Glen Ballard Works Vol.3『Brendan Lynch 』『Terence Trent d'Arby's Wildcard!』
2006 / 08 / 09 ( Wed )
グレン・バラードのお仕事第3回
今回は第1回『クラブランド』 関連のアーティスト。
Brendan Lynch
『Brendan Lynch 』(1997)
ブレンダン・リンチはポール・ウェラーのプロデューサーとは別人。
声は少し特徴があるがノーマルなロック歌手といっていい。
『クラブランド』のサントラにも参加していたが、
このアルバムは全曲グレン・バラードとの共作となっているだけでなく、
演奏にも参加しておりmoog等のキーボード・プレイが聞かれ、
それがアルバムのサウンドに幅をもたらしている。
http://www.myspace.com/brendanlynch

Terence Trent d'Arby's Wildcard!
『ワイルドカード/サナンダ・マイトルーヤ aka テレンス・トレント・ダービー』(2001)
サナンダ・マイトルーヤ aka テレンス・トレント・ダービーとは長いお名前です。
テレンス・トレント・ダービー(通称TTD)はアメリカ生まれながら、
ヨーロッパで音楽キャリアをスタートし、アメリカには逆輸入の形で進出した変り種。
ソウル、ファンク、ロックを融合させたサウンドを作り出した。
しかしそれはどっちつかずととられることも多々あるわけで
メジャー・シーンからは一時期離れ、改名とともにカンバックしたのがこのアルバム。

日本盤の解説によるとTTDは『クラブランド』にも出演しているが、
それ以前にグレン・バラードと仕事をするという噂があったとのこと
ここに入っている2曲はそのときの名残なのかもしれない。
グレンのほかにダラス・オースティンも参加。
「ジ・インナー・スクリーム」の後半はまさに内なる叫び!
「シャドウズ」はアコーディオンに初めリ、ビートの面白い曲。
http://www.sanandamaitreya.com/

他に『クラブランド』に出演している有名ミュージシャンにはスティーヴン・タイラーがいる。
「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売
20 : 00 : 01 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Glen Ballard Works Vol.4 | ホーム | TVムービー版『ポセイドンアドベンチャー』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/226-b49c5125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |