『パンズ・ラビリンス』サウンドトラック
2007 / 10 / 09 ( Tue )
パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック
『パンズ・ラビリンス』サウンドトラック

アカデミー賞作曲部門ノミネート。音楽ははハビエル・ナバレテ、ギレルモ・デル・トロ監督作品では『デビルズ・バックボーン』を担当している。収録時間はCD一杯、こういのは最近では珍しいか、劇中のスペイン歌謡(?)はなし。

メーンとなるのは公式HPや予告編で流れている(9)の子守唄のメロディー。脚本の英語版によればこれはガリシアのメロディとのこと。ガリシアといえばケルト文化圏であり、アイルランドのザ・チーフタンズが全世界的に紹介したパイパーのカルロス・ヌニェスが有名である。映画『海を飛ぶ夢』『ゲド戦記』のサウンドトラックに参加したので知っている人も多いだろう。

この曲のバリエーションは(1)(13)(19)(20)(21)等でかで聞かれるが、同じような役割をする曲がもう一曲くらいはほしかったところだ。解説ではワルツがそれに当るとあるが印象は弱い。(5)(7)(11)(18)等できおり聞かれる低音の響きやコーラス等はハワード・ショアの『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを連想させて良い。

全体的には良い出来だが、長い分だけ各曲の印象を弱めているように感じるのはやや残念。CDはピクチャー・ディスク仕様。大木とフォーン(パン)が重なり合ったデザインは面白い。
22 : 30 : 26 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『パンズ・ラビリンス』つづき | ホーム | 『パンズ・ラビリンス』2007年ベスト映画予約>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/373-6b8990b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |