冬に聞くクルト・ワイル
2007 / 02 / 26 ( Mon )
暖冬ながらもそれなりに寒いこの冬のBGMはクルト・ワイル(ヴァイル)関連の音源。
『Lotte Lenya Sings American & Berlin Theater Songs of Kurt Weill』が
最適と書こうとしたが、今は売っていないようで残念。
その前にamazon.comの曲目表示と違う。具体的にはベルリンに当る後半13~20が
Track Listingsが違う、同じページのOn this CD:と同じもの。
http://www.amazon.com/dp/B0000026HM/
『三文オペラ』などを単体でを買うよりワイル、ロッテ・レーニャのことがよく分かると思う。

Lost in the Stars: The Music of Kurt Weill _CD
さてワイル入門としてよく知られているのがハル・ウィルナープロデュースによる1985年の
『クルト・ワイルの世界 星空に迷い込んだ男/Lost In The Stars - The Music of Kurt Weill』。
今回これを書くに当って調べたところCDはLPから数曲追加曲があるようだ(下を参照)。
さて本作は簡単に言うとジャズ/アバンギャルド勢とロック勢によるワイルカバー集だが
アバンギャルドすぎるいくつかの曲はつまらないし、スティングは凡庸(ルー・リードはまずまず)。
しかしここに参加した二人の女性歌手、ダグマー・クラウゼとマリアンヌ・フェイスフルが
ワイルの曲を大々的に取り上げたアルバムを出すことになったことを評価すべきだろう。
*ハリウッドの映画制作者のみなさん、ロッテ・レーニャ(クルト・ワイル)の
伝記映画を作るならエミー・ロッサムを!
Supply and Demand
Supply and Demand/Dagmar Krause
20th Century Blues
20th Century Blues/Marianne Faithfull


以下今回聞いて改めてよいと思った曲。
ヴァン・ダイク・パークスのはどれもよい。
「Youkali Tango」ザ・アーマディロ・ストリング・カルテット
弦楽四重奏が奏でるワイルもいいもんだ。
「Oh, Heavenly Salvation」
これはアーロン・ネヴィルの声がいい。
「The Great Hall」ヘンリー・スレッギルもいいが、
室内楽とフリーが混ざったようなバックの演奏が面白い
「Speak Low」
チャーリー・ヘイデン(ベース)が奏でる「Speak Low」!
これ以上何を望もうか。

というわけで次の冬も聞きます。
*CD追加曲。「--------」A面とB面の区切り
1 Mahagonny Songspiel Steve Weisberg
2 The Ballad of Mac the Knife Sting, Dominic Muldowney
3 The Cannon Song Fowler Brothers
4 Ballad of the Soldier's Wife Marianne Faithfull
5 Johnny Johnson Medley VanDyke Parks
*6 The Great Hall Henry Threadgill
7 Alabama Song Ralph Schucket
8 Youkali Tango Armadillo String Quartet
9 Der Kleine Leutnant des Lieben Gottes John Zorn
-----------------------------------------------------
*10 Johnny's Speach VanDyke Parks
11 September Song Lou Reed
12 Lost in the Stars Carla Bley, Phil Woods
13 What Keeps Mankind Alive? Tom Waits
*14 Klops Lied (Meatball Song) Elliott Sharp
15 Surabaya Johnny Dagmar Krause
*16 Hurricane Introduction Mark Bingham
17 Oh, Heavenly Salvation Mark Bingham
18 Call from the Grave/Ballad in Which MacHeath Begs All Men for ... Todd Rundgren
19 Speak Low Charlie Haden
20 In No Man's Land VanDyke Parks
23 : 00 : 19 | 音楽 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum's Favorite Songs vol.3 Seal | ホーム | 2月の告知>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/291-d5e0656c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
RESPECTS
好きなアーティストのカバーなら、どれだけ原曲の良さを損なわずに壊しているか?そのまま演られてもまったく楽しくないこのアルバム、好きなアーティストのカバーばかりだけど、楽しかった!ニック・ロウもキンクスのカバーも良かったけど、中でもサイケGSっぽいアレンジの...
[2007/09/29 21:43] ロックへの思い
| ホーム |