バラッドについて
2005 / 09 / 05 ( Mon )
と言うわけで、家の中を捜索して「バラッドの世界」の旧版を見つけてきました。
http://emfanjp.blog18.fc2.com/blog-entry-33.html

この本ではバラッドについて
「四行で一スタンザが形成され、物語性を強くもち
作者や成立年代が不明で口承によって伝えられてきた伝承歌」
と定義してあります。
またA.L.Lloyd による定義付けは以下の通り
The folk ballad is a folk tale put into verse and set to music.

これらを文字で説明するのは難しいが聞いて感じるのは題材が
殺人、災害、戦争、男女関係であれ、その生々しさと力強さ。
基本的には装飾が少なく、(歌詞がドラマチックでも)
そこに漂うのクルーネスが魅力。
自戒を込めて言うと、バラッドを語るとハードコアな、
あるいは原理主義的な言い方をしがち。
しかしその性質上ある程度は仕方ないのかもしれない。

今度は「歌追い人」を見直してみよう。


ESFB
基本です
00 : 00 : 00 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「コーチ・カーター」と「ミリオンダラー・ベイビー」 | ホーム | 早稲田松竹で「オペラ座の怪人」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/39-0792ec83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |