Emmy Rossum's Favorite Songs vol.4 frou frou
2007 / 03 / 26 ( Mon )
エミー・ロッサムのお気に入り第4回「フル・フル」
frou frou details
『details/ディテイルズ』(2002)

アルバムについて漏れ聞こえてきた情報からするとエレクトロニクス色が
強くなりそうだ。そうした場合にはサラ・マクラクランよりも
このフル・フルの方が参考になるかもしれない。
フル・フルは1998年にデビューしたのになぜか
2007年グラミー・アワード新人賞(!)にノミネートされたイギリス出身
女性シンガー・ソングライター、イモージェン・ヒープ(IMOGEN HEAP)と
プロデューサーのガイ・シグスワースによるユニット。
シグスワースは前回紹介したシールに曲を提供したり、
ビョークやマドンナとも仕事をしたりしている。

フル・フルとは「シルクのスカートが立てる、シャッシャッという音」の意味。
フル・フルの特徴は囁くような歌と簡素なエレクトロニクスによる
浮遊感あるポップ・サウンドということになる。
それを象徴するのがオープニングの「レット・ゴー」だろう。
この曲は2007/03/24日本公開のキャメロン・ディアスらの
出演映画『ホリデイ/THE HOLIDAY』でも使われていて、
もう1曲ソロの「ジャスト・フォー・ナウ」もある
(前者はパブの場面、後者はジュードとキャメロンのキスから
ジャックとケイトがレストランに変わる場面)。

それより前のザック・ブラフ、ナタリー・ポートマン出演
『終わりで始まりの4日間/GARDEN STATE』にも使われていて、
ブラフの趣味なのか彼の新作『The Last Kiss』でも
ソロの「ハイド・アンド・シーク」(ドラマ『The OC』で有名)を使っている。

アルバムは正統派ポップに近い「マスト・ビー・ドリーミング」や
アンビエントな「ザ・ダミング・ダウン・オブ・ラヴ」もいいが、
プロジェクトならでの実験性が聞かれるビートやリズムが面白い
「shh」「マドニング・シュラウド」やカオスチックなアレンジが聞かれる
「サイコバブル」などが興味深い(なお今回聞いたのは11曲収録のアメリカ盤)。

他にフル・フル名義の音源としては映画『シュレック2』サントラからの
「ヒーロー」のカバーがある。

ひとりごと~Speak For Yourself~
ひとりごと~Speak For Yourself~

「(タイトル未定)」エミー・ロッサム、デビュー・アルバム2007年発売
21 : 30 : 36 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<NOLA ~ニューヨークの歌声~ | ホーム | 3月の告知>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/297-c66f84e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【Wii】シュレック ザサード
wiiにシュレックが登場!!ネットで一番安いところ紹介しています!今すぐこちらへアクセスを!!
[2007/06/08 18:42] wiiで楽天ショッピング
| ホーム |