『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』を試写会で観賞
2007 / 09 / 03 ( Mon )
『ファンタスティック・フォー:銀河の危機/
Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer』
2007/09/21公開 http://movies.foxjapan.com/f4_2/
ファンタスティック・フォー:銀河の危機_DVD
DVD 2008/02/02発売

当ブログに「ファンタスティック・フォー ジャパン プレミア」でたどり着いた方がいるようですが、これは検索のマジックによるもので当方には何の意図もありません。その代わりにこのエントリーを。

ということでシリアスになりがちだったアメリカン・コミック映画版の中で初めから軽さを貫いた(岩男が出てくる映画がシリアスなわけはありません)「ファンタスティック・フォー」の続編です。

今回は続編ということもあり、説明もなしに地球に危機が訪れます。前作を見ていない人は、初めから4人が超能力を持っていると思えばいいでしょう。女性メンバーとリーダーは婚約中、岩男は盲目の女性と交際、若いメンバーはプレイボーイ程度の認識で十分です。1作目の敵役の話が出てくるのがやや厄介ですが仕方ありません。

頭脳明晰ゴム人間ことミスター・ファンタスティックは前作ではやや面白味に欠けるキャラクターでしたが、今回は独身最後のパーティーを楽しむなどおちゃめなところを見せてくれます。しかしお笑いパートは火男と岩男との掛け合いです。と言いつつもやはり今回も見所はジェシカ・アルバです。製作者側もそれをわかっているようで、花嫁姿にはじまる各種コスプレはメガネ姿からぴったりとしたお馴染みのヒーロースーツまで。さらにはお約束のお色気シーンで男性ファンのハートをつかみます。どうせなら結婚式は南の国で水着挙式がよかった(笑)。

今回の敵キャラはシルバーサーファー。動きは『ヘルボーイ』のエイプことダグ・ジョーンズ、声は『マトリックス』のモーフィアスことローレンス・フィッシュバーン。ダグ・ジョーンズはこの秋、影の主役と言うべき存在になりそうです。流動金属とでもいうのでしょうか、この手の映像としては『ターミネーター2』や『アイ、ロボット』がありましたが、この作品も動きはきれいです。また数年後にさらに進化した映像が見られるでしょう。

ストーリーはかなり大雑把です。シルバーサーファーの後ろに控えているキャラクターはかなり荒唐無稽なようなので仕方ないでしょう。それぞれのパワーで協力するシーンは意外に面白かったですし、
ロンドンでのチームプレイも前作でのそれよりは良かったと思います。ヒーローをやめて普通の生活を目指すのはどこかで見た気がしますが。

相変わらずのトンデモ日本描写はいいとして、ヨアン・グリフィズとジェシカ・アルバは来日しなかったの実に残念。その理由は観ればわかります。

ここからは映画とはまったく関係のない話題なので無視して結構です。春ごろだったか、エミーがクリス・エヴァンスとデートしたというゴシップがあって無視しましたけど、プライベートについてどの程度扱うかまったく決めていません。まあ婚約でもしたら話は別ですけど。この前もキャッシュ・ウォーレンに声をかけられたとかこのシリーズになぜか縁あり(実際にはないでしょうが)。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 06 : 52 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum、日本語のニュース | ホーム | Emmy Rossum、Official Site始動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/348-94aa3225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |