2006年映画TOP10暫定版
2006 / 12 / 25 ( Mon )
プライドと偏見
ホテル・ルワンダ
グッドナイト&グッドラック
カポーティ
ヒストリー・オブ・バイオレンス

RENT/レント
ジャケット
ポセイドン
ハードキャンディー
マーダーボール

ディパーテッド

暫定版。今年は6月と11月に見る本数が落ち込んで見ていない映画が何本か…
上から一般的に評価も高く個人的にもお勧めできる映画、
次は映画としては問題があるが、個人的な思い入れがあったり、
注目すべき若い才能が楽しめる映画、最後は来年公開のオマケ。

今年を振り返ると社会的な映画に力作が目立った一年だった。
「ホテル・ルワンダ」もそんな一本だが、これはある種の
パニック/ホラー映画の要素がうまく取り入れられている点を評価したい。
22 : 23 : 04 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年、印象に残った曲 | ホーム | 『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』を試写会で観賞>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/268-f06d63af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |