Glen Ballard Works Vol.5『Wilson Phillips』
2006 / 08 / 24 ( Thu )
グレン・バラードのお仕事第5回
たまには大ヒットものもやっておこう。ウィルソン・フィリップス
2枚のアルバムはグレン・バラードのプロデューサーとしての出世作と
なっただけでなく。その内容も素晴らしい
(私見では2枚目の出来もアラニスの2枚目よりも良い)。

ウィルソン・フィリップスはその名前が示すようにビーチ・ボーイズの
ブライアン・ウィルソンの娘カーニーとウェンディ、
ママス&パパスのジョン・フィリップスの娘チャイナによるボーカル・グループ。
90年に発表した『ウィルソン・フィリップス/Wilson Phillips』は
2曲の全米ナンバー1を記録し、92年の『光と影のドラマ/Shadows & Light』は
前作ほどの成功は得られなかったがヒットした。
しかし今現在、その存在が振り返られることはほぼないように思う。
それは彼女たちのヒットが親の七光りによるもだったからではなく
彼女たちの音楽がヒップホップやMTVロックが台頭した80年代とも
ヒップホップがさらに広がり、グランジがもてはやされた90年とも離れたものであるからだ。

解散以降ウィルソン姉妹とチャイナはそれぞれアルバムを発表。
チャイナのアルバムでは1曲グレンがかかわっている(曲の出来はあまり良くない)。
それらのアルバムからの楽曲も収録したベストもあり。
Wilson Phillips_ Greatest Hits
チャイナは俳優のウィリアム・ボールドウィンと結婚。
曲を提供しグレン・バラードとも親しい関係にある
クリフ・マグネスはアヴリル・ラヴィーンなどと仕事をしている。
2004年には再結成しカバー・アルバム『カリフォルニア』を発表。

Wilson Phillips
ウィルソン・フィリップス/Wilson Phillips』
グレン・バラードがプロデューサーとして大きな一歩を踏み出した作品。
チャイナの印象的な歌にウィルソン姉妹の声が絶妙に絡み合うのが
ウィルソン・フィリップス・サウンド。グレンは5曲を提供。
ベスト盤のウィルソン姉妹の解説を読めば彼が作曲だけでなく
コーラスアレンジにも手を貸していたことが分かる。
ギターが目立つ曲があったらそれはジョー・ウォルシュ(イーグルス)か
スティーヴ・ルカサー(TOTO)によるもの。

Wilson Phillips_Shadows & Light
『光と影のドラマ/Shadows & Light』
ファーストのサウンドをさらに押し進めた作品。グレンは8曲を提供。
新基軸としてややソウル風のアレンジなども導入。しっとりとした曲や
元気のいい曲はファーストのそれより磨きがかかっている。
このアルバムの中で重要な意味を持つのは「フレッシュ・アンド・ブラッド」。
ウィルソン姉妹が父親ブライアンと親子関係をやり直したいと歌った曲。
それだけに心にしみるものがある。彼女たちの願いはやがて届くことになる。

最後にグレンがかかわった作品ではないが『カリフォルニア』にも触れておこう。
1曲目からして良くない、ソロ・アルバムでもそうだったが
チャイナは力を入れようとすると少しがなって下品な声になるが、
これがあってない。イーグルスの「オールレディ・ゴーン」、
フリートウッド・マックの「ゴー・ユアー・オウン・ウェイ」あたりは面白い。
ただし有名曲ほどつまらない。「ターン!ターン!ターン!」が平凡なのはいいとして
親たちの曲にあまりひねりがないのはいかがなものか、
親たちの曲だからこそ大きくイメージを崩せなかったと見るべきか。

デビュー当時の彼女たちに70年代のウエスト・コースト・サウンドを
見いだす向きもあったようだ。そうするとこのアルバムは10年前に
作られるべきセカンドかサードだったのかもしれない。
しかしこれと同等の出来では高い評価を得られることはできなかっただろう。
その意味ではそういった幻想にとらわれず、ファーストを踏襲した
音作りをしたグレンは立派だった。

「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売
23 : 00 : 40 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top
<<8月の告知 | ホーム | インタビュー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/232-8ae187eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アブリル・ラビーン、イメチェンでマスコミから批判?
7月にSUM41のデリック・ウィブリーと結婚式を挙げた新婚ホヤホヤのアヴリル・ラビーン(Avril Lavigne)が、最近の変身ぶりをマスコミから批判されているそうです。デビュー当時のボーイッシュなイメージから、最近ではドレスなどグラマラスなスタイルが定番となり、マスコ
[2006/09/12 00:35] 結婚相談所navi
ヒップホップダンスとは 【ヒップホップダンス情報】
まだまだヒヨコブログですが、ダンス大好きなこおどりがダンス情報&ダンスミュージック情報を発信します。お目汚しの際は平にご容赦願います <(。_。)>
[2006/09/21 13:28] ダンス大好き!ダンス全般情報
| ホーム |