『傷だらけの男たち』を試写会で観賞
2007 / 07 / 02 ( Mon )
『傷だらけの男たち/傷城/Confession of Pain』
2007/07/07公開 公式http://drywhisky.com/
傷だらけの男たち_DVD
DVD:2008/02/22発売

『ディパーテッド』に続いてレオナルド・ディカプリオ主演がリメイクすることが決まったと言うアンドリュー・ラウ監督作品です。彼がアメリカで撮った『消えた天使』の公開も控えています。

『ディパーテッド』公開当時からテーマと手法が違う作品なので単純な『インファナル・アフェア』との比較は無意味だと思っていましたが、それについてはこの辺にあります。

主演はトニー・レオン、金城武。映画としては『ディパーテッド』よりもさらにスタイリッシュで、(夜の場面がとくに印象に残りマイケル・マン監督の映画を思い出したりもしました)その分リアリティは薄めです。

主演二人の演技も正直に言うとやや合っていないというか、キャラクターにはめ込んだと言うよりは俳優ありきの印象を受けます。それぞれの恋人との関係も重要なのですが、金城の方は男女関係を
描くよりも金城をどう撮るかに力点が置かれていると感じてしまいました。その点トニー・レオンと恋人との関係はこの映画の柱であるのでしっかりと描かれています。ただ彼があのようなことをする人物に見えるかというとやや微妙です。

事件の真相への流れとそれにまつわる悲劇は大きな驚きこそありませんがなかなか。傑作『インファナル・アフェア』と比べるとやはり落ちますが佳作ではあります。あと思ったよりも血が多いのが気になりました。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 30 : 02 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum Discography | ホーム | 『ポセイドン』がHD DVDで発売>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/327-e1a69b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |