『マッドマックス 怒りのデス・ロード』試写会。すべてが過剰な世界観に脱帽だが5人の妻のうち3人に違和感
2015 / 06 / 15 ( Mon )
マッドマックス 怒りのデス・ロード / MAD MAX: FURY ROAD
2015/06/20公開:公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/
マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray
BD発売日:2015/10/21

過去の名シリーズをオリジナルの監督が数十年を経て再始動させたというと『スター・ウォーズ』を思い出します。『スター・ウォーズ』の新三部作(1999~2005)は前日譚ということもあって設定の説明が多かったのですが、こちらのジョージ・ミラー監督はややこしい説明は一切しません。マックス役はオリジナルのメル・ギブソンが年を取るスタイルではなく、新たにトム・ハーディが就任し、1作目に出ていたヒュー・キース=バーンが敵のボスとして再登場しています。マックスが妻子を失ったことはフラッシュバックで提示される程度です。劇中に出てくる白塗り集団ウォーボーイズはどうやら健康体ではありません(それにしては元気)。彼らはマックスの血液(ハイオクだそうです)をほしがります。時代はオリジナルよりは後なのはたしかで、『北斗の拳』的な世紀末世界になっています。文明が存在しているかもよく分かりませんが、"むかし、テレビってものがあってなあ"というセリフはあります。舞台はほぼ砂漠で(ほかの地域に関しては不明)、水を持つものが支配者です。石油がどうして豊富にあるのかよく分かりませんが、車映画にそれを突っ込むのはヤボです。

マックスは登場するといきなり囚われます。支配者であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)の元から女性戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)が逃げ出し、それを追いかけるウォーボーイズのニュークス(ニコラス・ホルト)は輸血のためにマックスを連れてゆくという巻き込まれ型の物語になっています。フュリオサはイモータン・ジョーの性奴隷である5人の妻たちを連れ出し、自分の故郷に帰ろうとします。妻たちを助けると同時に故郷が今いる場所より良い場所だと信じて行動するという青い鳥型の話です。

世界観はあらゆるものが過剰で、予告にあるように太鼓やギターで場を盛り上げるだけの車も登場するなどばかばかしさが満載です。ニュークスのキャラクターも熱すぎます。という独自の世界の中で5人の妻たち、中でもロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ゾーイ・クラヴィッツ、ライリー・キーオは世界観とまったくあってなくげんなりします。まるで"うちらは日焼けが嫌だから撮影は一日一時間ね"とでも言ってそうな雰囲気がします。メーンはないからいいじゃないかという人もいるでしょうが、仮にも物語を転がす役割を果たしているのですからそれなりに説得力のある存在や演技を見せてくれないと困ります。残りの二人はオーストラリアの女優とモデルだそうなので、5人ともそういう人でいいと思います。じつは女性チームはもう一つあり、そちらは素晴らしいので余計気になります。

一応カー・アクション映画ということになると思いますが、もはや車といより戦車といったほうがいいごっつい乗り物たちが暴れまわります。乗り物の上で色々なアクションが起る様子は列車アクション映画に近くなっています。物量作戦的なアクションですが、単調に感じるかと思ったのですがそんなことはなく見られるのはテンポや編集がいいからでしょう。新たな三部作になると噂されていますが、近年はアニメーション『ハッピー フィート』を手掛け、ジブリ・アニメが好きだというジョージ・ミラー監督なので『風の谷のナウシカ』のような展開になると予想します。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 30 : 34 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<エミー・ロッサム出演映画『You're Not You』、『サヨナラの代わりに』として11月7日公開 | ホーム | 『グローリー -明日への行進-』試写会。メーン3人以外は地味目な俳優で親近感、現代に通じる問題も>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/1092-bbb32a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |