Alex Bandのソロ・アルバム『We've All Been There』
2010 / 08 / 24 ( Tue )
We've All Been There by Alex Band 
"We've All Been There by Alex Band

The Callingのボーカリスト、アレックス・バンドの初ソロ・アルバム、彼のYoutubeチャンネルを見ると2006年から作っていることが分かる。発売が遅れた原因のひとつはゲフィンとの契約がなくなったことだろう。Youtubeにゲフィン関係者は出てくるし、ロン・フェアー(ゲフィンで一番偉い人)の名前もクレジットにはある。アルバムは自主制作に近いようだが、ディストリビュートはEMIとなっている。

ジャケットを見ると派手な音を連想させるが、そんなことはない王道ロックだ(まあ今の時代に王道なんてものはないのだが)。The Callingといえばヒット曲「ウェアエヴァー・ユーウィル・ゴー」のようにアレックスのダイナミックなボーカルとそれに呼応するバックサウンドで、ミドルテンポの曲が得意(人によっては大仰だという)、というイメージだと思うのだが (3)「Tonight」(8)「Never Let You Go」(10)「Leave (Today Is The Day)」あたりがそれを踏襲している。中ではピアノから始まるミディアムの(10)が良い出来だ。

このアルバムの特徴といえばほとんどの曲にストリングスが入っていること、といっても弦楽四重奏的でもフル・オーケストラをバックに歌い上げているわけでもない。ふつうならキーボードで代用しそうな音だ。また数曲でエルトン・ジョンでおなじみのポール・バックマスターをアレンジャーとして起用していて、ストリングスが有効に使われていると思うのは気のせいだろうか。

個々の曲をあげると、伸びやかな声を聞かせる(4)「Forever Yours」、ストリングスが宙を舞いながらポップに展開する(5)「Please」、簡素なバッキングな(12)「Without You」、ストリングとコーラスの入れ方がうまい(13)「Love」 (この曲は「Cruel One」にも似ている)、ポール・バックマスターよるストリングス・アレンジとねちっこいギターがはまり、コーラスも入ったドラマチックな (14) 「Start Over Again」などが良い。ピアノから始まるスローな(9)「Only One」も曲としていい出来だがアルバムより前に出ていたミニ・アルバムに収録されていた曲だった。

ここからはエミー・ロッサム『Inside Out』絡みのミュージシャンとしてはエイブ・ラボリエル・ジュニア、が参加している。他のドラマーとしてはケニー・アロノフがいる。

最後にまたまたアメリカiTunes版ボーナス曲「Cruel One」の話。アンドリュー・ロイド=ウェバーの「サンセット・ブルバード」に似ていると思うが、映画『ファントム・オブ・パラダイス』の「愛は永遠の灯り/Old Souls 」にも似ている(『オペラ座の怪人』つながり!)。曲としては(13)「Love」と似ているがより良い、未収録の原因がゲフィンとの契約切れにあるのだとしたら残念、どこかのサントラに収録してParamoreファンにでも聞かせてほしい。
23 : 55 : 08 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エミー・ファン!ブログ2010年8月の告知と情報
2010 / 08 / 21 ( Sat )
エミー・ロッサムの情報
9/3 DVD 『オペラ座の怪人 スペシャル・エディション』 ZMBY-5656 3990円
8/25 DVD 『クリント・イーストウッド ワーナー35周年記念 35枚組BOX <500セット限定生産>』 SD-Y27926 49800円
7/2 BD 『ドラゴンボール EVOLUTION FXXJ-38362 2500円

8/6-8/19 GyaO! Presented by Yahoo! JAPAN 「ポセイドン」
8/5 19:00~20:45 BSスター 「ドラゴンボール EVOLUTION」
8/10 11:20~13:00 BSスター 「ドラゴンボール EVOLUTION」
8/12 21:00~23:00 シネフィル・イマジカ 「ラブ・アクシデント」
8/14 3:15~4:50 WOWOW 「ドラゴンボール EVOLUTION」
8/15 12:00~14:00 シネフィル・イマジカHD 「ラブ・アクシデント」
8/18 8:00~10:00 シネフィル・イマジカ 「ラブ・アクシデント」
8/27 16:00~18:00 シネフィル・イマジカ 「ラブ・アクシデント」
00 : 00 : 45 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
『カラフル』試写会。 対象年齢設定について『ベスト・キッド』旧作からの変化と比べるのも面白い
2010 / 08 / 12 ( Thu )
『カラフル』 2010/08/21公開 公式:http://colorful-movie.jp/
カラフル [DVD]
DVD:2011/04/20発売

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』原恵一監督の新作はサンライズ制作作品です。これまでお得意にしていた動きの面白さは封印して、もっと物語を語ることに重点が置かれています。もちろんこれは『河童のクゥと夏休み』と『カラフル』という原作主人公の年齢設定の違いもあると思います。

主人公は一度死んだところを天使プラプラに救われ、自殺した中学生小林真の身体に入ってしばらくの期間うまく過ごせば地獄に落ちずに輪廻のサイクルに戻れると告げられます。オープニングは懐かしのロトスコープらしき画像から始まります。それはあの世の入り口が持つもやもや感を表現するためのようです。ここは本来なら主人公のナレーションで始まるべきところを文字で説明しているのは主人公の前世がどんな人間であるかをぼかすためです。ずるい気もしますが仕方ないでしょう。

原監督らしいと思うのは『河童のクゥと夏休み』でもそうしていたように街の風景をうまく取り込んでいていて見ものとなっています。実際に現地に詳しければロケ地がどこか分かって面白いと思います。また中学校(ではなく病院でした)にある木はカラフルというタイトルのように色の変化を見せてくれます。

主人公が小林真の体に入ってからはプラプラからもらった最低限の真に関する知識で生活に困る様子が悲しくもコミカルに描かれます。(自殺しようとしたことは担任しか知らないので)学校での真は地味な存在のままですが、彼が美術部に所属していてそこが唯一の拠り所であることが分かります。真が残した書きかけの絵があり、それは馬が水中にいるもので映画『白い馬』を連想させます。この絵は馬が浮上しようとしているとも、自殺しようとしているとも取れるのです。

そして美術部の部室ではプラプラも知らなかった真を慕う女子部員佐野唱子(地味ネガネ女子で、お約束のネガネを外すという展開があります)がいて、自殺原因のひとつとなった好きな後輩桑原ひろかも部員ではないのに顔をよく見せます。主人公は唱子には僕は君が思うような人間じゃないと言い、ひろかが援助交際をしているという話を確かめるために彼女のことを尾行し、某有名映画ばりのことをします。こうして主人公は他人には自分が思っているのとは別の面があり、その逆の面もあると気付くのです。佐野唱子以上に主人公の視界に入ってなかった早乙女君というともだちもできて、真にとって親友になります。それは自分の家族についても同様で情けない父親、浮気をしていた母親、受験勉強のことしか頭にないと思っていた兄、それぞれが互いを思いやっていることを知ります。こうして主人公はプラプラが課した課題をクリアすることで自分の前の風景が変わってゆくような描写が見事です。その中でそれまでまった存在を気付かなかったような人物との交流が映画の中で大きなポイントになっています。最後には例の絵にあるものを足して主人公の今後をうまく表現していると思います。

声の出演は小林真が『河童のクゥ』でクゥを演じていた冨澤風斗、成長を感じます。真に絡んでくる女子中学生二人には宮崎あおい(佐野唱子)と南明奈(桑原ひろか)、原作のファンだと言う宮崎も悪くないのですが、はまり役は南のほうだと思います。天子プラプラを演じるのはまいける、関西弁の必然性があるのかはともかく少し高い声が天使の持つ永遠の少年性みたいなものを出しているのは良いと思いますが、やっぱりうるさい(笑)。両親は高橋克実と麻生久美子、かなり年の差がある二人ですが麻生の鼻声がおばちゃんっぽい(?)ので相性は悪くありませんが、二人ともイメージそのままの声です。『クレヨンしんちゃん』組は担任沢田先生と駄菓子屋にいたこどもでした。イメージ・ソングに「僕が僕であるために」、エンディングに「青空」のカバー、劇中のアンジェラ・アキまで使われるのはメジャー感があっていいのですが、使い方は平凡でもう少し考えてほしかったです。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

01 : 00 : 13 | 試写会 | トラックバック(4) | コメント(1) | page top
『イリュージョン』サラ・マクラクラン
2010 / 08 / 06 ( Fri )
『イリュージョン』サラ・マクラクラン
Laws Of Illusion : Sarah McLachlan (2010)
『イリュージョン』サラ・マクラクラン

サラ・マクラクランのオリジナル・アルバムは『アフターグロウ』以来7年ぶり。しかしその間もベスト・アルバム他各種編集盤やアルバムの拡大版化、そしてなにより2006年のクリスマス・アルバム(『ウインターソング』)があった。この間の変化としてはバンドのドラマーでもあるアシュウィン・ソードとの離婚がある。当然彼は本アルバムには不参加で、ほとんどの曲でトーリ・エイモスほかのマット・チェンバレンが叩いている。そのせいかややロック色が強く感じる。(1)「アウェイクニングス」などはギターも目立ちなにやら80年代ロック風の仕上がりになっている。それは不思議なことでもない。1988年のデビュー・アルバムではほとんどピーター・ガブリエルの『So』だったのだから。それは彼女がガブリエル・バンドのトニー・レヴィンとリック・マロッタを起用していたことからも分かるというのは以前指摘した。どうせならデヴィッド・ローズを連れてくればいいのにと思う。もう一人のドラマーRobbie Kusterを起用しているのは2曲、リード・シングルの(3)「ラヴィング・ユー・イズ・イージー」さすが明るいピアノが聞かれるにポップな仕上がり。(6)「リヴァーズ・オブ・ラヴ」はピアノで始まるがねちっこいギターが印象的な曲だ。

ちょっと変わったところではアブストラクトな感じがしなくもない(7)「ラヴ・カム」やトラック・ピアノ(これについてはよく知らなかったのでおもちゃのピアノの音に聞こえた)がうまく使われた(9)「ハートブレイク」が面白い。さらにはサラのピアノと多重コーラスによる(12)「ブリング・オン・ザ・ワンダー」からサラのピアノとチェロによる(13)「ラヴィング・ユー・イズ・イージー (アコースティック)」への流れも素晴らしい。こういう曲を聞くと、一人多重コーラスによるアルバムかオーケストラをバックにしたアルバム(再演でも、スタンダードどちらもOK)をいつか聞いてみたくなる。また(12)「ブリング・オン・ザ・ワンダー」はカバーでオリジナルはSusan Eaton

ベスト盤に入っていた2曲が後半にあって既知感が悪い方へ作用していたり、決定的な曲に欠けるのは残念。愛聴盤になるかは現時点では不明だが、そうなってほしい。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

21 : 30 : 27 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ベスト・キッド』試写会。 『ジェニファーズ・ボディ』より対象とする観客の絞り方がうまい
2010 / 08 / 04 ( Wed )
ベスト・キッド / The Karate Kid
2010/08/14公開 公式:http://www.bestkid.jp/

1984年に第一弾が作られた青春映画のリメイク、主人公ドレ・パーカーは「幸せのちから」でおなじみのウィル・スミス息子ジェイデン・スミス君です。父親のウィル・スミスは俳優としては不思議な個性を持った人だと思います。アクションから、コメディ、さらには知的な役までこなしますが、演技がうまいというタイプではありません。僕が思う彼の良さは役の特徴を素早く掴む点です。ジェイデン君もその勘の良さを受け継いでいると思います。

父親を亡くし、母親シェリー(タラジ・P・ヘンソン)と一緒にデトロイトから北京へと引っ越した12歳のドレ・パーカーが(空手ではなく)カンフーを習い成長してゆく様子はちょうどテレビ東京午後のロードショーでやっていたオリジナルとほぼ同じです。映画として大きく違うのは北京という舞台やカンフーではなく、主人公の年齢です。オリジナルで主人公たちが拘っていた自動車という存在が、こちらでは師匠ハンが拘るものとなっています。これは高校生にとって自動車を持つことが単にいけてるいけていないという次元を超えて性的な意味を持つことになるので、このリメイクでその存在が小さくなるのは当然です。

主人公がアフリカ系になったことでこれをオバマ時代の映画と見ることもできるでしょうが、それを言うなら中国との関係のほうが面白いと思いました。ドレが北京のアパートから公園に行って話しかけるのは金髪少年、見ているときは彼がドレをいじめると勘違いしてしまいました。実際には中国人少女メイ(ハン・ウェンウェン)に声を掛けたために地元のカンフー少年チョン(ワン・ツェンウェイ)にからまれ、その後集団で襲われたドレを助けたのがアパートの管理人ハン(ジャッキー・チェン)です。この三人三様の中国人像が興味深いです。メイはヴァイオリンを習い、両親はエリートで英語を話すように教育もされています。一方ハンの英語は必要に迫られた英語です。そしてメイにちょっかいを出したアメリカ人に嫌悪感を示すチョンはいわば古い体制の中国を表しているわけです。

権利の問題があるのでタイトルは『カラテキッド』ですが、ジャッキー・チェンのなので実際にやるのはカンフーです。弟子は若くなったので、師匠もそれに合わせて若くなったといえますが、ノリユキ・パット・モリタを知っているとさすがにジャッキーではどうかなと思うのですが、疲れた表情をしていてそこはある程度納得できます。練習の一環として日常生活の動作に意味を見出すわけですが、オリジナルのワックス掛けにあたるのがジャケット掛けなのはさすがに違和感が残ります(笑)。万里の長城ほか中国観光もあって北京オリンピック(2008年)便乗映画よりもそれらしいと言えるのではないでしょうか(ジャッキーが参加した『カンフー・パンダ』は例外)。観光やデートが長いといえば長いのですが、全体としてはあまり気になりませんでした。

ジェイデン・スミスは普段もワークアウトしているようで、映画の最後にはマッチョまでは行かなくてもちきんとアスリートの体つきに見えます。ただ、こちらも若いジャスティン・ビーバーとの主題歌の方がいまいちで、こちらの鍛錬も必要なようです。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

23 : 30 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum出演ドラマ『Shameless』TCAでの反応
2010 / 08 / 03 ( Tue )
2010年度TCA賞(TV批評家協会賞)でのエミー・ロッサム出演ドラマ『Shameless』に関するツイート、主に予告編が話題です。

IMDb TV IMDbTV
Taking a look at Showtime's version of "Shameless." William H. Macy looks JACKED UP. Oh, and the pilot is great. #TCA #Shameless 5:20 PM Jul 29th webから

TV Tango TVTango
John Wells' SHAMELESS goes into production next month, starring William H. Macy and Emily Rossum. #Showtime #TCA 5:19 PM Jul 29th webから

Jim Halterman JimHalterman
The #Shameless trailer looks AMAZING. #WilliamHMacy #EmmyRossum WOW...Showtime is on a kick-ass roll!! 5:19 PM Jul 29th webから

Laura Prudom LauinLA
I'm just bummed that we have to wait until January for the Shameless debut, sadface! #SHO #TCA 5:19 PM Jul 29th webから

Marisa Roffman marisaroffman
#Shameless looks AMAZING. Really excited for it. 5:19 PM Jul 29th webから

Jace Lacob televisionary
Showtime screening promo for #Shameless. Would love to recut this promo but I LOVE the pilot. Seriously: LOVE. #TCA 5:18 PM Jul 29th TweetDeckから

Laura Prudom LauinLA
Oooh, a US version of Shameless with William H Macy and Emmy Rossum, AMAZING. #SHO #TCA 5:17 PM Jul 29th webから

Megan Masters MegMasters
#Shameless promo playing now. This show is incredible. #sho #tca 5:16 PM Jul 29th webから

そしてエミー・ロッサム本人のツイートはフォトセッションに関するもの
emmyrossum
Fun photo shoot today for #Showtime w/ my #Shameless dad Bill Macy @williamhallmacy & network mates David Duchovny & Lisa Kudrow. Pinch me. 8:41 AM Jul 31st webから

エミー・ロッサム出演ドラマ『Shameless』Showtimeにてアメリカ2011年1月9日から放映
21 : 00 : 26 | Shameless Season 1 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |