エミー・ファン!ブログ2010年5月の告知告知
2010 / 05 / 30 ( Sun )
エミー・ロッサムの情報
8/25 DVD 『クリント・イーストウッド ワーナー35周年記念 35枚組BOX <500セット限定生産>』 SD-Y27926 49800円
6/25 BD 『ドラゴンボール EVOLUTION』 FXXJ-38362 2500円
6/25 DVD 『デイ・アフター・トゥモロー』 FXBNM-26503 1489円
4/21 DVD 『ミスティック・リバー』 WTB-27721 1500円
4/21 BD 『ミスティック・リバー』 CWBAY-27187 2500円
4/21 BD 『ポセイドン』 CWBA-82971 2500円
4/23 DVD ドラゴンボール EVOLUTION FXBNX-38362 1890円

5/1 21:00~22:40 スター・チャンネル プラス 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/3 12:50~14:20 WOWOW 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/4 23:00~0:30 BSスター 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/5 17:10~18:50 スター・チャンネル プラス 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/10 12:40~14:20BSスター BSデジタル 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/14 21:00~22:40 スター・チャンネル プラス 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/15 17:10~19:20 スター・チャンネル プラス 「デイ・アフター・トゥモロー」
5/16 25:20~ スター・チャンネル 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/23 18:50~20:30 スター・チャンネル 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/25 23:10~00:45 スター・チャンネル プラス 「ドラゴンボール EVOLUTION」
5/28 12:20~14:30 スター・チャンネル プラス 「デイ・アフター・トゥモロー」
5/29 7:30~9:50 BSスター BSデジタル 「デイ・アフター・トゥモロー」

5/19 Ariel Foxman, InStyle And ICM Celebrate The New York Upfronts /NY
5/7 David Yurman 30th Anniversary Celebration (w Michelle Trachtenberg)
5/4 Metropolitan Museum Of Art's 2010 Costume Institute Ball
00 : 00 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
『マイ・ブラザー』試写会。 『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形 』とは違い真っ当なリメイクだが俳優が前に出たのをどう見るか
2010 / 05 / 29 ( Sat )
マイ・ブラザー / Brothers
2010/06/04公開 公式:http://my-brother.gaga.ne.jp/
マイ・ブラザー [DVD]
DVD:2011/02/02発売

ついにそのときはやってきました。トビー・マグワイアとジェイク・ギレンホールの共演作です。ふたりともキルスティン・ダンストと付き合ったことがあるなど、よく似ていると評判です。並ぶと分かりますが背が高いのは弟役のジェイク。また軍人役のトビーは終始きつめの表情をしているのでこの映画ではあまり似ていないと感じました。

『ある愛の風景』 http://www.actiblog.com/emfanphoto/50186

監督はジム・シェリダン、この作品はデンマーク映画、スザンネ・ビア監督『ある愛の風景』のリメイクなのですが、脚本はデヴィッド・ベニオフに任せています。そのせいかどうかは分かりませんがカ、ーヒルという名前とU2以外はあまりアイルランド色を感じさせません。舞台となっている街もどこと特定していないようです。撮影の都合もあったのでしょうが街には常に雪がある状態でした。

トビー・マグワイア演じるサムの妻であるグレースを演じるのはナタリー・ポートマン。『レオン』で登場以来どこか幼さが消えない彼女ですが、母親になる役はあっても本格的に主婦/母親を演じるのは初めてだと思います。どことなく包丁捌きが怪しく、いつものように悲しいときの演技は顔をくしゃくしゃにしていて、本当の大人の女優にはあともう少し。途中に出てくる戦争未亡人を演じるのはミシェル・ウィリアムズかと思ったら、キャリー・マリガンでした。赤ん坊を連れて登場し、夫に先立たれもう人生に疲れきった表情は女子高生役より無理がなくて自然です(この未亡人役をシリーズにしてほしい)。またこの手のヒューマン・ドラマにはつきものの子供は二人の女の子、あまりかわいいとは思わなかったのですが、演技はきっちりと見せてくれます。

オリジナルは劇場で一度見ただけですが、ストーリー・ラインはほど同じです。サムが赴任するのはアフガニスタン。デンマーク映画として見たときには「デンマーク兵士もアフガニスタンに行ったのか」と思ったのですが、アメリカ兵がアフガニスタンに赴任することに違和感はありません。そこで捕まったとしてもデンマーク兵なら運が悪いと思ってしまうのに対して、アメリカ兵が捕まったとしても「まあ仕方ないだろう」と思ってしまいます。シェリダン監督はそうしたアメリカがおこした戦争に正義があるかといった方面には切り込みません。それは監督の関心がサムとその家族という狭い範囲にあるからです。

全体の流れとしてはサムが戦場で捕らえられ、その修羅場を潜り抜けるために一線を越えてしまい。アメリカに帰国してからも日常生活に狂気を持ち込んでしまいます。トビー・マグワイアは熱演ですが、それが浮いて見えるのは役者同士のハーモニーがあまり感じられないからでしょう。グレースが高校時代はチアリーダーでそのまま付き合って結婚したことや兄弟の関係がアリバイ証明のように台詞で語られます。もっとそこを演技で示したほうがシェリダン監督の良さが出たのでは?と思うだけに残念です。

またスザンネ・ビアは斜に構えているように感じるのことがあって、恋愛関係と友情(この映画では家族愛)の間にある微妙なものを描くのが好きだと思うのですが、シェリダン監督はそこは気にしていないようで、それだけにサムがグレースの件でトミーを追い詰める場面が生々しくなっているように思いました。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

19 : 00 : 56 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum、『Shameless』のラブ・シーンと寝起きについて
2010 / 05 / 22 ( Sat )
日本時間水曜日にリークされた『Shameless』からのエミー・ロッサムの映像/画像。ジャスティン・チャットウィン演じるスティーヴとのラブシーンと寝起きに関しての話題です(映像/画像はこちらから、よい子は見ちゃダメ)。じつはオリジナルのイギリス版にもほぼ同じシチュエーションがあります(演じるのはジェームズ・マカヴォイとその後に彼と結婚したアンヌ=マリー・ダフ)。ということはこの仕事を受け入れた時点でヌードがあることは覚悟ができていたはずです(だいたいストリッパー役を演じているのにヌードにならないような女優はだめです)。それに放送局がShowtimeなのです。代表作は未亡人がハッパを売って生計を立てる『Weeds ~ママの秘密』、昼はマイアミ警察の鑑識官、夜はシリアルキラーという『デクスター』、エロ時代劇『THE TUDORS ~背徳の王冠~』、男でもタイトルだけは知っている『Lの世界』など(ほとんど見ていないが)性描写やバイオレンス等には制限はないように思えます。たとえばそれは若手のエヴァ・アムリ(スーザン・サランドンの娘)は『カリフォルニケーション』で見事なポール・ダンスを披露していることからも想像がつきます。

今回演じる18歳のフィオナ・ギャラがーは労働者階級ですがエミーは『ラブ・アクシデント』『ミスティック・リバー』で経験済み。エミーはこのインタビューでジェニファー・ハンフリー・タイプと言っています。たしかに少し無理して私立校に通わせるのはハンフリー家と似ていますが、母親がカメラマンで、高校は主に通信教育だったことを考えるとエイブラムズ家のほうが近いのかもしれません(なんのことか分からない人は『ゴシップガール』のキャスト欄を参照)。

あ、ヌードの感想書いていなかった。いくつかの映画で胸が強調されるカットがあっても、それはメイクのおかげやまわり肉を集めたりしているものと思っていただけにけっこう大きくて驚いたのが本音です。そして本人のツイートは以下の通り(時間は日本時間)。
So many people saw my tits on the internet this week, I considered going to lunch bra-less today. Then I thought "f*ck it" and went topless.
posted at 08:29:05

Turned out to be a great idea. I no longer have any tan lines AND they comped my fries.
posted at 08:30:23

エミー・ロッサム出演ドラマ『Shameless』Showtimeにてアメリカ2011年1月9日から放映

テーマ:★海外ドラマ★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

01 : 00 : 12 | Shameless Season 1 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
メトロポリタン美術館コスチューム・インスティチュートのエミー・ロッサム
2010 / 05 / 07 ( Fri )
はいはい、また今年もメトロポリタン美術館コスチューム・インスティチュートの時期が来ました(現地時間5月3日)。エミー・ロッサムのドレスは青のケネス・コール、アクセサリーはハウス・オブ・ラヴァンド。いつもより胸元が強調されているのはこのアクセサリーのためか、髪はアップ。
http://justjared.buzznet.com/2010/05/04/emmy-rossum-met-ball-2010/

動画:http://www.gettyimages.com/detail/98830051/WireImage-Video
動画:イヴァンカ・トランプと:http://www.gettyimages.com/detail/98842784/WireImage-Video
00 : 00 : 27 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』。 『運命のボタン』と同じく短編を長編にする難しさを感じる
2010 / 05 / 03 ( Mon )
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ / 9
2010/05/08公開 公式:http://9.gaga.ne.jp/
9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD
2010/11/04発売

最近ミュージカルの『NINE』、SF映画『第9地区』と「9」絡みの映画が続きますが、この一風変わったアニメは原題がずばり『9』です。これはアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートもされた同名の10分ほどの短編がオリジナルです。これを気に入ったティム・バートンやティムール・ベクマンベトフ(『ウォンデット』)がプロデューサーとしてバックアップし、『コープスブライド』のパメラ・ペトラーが脚本で参加しています。WEB上で短編を先に見てみました。短編と長編の明らかな違いは短編には台詞がないことです。人形の大きさは短編のほうが大きいと感じたのですが、長編のほうが背景の書き込みが多かったのでそう感じただけのようです。

人類が終末を迎えた後と思われる未来、古びた実験室らしき部屋で目覚めた人形「9」。自分が何者かも分からないうちに「2」と出会い蜘蛛のようなマシンに襲われるもののなんとか逃げてほかの人形たちと出会います。またその途中で入手したリアクターの役割についても考えることになります。ポイントはなんていってもビジュアルです。袋でできた人形で、ジッパーついて、ナントカ・スコープのような目。この古い人形アニメと最新のCGアニメを融合させたセンスがいいです。

短編の拡大した作品なのですが、観念的な話だった短編に対して説明的な部分が多くなっているのは残念です。とくに終盤で秘密が明らかになるというやり方は短編の良さをかなり消しています。台詞ありの物語ですし、人形たちが作られた目的はどこかで明らかにしないといけないわけですが、処理の仕方はありきたりでした。例えばマシンに関する少しずつ違うニュースがエンドレスで流れるというのはどうでしょう。同じように短編を長編化した『第9地区』はフェイク・ドキュメンタリーを使うことで冗長になりがちなパートを省略できました。それだけではなくエイリアンが地球に来た目的や不時着した事情を人間の側からは知ることができないのだという描き方をしています。それによって説明部分を最小限に抑えて見る側の興味を持続させるということに成功しているわけです。

キャラクターの数はとうぜん増えていますが、人形の数は最大でも9までなので増えすぎたということはありません。イライジャ・ウッドが声を担当した「9」は性格がヒーロー気取りというかそのせいで全体としてもアメリカンな感性で、短編が持っていたアート系の持ち味が消えているのは残念でした。一番いいのはジェニファー・コネリーが声を担当した「7」でしょう。忍者のような動きで大活躍します。また長老「1」はクリストファー・プラマー、クリスピン・グローヴァーなどもいます。

イライジャ・ウッドが係わっていることと関係するのか『ロード・オブ・ザ・リング』を思い出す場面が何箇所かで見られました。マシンはシェロブ(大蜘蛛)のようですし、橋でのモンスターとの攻防戦もあります。そして力を捨てるべきか使うべきかという問題も出てきます。調べたらシェーン・アッカー監督は『王の帰還』にアニメーターとして参加していました。

ということで短編の長編化といういみではあまりうまくいっていませんが、人形のデザインや終末の世界観などは見ものです。個人的にはミニサイズの人形たちが廃墟を動き回る姿が印象的でした。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

01 : 00 : 15 | 試写会 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
『運命のボタン』試写会。 『ウルフマン』と同じく雰囲気だけは申し分なし
2010 / 05 / 02 ( Sun )
運命のボタン / The Box
2010/05/08公開 公式:http://www.unmeino.jp/
運命のボタン [DVD]
2010/10/22発売

原作は立ち読みでも読めてしまう量のリチャード・マシスンによる短編。ボタンを押すと大金が手に入るが見知らぬ誰かが死ぬと知らせられた夫婦のお話。べつにこちらを先に読んでいても問題はないです。映画が始まるとNSAやNASAの名前が飛び交います。見ているこちらとしても何か仕掛けがあるのではと構えてしまいます。舞台が1976年と出るのでもしかして70年代と別の時代が交差しているのかと思ったのですが、そうではなかったです。キャメロン・ディアスがサスペンスに挑戦という売り文句になっていますが、これはSFです。それを匂わす要素は早い段階から様々にばら撒かれ、次第にSF以外にありえなくなります。

これは原作を拡大したというよりは監督・脚本のリチャード・ケリーが持っていた別のアイディアをこの原作に当てはめたような気もします。ストーリーとしては難解ではないとしても分かりづらくなっています。俳優対の演技にしてもストーリー全体は知らされずに撮影当日に自分の脚本だけを渡されて演技をしているかのような印象すら受けます。前半のミステリー調のパートを俳優たちがそう思ってやっているとしたら面白いと思いました。後半のSF展開になるといくつかの過去作からの影響が見えます。『インベージョン』(『ボディ・スナッチャーズ』)からの影響があるようですが、過去作はよく知りません。

この映画で"彼ら"がやっていることは分かりづらく、作り手がわざとはぐらかしているように感じる人もいると思うのですが、シャマラン監督にしても、このリチャード・ケリーにしてもそのつもりはないように思います。彼らにとしてみれば十分に説明していると思っているでしょう。編集の人は大変です。

キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラの3人が出演しているのは知っていましたが、そのほかは知らない人ばかり。それだけに匿名性が高いというかどんな演技をするか想像できない人が予想もつかない行動をするのはやはり怖くて効果的です。3人のなかではキャメロン・ディアスがきれいに撮られていて、時代物は似合わないとしても、このくらい古いノスタルジー物ならけっこういけるのではないでしょうか。撮影はスティーヴン・ポスター、さほど有名ではないようですが『未知との遭遇』や『ブレードランナー』にも係わったことのあるベテランで、リチャード・ケリー監督作品の撮影はすべてこの人です。監督が狙ったであろう時代を感じさせながら不吉さを感じさせる画になっていると思います。ジェームズ・マースデンは今回寝取られるような展開になりません(笑)。フランク・ランジェラは予告のときには気にならなかったのですが、顔があんな風になっているとは…CGなのでしょうがインパクトあります。身体の障害はキャメロン・ディアスにもあってこの映画の隠し味になっているのですが、それがあまり効果的に思えないのは、ラストで夫婦の子供に起こる身体に関する不幸がさほど酷いものに思えないからです。それはぼくが『オペラ座の怪人』二次創作(『ファントム』『マンハッタンの怪人』)を読んでいたということもあるのですが、夫婦の決断と代償に釣り合いが取れていないので説得力に欠けると思うのです。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

17 : 00 : 23 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |