『ザ・タウン』試写会。 『ソーシャル・ネットワーク』と同様に前作を超えたという監督の思いを感じる
2011 / 01 / 30 ( Sun )
ザ・タウン / The Town
2011/02/05公開 公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown/
ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
Blu-ray: 2011/07/20発売

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に続くベン・アフレック監督2作目です。前作の原作者デニス・レイヘンと似たテイストのチャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』を原作としながら受ける印象はかなり違うものとなりました。『ゴーン・ベイビー・ゴーン』は主演に実弟ケイシー・アフレックとミシェル・モナハンと言う地味目のキャスティングだったので、演出の力点は脇を固めたのはモーガン・フリーマン エド・ハリスで、そちらの方に置かれていました。そして誘拐された娘の母親を演じたエイミー・ライアン(彼女はこれで各賞にノミネート)へのダメ人間演出も光りました。対して今作ではベン・アフレックが主演・脚本を兼任しています。おもな共演俳優は主演俳優と同世代か下の世代ということで映画の中心はまさしくベン・アフレックとなっています。ベテランは前作のように大きな役割を果たすのではなくピンポイントで登場します。

監督は過去の犯罪映画をよく研究しているようで、後半の銃撃戦などにその様子が伺え、もちろんそこでは主演俳優を引き立てています。その一方で今の時代らしさもあります。あるものをチンしたり、あるものを捲いたりする映画は初めて見ました。強盗と言っても、襲撃現場も強盗団が住む所も限られた地域なので単に逃げるだけでなく痕跡を消して平然と日常生活に戻るのは大変さなどもよく出ていました。2度あるラブ・シーンは少し恥ずかしそうな感じもしますが、これはこれで良いでしょう。俯瞰ショットとぐるぐる回るカメラ・ワークは少し多めな気がします。

ボストンに強盗を家業にしているような地域(タウン)があるということですが、一人が堅気の人間がいないと成り立たないと言うのがうまいと思いました。敵もそれに勘付くあたりの展開はうーんと唸ります。強盗と言う宿命を下の世代に受け継がせるのが主人公ダグ(ベン・アフレック)の父親(クリス・クーパー)や裏の街の顔役ファーギー(ピート・ポスルスウェイト)です。クーパーは司法取引を拒否して長期の収監を受け入れるという頑固さを見せてくれます。それに対してポスルスウェイトはまず表の職業とのギャップが良いです。彼はダグにとっては父親代わりでもあるわけですが、後半は父親超えが一つの鍵になっています。

強盗団では何と言っても『ハート・ロッカー』のジョン・ハムが演じるフローリーが良いです。少し短気ですが、腕前はたしかで、刑務所に入ったときの話などは凄みを感じさせます。強盗団と対峙するFBIフローリー捜査官を演じるのは『マッド・メン』のジョン・ハム。あのドラマと同じようにキメキメの演技を見せ、役柄に合っています。ヒロインとの絡みが少ないのは少々残念でした。そのヒロインのクレアはダグたちが押し入った銀行の支店長です。強盗団の予想外のことが起こり彼女に顔を見られていないかと思ったダグは彼女を観察します。クレアを演じたのはレベッカ・ホール、特別な美人ではありませんが男好きする顔と言うべきでしょうか。次第にダグが惚れてゆくのも説得力があります。もう一人ダグと関係を持つ強盗団の妹クリスタを演じるのは『ゴシップガール』のセリーナことブレイク・ライヴリー。きつめの化粧に胸元を強調した衣装で、いわばドラマ開始時点以前のバッド・ガールなセリーナ、このくらいはできてとうぜんでしょう。終盤の消え方が少し残念でした。

本作は『ミスティック・リバー』『ディパーテッド』『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と言ったボストンを舞台にした映画よりはスタイリッシュになっています。それはベン・アフレックが自分を格好よく見せたいと言うよりは、泥沼に引きずり込まれる描写が少ないからでしょう。個人的にはそこが物足りませんでした。先にあげた映画はそれがあることで悲劇性が増し、印象を強くしています。そしてそれを体現するのは少年たちなのです。そうした描写が少ない本作にはそれが感じられないわけです。その一方で本作にあるのはその泥沼から這い出ようともがく姿です。それはとうぜん後半に出てくるのですが、ややばたばたとしていて、監督の新生面とまではなりませんでした。それでも監督2作目としては手応えのある作品に仕上がっています。レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークを出すなどのボストン色も健在です。まだこの街が舞台にした映画を撮ると思いますが、いつかこの街以外を舞台にした映画も見てみたいと思います。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 00 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エミー・ファン!ブログ 2011年1月の告知と情報とニュース
2011 / 01 / 30 ( Sun )
エミー・ロッサムのニュース
Emmy Rossum出演ドラマ『Shameless』初回の視聴者数
http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/4228.html

エミー・ロッサムの情報
1月3日 25:30~ スター・チャンネル 「ドラゴンボール EVOLUTION」
1月7日 後06:15~後09:00 ムービープラス(312ch) 「オペラ座の怪人」
1月8日 後07:10~後08:50 スター・チャンネル ハイビジョン(200ch) 「DRAGONBALL EVOLUTION」
1月13日 前05:45~前08:15 ムービープラス(312ch) 「オペラ座の怪人」
1月26日 後01:30~後04:15 ムービープラス(312ch) 「オペラ座の怪人」

1/22 Genlux Magazine Issue Launch Party At In Add Minus /LA
1/15 Showtime's 2011 Winter TCA
1/6 Late Night With Jimmy Fallon
1/6 CBS The Early Show
1/1 The Cosmopolitan Of Las Vegas Celebrates New Year's Eve And Grand Opening With JAY-Z And Coldplay
12/31 Grand Opening of Marquee Nightclub in Las Vegas
00 : 00 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | page top
『ソーシャル・ネットワーク』試写会。 『アンストッパブル』とは違い対立構造が面白い
2011 / 01 / 13 ( Thu )
ソーシャル・ネットワーク / The Social Network
2011/01/15公開 公式HP:http://www.socialnetwork-movie.jp/
アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
Blu-ray: 2011/04/27発売

SNSのフェイスブックの成り立ちをデヴィッド・フィンチャー が撮った映画です。事前の情報から単純な誕生秘話にはならないことは分かっていました。監督も脚本家アーロン・ソーキンもフェイスブックを積極的には使わずにフラットな気持ちで取り組んだようです。その結果単にフェイスブックを賛美した作品にはなっていません。ただフェイスブックが成功していることが当然のことという現在の視点から描いていると思われる箇所が少しあるのは残念です。逆にプライベート流出と言った問題点にも触れないのはフェアだと思いました(その問題点はフェイスブックだから起こることではないのですが)。

主人公マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)はオープニングから変で、恋人(ルーニー・マーラ)との会話が噛み合っていません。彼は彼女が話したこととまったく関係ないことを話したかと思うと少し前に彼女が振った話題に答えたりするので、彼女はいらつき「あなたがもてないのはオタクだからじゃなくて、サイテーなやつだからよ」と捨て台詞を言ってその場を立ち去ります。

ここから「恋人の悪口をブログに書く→それでは飽き足らずハーバード大学のコンピューターにハッキングして友人エドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)と一緒に女子学生比較サイトを立ち上げる→大学に咎められる→エリートクラブの双子から学内写真帳を利用した交流サイトを作ってくれと頼まれ、引き受ける→少しだけエリートの空気を味合う→双子の注文を無視する形でザ・フェイスブックを立ち上げる」という誕生の様子がテンポ良く描かれます。昔『ビューティフル・マインド』でCGの数式が現れては消えるという描写で主人公の天才ぶりを表現していましたが、フィンチャー監督はプログラミングのうまさをそうした手法で描くつもりはなく、サラッと流します。

映画は双子、さらにはエドゥアルドから訴えられた裁判を現在として、過去を振り返る形で語られます。しかし重点は誰が、何が本当なのかと言った法廷劇にはなりません。ですから一部で言われているような『羅生門』的展開だというのも少し違います。主題は何かと言うと旧来の価値観に頼る双子たちと新興起業家のマークという対立になっています。双子は親のコネを利用して弁護士や学長を担ぎ出してマークたちに圧力を掛けようとします。最終的に訴えるとは言え最初に自分でなんとかしようとしない彼らはいかにも坊ちゃんという感じですが、彼は自体はエリートのレールに乗っているのでアイディアを乗っ取られたという実害よりは名誉を重んじているように感じます。友情があったわけではないのでそんなに損はしていないようにも感じます。彼らはとうぜん負け組みではありません。あのクラブにいるということは大金持ちになることは保障されているからです。ただザッカーバーグのように超大金持ちにはなれないだけなのです。それに対してエドゥアルドの件はそうはいきません。ナップスターの創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)を受け入れる過程ではじき出されるかっこうになります。ショーンが持ち込んだ女、ハッパと言った明るい西海岸風空気はそれまでのハーバードの連中にはない空気でした。

どうやらこの映画の中ではまだ誰もがフェイスブックを使える状態ではないようです。フェイスブックが広がる様子は西海岸、イギリス、ボスニアと言った具合に分かりますが、現代人に不可欠なものになった過程は描かれないため最後にエリカが使わざる負えなくなったことがうそ臭く感じます。この映画の流れだと彼女は絶対に使うことを拒否するように思えます。またフェイスブックが誰にも使える「オープン」な状態にすることは、ナップスターのショーン・パーカーがいるわりには少なめです。「オープン」と言う考え方は双子が考えたエリートのみで構成される世界からの開放でもあるので残念です。ナップスターはすぐに潰されましたが、今やCDは売れず音楽は限りなく「フリー」に近づいています。

マーク・ザッカーバーグを演じるのはジェシー・アイゼンバーグ、『ゾンビランド』と同じくオタクですが、属性は違います。僕が彼をはじめて見たのは『イカとクジラ』でした。そこで彼が演じたのはピンク・フロイドの曲をパクってコンテストに応募してしまう少年でした。つまりこの少年は人にどう見られるかを第一にして、自分を良く見せようと必死なのです。アイゼンバーグはこうした外面を気にかけることに一杯一杯の青年を得意としてきました。この映画はそれらと似ているようで違います。服装を見ても分かるように自分に素直で周りにオタクと言われても自分の流儀を通します。ビル・ゲイツもリチャード・ブランソンも時間をかけてノー・ネクタイを認知させていったのです。

エドゥアルド・サベリンを演じるのはアンドリュー・ガーフィールド、始めてみたときは少年っぽいと思いましたが、ホントに目つきが悪くなっていて『スパイダーマン』が心配です。ウィンクルボス兄弟を一人二役で演じるのは『ゴシップガール』セカンド・シーズンでガブリエルを演じたアーミー・ハマーどこか怪しげな雰囲気を感じるのは先入観でしょうか。その双子のひっつき虫状態のディビヤ・ナレンドラは故アンソニー・ミンゲラの息子マックス、いい味を出していました。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 30 : 48 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum出演ドラマ『Shameless』初回の視聴者数
2011 / 01 / 12 ( Wed )
『Shameless』に関する面白い記事やインタビューはあるのですがまだすべて読みきれていないのでそちらは後回しです。さて、いよいよアメリカ2011年1月9日にShowtimeでスタートしたエミー・ロッサム出演ドラマ『Shameless』初回の視聴者数が出ました。

‘Shameless’ Is Showtime’s Biggest Drama Debut in Seven Years
http://www.hollywoodreporter.com/blogs/live-feed/californication-delivers-highest-season-premiere-69929
98.2万人で過去7年間では最高の成績だそうです。今度に期待しましょう。

日本語記事はこちら
「オペラ座の怪人」女優がヌードになった新作ドラマが記録的デビュー
http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/4228.html




00 : 17 : 36 | Shameless Season 1 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossum、Late Night With Jimmy Fallon出演映像
2011 / 01 / 08 ( Sat )
Emmy Rossum、Late Night With Jimmy Fallon出演映像

先日日本からはNBCは見られないと書きましたが、このダイジェストは大丈夫です。オレンジの色が目に眩しいです。新しい家族である猫のフィオナの話もしていますが、迷い猫だったせいかどうも警戒心が強いように見えます。愛犬シュガーとの生活はやはりしんどさそうです(そういえばシュガーは元気でしょうか)。この番組生バンド(The Roots)が音楽をつけています。このダイジェストでも『Shameless』に関する話の中でジミー・ファーロンが照れる場面で音が入るのが楽しいです。あと現在ベースにしているのはロサンジェルスなのですね(離婚協議で取ったのだから当然?)。


エミー・ロッサム出演ドラマ『Shameless』Showtimeにてアメリカ2011年1月9日スタート
01 : 00 : 26 | Shameless Season 1 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossumテレビ、雑誌WEB等に出演
2011 / 01 / 07 ( Fri )
Shameless放送開始と言うこともあってプロモーションかけてます。
CBS The Early Show とLate Night With Jimmy Fallon に出演

Emmy's 'Shameless' Adventures - New York Post http://www.youtube.com/watch?v=IbE-Z5jXR2c
Esquire http://www.esquire.com/women/funny-joke-from-a-beautiful-woman/emmy-rossum-video-0211

Late Night With Jimmy FallonはHPに映像があるのですが、日本からは視聴不可なのです。

エミー・ロッサム出演ドラマ『Shameless』Showtimeにてアメリカ2011年1月9日スタート
01 : 07 : 27 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミシェル・トラクテンバーグ視点で見る『ゴシップガール』セカンド・シーズン
2011 / 01 / 07 ( Fri )
ミシェル・トラクテンバーグ視点で見る『ゴシップガール』セカンド・シーズン

『ゴシップガール』セカンド・シーズン2
ファースト・シーズンではブート・キャンプ送りになったジョージーナ、セリーナが詐欺にあったことがきっかけでチャックとブレアに呼び戻されることになる。当初は矯正がうまくいっていて、何事も神に結びつける白ジョージーナとして登場する。それでもおなじみのメンバーが集まったところにジョージーナが現れた場面は盛り上がる。けっきょく顔が知られていないことを利用して詐欺師に差し出されるが、手違いでジョージーナのお金も取られてしまう。こちらは黒ジョージーナの復活に心躍るのだが、彼女の逆襲の様子が詳しくやらないのは本編と関係ないとは言え残念。最後にブレアに暗い影を落とそうとするジョージーナが見られる。第サード・シーズンではその続きで序盤から登場することになっている。

施設内の地味な服装、地方出身の世間知らずのお嬢様風衣装から悪い女に戻ると決めた姿も見もの。
00 : 30 : 44 | ミシェル・トラクテンバーグ / Michelle Trachtenberg | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レイトン・ミースター視点で見る『ゴシップガール』セカンド・シーズン
2011 / 01 / 07 ( Fri )
レイトン・ミースター視点で見る『ゴシップガール』セカンド・シーズン

『ゴシップガール』セカンド・シーズン1
このセカンド・シーズン、話の中心はブレアのイェール進学問題とチャックの家族問題(つまりはバート・バスとの関係)+バス産業の問題が中心となる。その証拠にセリーナの恋人キャラクターが出てくるのが中盤となっている(その間にダンとの復縁が色々とある)。

ファースト・シーズンではブレアとヨーロッパに行く約束をしていながら直前で裏切ったチャック、帰国してからは遊んでいる。一方ブレアもヨーロッパでチャックの代わりになるような人をすぐ見つけられるわけでもなく、帰国直前に知り合った男性を連れてアッパー・イースト・サイドの人間が集まる避暑地のパーティーに現れる。当然のように素直になれない二人、セリーナとダンはよりを戻してI love youが言えてもまた別れてしまうのに対して、こちらはI love youが言えなくて親密な関係になることができない。その辺が二人の関係をよく表している。

中盤のバス・ヴァンダーウッドセン家のお披露目あたりからバート・バスのヴァンダーウッドセン母子への執拗な身辺調査が問題となる(とは言えリリーはルーファスと親しすぎて問題)。やがてそれがバス家の悲劇を生む。それによりボロボロになるチャックは見ものだが、彼に尽くそうとするブレアの姿もまた見もの。酔っ払って屋上でふらふらしているチャックと、それを助けようとするブレアの姿はセカンド・シーズンの名場面の一つ。

一方ブレアのイェール大進学は一筋縄ではいかない。ブレアへの対抗心からイェール訪問をするセリーナは、そこでも話題をさらい主役となる。それを見たブレアはあせり、キャットファイトになる(「前からヘアバンド気に食わなかったんだよ」は名台詞)。そんなこともありこの二人の関係も微妙な変化を迎える。セリーナはブレアに振り回されすぎたと考え、一時期学園上の座はセリーナのものとなる。この時期のブレアの不安そうな顔と言ったらない。

イェール大合格もそんなに簡単に行くわけもなく、いくつかの関門がある。実は手続きに不満があっても黙っていれば入学できたのに、そこはブレアなので余計なことをして事態を悪化させる。それを境にダークサイドに堕ちかけ、男性関係も乱れる。

高校時代の最後はプロム、プロム・クィーンとなり少女時代から描いていた夢のプロムが実現する。プロム・キングはネイト、だが彼との関係は高校時代の恋なのだ。

チャックはブレア以外の人間には彼女のことを好きだと言っていたが本人には言えなかったが、最終回になってついにあの言葉を言う(それにしてもチャックは裏での準備は怠りない)。二人を見守ってきたファンからすればキレイな終わり方になっている。ただ、この二人の相性は基本的に悪いのでこのままうまく行くとは思えないのが難点。
00 : 00 : 02 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Emmy Rossumの2010年を振り返って2011年を展望する
2011 / 01 / 01 ( Sat )
Emmy Rossumの2010年を振り返って2011年を展望する

2010年のエミー・ロッサムは大きな動きがない年でした。ゲスト参加した音源が2曲ほど発表されましたがそれも好条件ではありませんでした。
プライベートではアダム・ドゥリッツと破局、年末にはジャスティン・シーゲル離婚問題もほぼ決定。アダムに関しては2009年とは違いエミーをステージに引っ張り出さなかった点は年上の男として恋人を守る姿勢としては評価します。

2011年はまずドラマ『Shameless』があるのですが撮影はほぼ終了していると思うので本人ががんばれることはあまりありせんけどね。
また2010年は西海岸でダンスだかバレエ教室に通っていたようなのでそれを活かせる仕事をやってほしいです。
01 : 15 : 00 | 告知・ニュース・日記・最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『アンストッパブル』。 『キック・アス』ほど広がりはないが監督の得意分野でがんばる
2011 / 01 / 01 ( Sat )
アンストッパブル / Unstoppable
2011/01/07公開 公式:http://movies.foxjapan.com/unstoppable/
アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
Blu-ray: 2011/04/27発売

またまたトニー・スコットとデンゼル・ワシントンのコンビによる新作映画です。しかも前作『サブウェイ123 激突 』と同じく暴走列車ものでどうかと思いましたが、悪くないです。『サブウェイ123』の地下鉄は人が走らせるもので明らかな悪人が必要なのに対してこちらはそうではありません。また『サブウェイ123』はジョン・トラボルタととの対決にもうまいオチを付けなければいけなかったのですがそこがイマイチでした。それに対して、こちらは勝手に暴走する列車なので結論は予想が付くとは言えすっきりしています。

デンゼル・ワシントンが演じるのはベテラン機関士フランク、パートナーとなるウィルを演じるのはクリス・パイン。パインは『スター・トレック』で若き日のカーク艦長を演じていてスポックと同じくらいにがんばっていたと思いますが、同程度だとスポックの方が目立ってしまうのか、大役をもらったわりには少し地味な気がします。ここでもやや地味ですが、張り切りすぎて生意気に感じさせないのは良いと思います。列車事故に対処するのはロザリオ・ドーソン、最近はこうした上役をやることも増えてきました。ほかでは途中で助けにくるサングラスの男がいい味を出しています。

トニー・スコット監督なので人物描写は浅めです。デンゼル・ワシントンは定年間近、それにしては二人の娘はけっこう若く、二人ともフーターズで働いていると言う設定です。娘は父親に対して誕生日忘れていたでしょと文句を言います。対するクリス・パインが演じるのはどうやらパートナーとの間に問題を抱えている男で仕事にも身が入りません。また、会社はコネで入社しました。

列車が暴走する理由は当然のようにいくつかの小さなことの積み重ねです。社会見学として列車に乗り込んでいる児童たち(アメリカではあれが珍しい?)、彼らは暴力列車と平穏な日常との比較と言うよりは子供たちを怖い目をあわせて、観客をハラハラさせたいだけでは?と思わせます。

早めに脱線させ止めようとする会社上層部との対決もありますが、基本的にはアクション重視です。鉄の塊である列車が火花を上げながら曲がり、ぶつかって一部が吹っ飛びます。おそらくはCGをあまり使わないで撮影していると思います。これはやはりいいです。パニックものはこうでなくてはいけません。ここで気になったのは列車を追いかけるヘリコプターです。20世紀フォックスの映画と言うことでフォックス・ニュースの名前が入っています。モデルになった事件でも同様だったのかは知りませんが、はっきり言ってむかつきます。ここは本作で唯一と言っていい社会的な視点を持った箇所です。トニー・スコットは過去に『エネミー・オブ・アメリカ』や『デジャヴ』で監視社会をテーマにしていただけに、意識して入れていると思います。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 30 : 00 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |