「イカとクジラ」「リトル・ミス・サンシャイン」
2007 / 04 / 30 ( Mon )

イカとクジラ


改修されてからかなり経つはずだが、きれいになった早稲田松竹に
先週のケン・ローチに続いて「イカとクジラ」「リトル・ミス・サンシャイン」
と2週連続で出かけてきた。前の座席との間がかなり広くなってびっくり、
椅子は良くなったがやや深すぎる気もする。

両方ともにすでに一回見ているが印象はほとんど変わらない。
脚本としては「イカとクジラ」の方が出来がいいが
演出が人を突き放しているので人によってはそこが鼻につく。
それに比べると「リトル・ミス・サンシャイン」の演出は万人向けで
親しみやすい。ただ細部がやや雑なのが惜しい。
チェリー・ガルシアはこちら
http://www.benjerry.co.uk/ouricecream/

リトル・ミス・サンシャイン


「イカとクジラ」DVD感想
「イカとクジラ」DVD感想(2007年6月27日)
監督による音声解説は本編すべてを見ながらではなく
いちいちロゴの話なんかしたくないという監督の意向で
場面を選んでの解説。意外なことが聞けないのは
この方法のせいではなく1人による解説だから。
『グース』についてのコメントは笑った。

バート・ヤンシュ、ラウドン・ウェインライト三世、
ケイト&アンナ・ マクギャリグルとはいい趣味でございます。
ラウドン・ウェインライトとケイト・ マクギャリグルは
結婚していてその子供が歌手のルーファス・ウェインライト、
マーサ・ウェインライトきょうだい。親が同業者と言うのは
この映画の鍵の一つだ。バート・ヤンシュはブリティッシュ・
フォーク界の名手だが、この人脈からするとリチャード・トンプソンが
来る方が自然なのだが映画に合わなかったのだろう。

ジョン・フィリップスは「夢のカリフォルニア」で
有名なママス・パパスの中心メンバー、同じくメンバーの
ミッシェル・フィリップスとの娘がウィルソン・フィリップスで
知られるチャイナ・フィリップスで、その旦那がアイヴァン役の
ウィリアム・ボールドウィン。なんかこんなのばっかりだ。
言うまでもなく映画関係者は親が同業者というケースが
最も多い職場だろう。次男役のオーウェン・クラインは
俳優のケヴィン・クラインと女優フィービー・ケイツの子供。

監督は長男役のジェシー・アイゼンバーグをよく褒める。
たしかに劇場で見たときには大人二人や弟に目が行ったが
彼もいい、ただ監督が言うようにやや役を作りすぎる
傾向があるようだ。

NY映画祭での対談。司会者は監督の親についても知っている
ようでやりにくそうだ。ここで面白いのは司会者から
ローラ・リニーをわざとみすぼらしくしたという質問が
あってそこはあまり意識しなかったと言う回答には笑った。
劇場で見たときから長男目線で描かれたこの映画では母親は
必要以上に悪く描かれていると感じていたが、
さすがにある程度意識していたと思っていた。
もし本当に無意識なら潜在意識とはなんと恐ろしいものか!

監督が名前を出していたThe Langley Schools Music Project

The Langley Schools Music Project_Innocence & Despair
The Langley Schools Music Projectよりも
『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』の「デスペラード」ではないかと。
20 : 00 : 39 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum、MySpaceオープン | ホーム | 『Our Only May Amelia』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/304-4f608d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サンシャイン
サンシャインサンシャイン* 英語の単語の一つ。日本語で「太陽光|日光」と訳される。sunshine* 東京都豊島区東池袋にある複合都市施設。サンシャインシティ* 東京ヤサカ観光バスの車両の愛称のひとつ。* 高知県高知市稲荷町に本社があるスーパーマーケッ
[2007/05/25 08:24] あゆみのblog
| ホーム |