ロックが~」となってしまうのかいかがなものかと。
ザ・フーの「I Can See for Miles」はイントロだけでしたね。歌も入っていると勘違いしました。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

23 : 54 : 38 | 試写会 | トラックバック(7) | コメント(1) | page top
『ザ・ストレイン』ギレルモ・デル・トロ、 チャック・ホーガンはトリロジーの1作目です
2009 / 10 / 07 ( Wed )
ザ・ストレイン (単行本(ソフトカバー))
2009/9/10発売
ザ・ストレイン (単行本(ソフトカバー)) ギレルモ・デル・トロ (著), チャック・ホーガン (著), 大森 望 (翻訳)

ギレルモ・デル・トロがチャック・ホーガンと書いた長編小説。アメリカでも今年発売されたばかりの小説がすぐに読めるのは喜ばしい。日本の発売元はパンデミック・サスペンスと宣伝しているが、『ヘルボーイ』『ブレイド2』のデル・トロなのでそれで終わるはずもなくモンスターが出てくる。外国の書評でその正体を知ってしまった僕のような人間もいると思うが、プロローグを読んだ大多数はV小説だと気付くだろう。

解説を読むと当初はテレビドラマの企画としてスタートしたがギャグを入れろと言われ、切れて引き上げたとある。どこまで本当かは分からないが、それを信じるとしたら当初の設定よりグロくなっていることになる。モンスターの形態はエイリアンを思い出させるし残酷描写もきちんとあるので、ホラー小説として引き込まれる。細かい点ではあるが、好きなのは肩コリがうまく使われているところと精神的に不安定な婦人が出てくるところ。

その一方で主人公イーフは疾病対策センターの科学者である。JFK空港に降り立った直後の飛行機が連絡を絶ち、応答もないためにイーフが調査のために乗り込むが、彼はそこで多数の死体とわずかな生存者と棺桶のような箱を目にするところから物語は始まる。ということで彼はマッドサイエンティストなモンスターハンターではなく(その役割は別の人が担当する)、まっとうな科学者のためにモンスターの存在を認めるまでに少し時間がかかる。

ギレルモ・デル・トロと共作するのはチャック・ホーガン、解説によると基本はデル・トロで味付けはホーガンだが、ネズミ駆除業者はホーガンのアイデアだという。なるほど探偵小説調のキャラクターだ。また各キャラクターのもったいぶった登場のしかたなどは彼の個性かもしれない。ちなみにホーガンの小説『強盗こそ、われらが宿命』はベン・アフレックが映画化している。

この事件のあった日にはちょうどニューヨークで日食があって、それが当て馬のように使われるのだが本筋はやはりモンスターだ。ようするにVのことなのだがヨーロッパのそれのように優雅な貴族の姿ではなく人間に襲い掛かる様子や、襲われた人間の行く末などはZに近い。最近見たジョシュ・ハートネットの映画にしてもそうなのだが、Vを現代に無理のない形で登場させるとZに近づくようだ。とはいえ古くからのV用武器も現代的にアレンジしたものを含めて出てくる。ちなみに中盤が長いのはこのZ化した被害者たちがその後に多くのページがさかれるからだ。

小説の舞台は2010年、松井もまだヤンキースにいる。当然911以降の空気も感じさせる。多くの人種が出てくるこの小説、ラテン系も多いがギレルモ・デル・トロ自身がメキシコ人ということもあってかメキシコ系からハイチ系まで幅が広い。ハイチ人の家政婦が信心深く聖水を持ち出すところは少し滑稽でもある。

一応三部作として書かれているので本作におけるラスボスは終盤近くにならないと登場しないし(過去は少し描かれる)、さらにその背後に潜む存在があるのはややずるいがまあいいだろう。ラストバトルは決戦の場所を移動させるのが面白い。意外な人物があちら側にさらわれるが、これも次作に持ち越しとなるがこの人の運命も気になる。

ギレルモ・デル・トロというと父親と対峙するというのが大きなテーマになっているものが多かったのだがここではやや違い、父親からの視点で子供を心配する場面が多い。イーフは離婚した元妻と息子の養育権を争っているのだ。そのほか色々な形の家族が登場する。これがこれからのデル・トロ映画にどう影響を与えるのか興味がある。

本作には公式HPがあるのだが、そこには映像もいくつかあるのだが、ネタバレが嫌いな人は本編を再現した映像にはモンスターの姿が写っているので見ないほうがいい。イーフ以外の重要な登場人物は彼の同僚ノーラ、イーフの息子ザック、そしてセトラキアンがいる。映像化したときの候補はあげると切がないがなぜか一番に浮かんだのはセトラキアンにジョン・ハートだった。『ヘルボーイ』のイメージがじゃまするならニック・ノルティはどうだろう。

http://www.thestraintrilogy.com/
http://www.hayakawa-online.co.jp/strain/
21 : 40 : 15 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『私の中のあなた』試写会。 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』と同様に欠点が多い
2009 / 10 / 04 ( Sun )
私の中のあなた / My Sister's Keeper
2009/10/09公開 公式:http://watashino.gyao.jp/
私の中のあなた [DVD]
DVD 2010/02/19発売

病気の子供のために遺伝子操作で次の子供をつくるという話は火曜サスペンスか土曜ワイドのミステリーにあったなあと映画を見る前に考えていました。最初のキャスティングでは姉妹役にダコタ&エル・ファニング姉妹だったそうです。白血病で髪を剃らなくてはいけない長女役はダコタの熱演!よりは真っ白な状態の女優が演じた方がいいと思うので、この配役で正解でしょう。実際にソフィア・ヴァジリーヴァの演技は俳優の中で一番と言えるものでした。次女役のアビゲイル・ブレスリンはもはや安定感を感じさせ、長女の重さをよく受け止める妹を演じています。一方母親役に挑戦しているキャメロン・ディアスは弁護士ながら長女のために仕事を辞め面倒を見ていて、責任感は人一倍感じているのですが、それが重荷になっているという役を演じています。それらと比べると父親役のジェイソン・パトリックは地味に黙ってやるべきことをこなすタイプですが(職業が消防士というのもややステレオタイプ)、少しやんちゃというか精神的に不安定な長男とで男性の役割を分担としていると考えると悪くありません。

もう長女のドナーになりたくないと次女が両親を訴える裁判(対決する弁護士はもちろん母親本人)に係わる弁護士と判事が心か身体に問題があると言う設定を知ったときには萎えはじめました。全体的にも家庭と裁判のバランスが良くなく作りは甘いです。裁判をしっかりと描かないのでただでさえ情に流れやすい題材なのに配慮が足りません。たとえば冷静な裁判官関係者と情熱的な母親との対比や互いに何らかの影響を受けるといったこともなく、裁判の割合が低いのです。このニック・カサヴェテス監督の甘さはロマンスの『きみに読む物語』ではあまり気にならなかったのですが、こうしたシリアスな面が多い作品では気になります。しかしこれからも変に社会派作品など撮らずにこの持ち味を発揮できるジャンルの映画を撮り続けていればいつかは大当たりするかもしれません。

しかし個人的には白血病よりアメリカ人のプロムに対するオブセッションもまた怖いと思わせる場面があり苦笑させられました。また途中でエミリー・デシャネルに似ている人が出ているなあと思ったら、やはり彼女でした(青い目で認識)。クレジットを見たら撮影が父親のキャレブ・デシャネル。それどころか母親のメアリー・ジョー・デシャネルも出ていました。ちなみにキャレブ・デシャネルは監督の父親であるジョン・カサヴェテスの(そして母親ジーナ・ローランズの出演作である)『こわれゆく女』に参加したことがあるようです。考えてみれば本作出演者のアレック・ボールドウィン、ジョーン・キューザックはきょうだいが俳優なので、この映画のテーマである家族というものを考えたキャスティングでもあるのでしょう。さてキャレブ・デシャネルの話を出したので最後に映像のについて、回想のシーンなどは美しいのですが手法としては20年くらい前の映画のようであり、この点には感心しませんでした。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

23 : 00 : 48 | 試写会 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
『ゴシップガール』のレイトン・ミースター歌手デビューについて6。「サムバディ・トゥ・ラヴ」オンエア開始
2009 / 10 / 02 ( Fri )
A Very Special Christmas Volume 7
COBRA STARSHIP / コブラ・スターシップ
今夜はホット・メス(初回限定ハッピー・プライス盤)
2009年11月25日発売

『ゴシップガール』のレイトン・ミースター歌手デビューについて5

公式サイト http://leightonmeestermusic.com/
ここからmyspace,facebook,twitter等へ飛んでください

Good Girls Go Bad 収録アルバムHot Messの紹介はこちら
コブラ・スターシップの国内盤インフォメーションはこちら http://wmg.jp/cobra_starship/

10/1 9/24以降の情報
Good Girls Go Badは17位にダウン(12-10-7-9-9-10-13-10-16-17)
2009年11月24日アメリカ発売の『A Very Special Christmas Volume 7』に参加。アーティストの顔ぶれを見ると若手中心です。

しかしこういう情報が入ってくると、デビュー・アルバムの11月発売は無理な気もします。

10/2の情報
ファースト・シングルは“Somebody To Love”、ロビン・シックとのデュエット曲。10/27よりオンエア。
10/3の情報
レイトン・ミースター参加COBRA STARSHIP / コブラ・スターシップのHOT MESS / ホット・メス(初回限定ハッピー・プライス盤) 詳細 http://wmg.jp/artist/cobra_starship/WPCR000013723.html

10/8 10/3以降の情報
『A Very Special Christmas Volume 7』には「It's Christmas Time」で参加。The Carpentersの『Christmas Portrait』で聞けます。Twiter
Good Girls Go Badは22位にダウン(12-10-7-9-9-10-13-10-16-17-22)
10/15 10/8以降の情報
前回お知らせしたクリスマス・ソングは違う曲のようです。どうせすぐに分かるのでフォローしません。

Leighton Meester feat. Robin Thicke - Somebody to Love もうオンエア開始されていました(10/13)
翌日にアメリカのiTunes Music Store では販売も開始。

一方日本のiTunes Music Store ではCOBRA STARSHIPの『Hot Mess』が発売中
日本盤CDは安いのであえてここで買う意味はないと思うのですが、Good Girls Go Badの1曲でいいという人にはおすすめです。またビデオは300円。

Somebody to Love は曲はRico Love、プロデュースはMike Caren。世界各地が歌いこまれた歌詞にサビのJe t’adore, Je t’adore からして
セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をヒントにしたと思われるつぶやくような歌い方が印象的。
今までリークされていた曲とはタイプが違うので戸惑いますが、最近はないタイプの曲かも。

Good Girls Go Badは32位にダウン(12-10-7-9-9-10-13-10-16-17-22-32)
10/22 10/15以降の情報
Somebody to Love のビデオ監督はゾーイ・カサヴェテス(『ブロークン・イングリッシュ』):Twitter
まだまだ録音中"In My Mind", "Not as Cool as You Think You Are":Twitter

Good Girls Go Badは35位にダウン(12-10-7-9-9-10-13-10-16-17-22-32-35)

『A Very Special Christmas Volume 7』 9. LEIGHTON MEESTER - Christmas (Baby Please Come Home)で参加
10/29 10/22以降の情報
“Somebody To Love”は残念ながらiTunes ChartsでTOP50入りしましたが、すぐに落ちてしまいました。
ビデオの様子はmyspaceで少し見ることができます。
レイトンのツイッターではおなじみのVanessa Curryと Shahine Ezellも写っています。

Good Girls Go Badは39位にダウン(12-10-7-9-9-10-13-10-16-17-22-32-35-39)

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

00 : 00 : 08 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |