サンバスンダ「ラワナズ・クライ」
2006 / 01 / 31 ( Tue )
サンバスンダの最新作「Rahwana's Cry」が日本でも発売される。
http://www.surf.to/sambasunda
2005/08/28にこのアルバムについて触れていていて、その後に購入して何度も聞いている。これについて何も語らなかったのは語るだけの力量も知識も自分にはないと感じたからから。アルバムの内容としては幕の内弁当的に色んな種類の曲がある。ぼくとしてはある程度一つの傾向に偏ったほうが聞きやすいようで、デビュー作の「CBMWバンドゥン」のヴァイオリンの音やサルサに挑戦した「サルサ&サルセ」のフュージョンっぷりが好き。とは言え入門編には悪くない。日本盤を買う余裕はないが、解説は知りたい。
http://www.sambinha.com/


この1月26日のネットワーク・レコードとのやり取りの話も興味深い。

ラワナの涙
ラワナの涙

(2008年8月修正)
23 : 36 : 49 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「クラッシュ」試写会 | ホーム | ナルニア、小ネタ。その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/122-818d1b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |