『シルク』試写会
2007 / 12 / 14 ( Fri )
『シルク/SILK/SETA/SOIE』
2008/01/19公開 公式:http://silk-movie.com/
ルク スペシャル・エディション_DVD
DVD:2008/05/23発売

一見すると文芸作品のような印象を受ける本作ですが実は珍作です。なんと言っても原作の『絹』がトンデモ系の小説で、作者自身が日本版でエクスキューズしているように、イタリア人がよく下調べもせずに自分の想像力を屈指して描いた日本や昔のフランスでしかありません。それでもある種の美しい表現があることは否定できません。イタリア人がフランスと日本を舞台にし、主人公が英語を話すと言う意味では『パヒューム』に似ています。

この映画はそうした問題のある小説の世界観をそのまま持ち込んで失敗しています。映画も小説同様にスカスカです。人物描写がされていると感じるのはかろうじて主人公のエルヴェのみで、彼にしても観客が感情移入出来るような人物ではありません。この原作を映像化するなら一点豪華主義にすべきでしょう。どこに力点を置けばいいかと言うと衣装、風景、色彩感覚しかありません。

さてこの映画を見て小説と違う印象を受けたのは他ならぬエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)でした。小説では印象の薄い(それゆえに最後にインパクトを残します)彼女は、映画での扱いが格段によくなったという感じは受けないのですが、小説では1行で済むような描写も映像で見ると存在感が違います。もちろんキャスト中で一番知名度があるキーラにはスター・オーラもあります。それが表に出ずに裏から支えているのが、この映画の弱い点でもあります。また『ダ・ヴィンチ・コード』『スパイダーマン2』『フリーダ』とどこの国の人間を演じても似合ってしまうアルフレッド・モリーナはここでも健在です。日本人では中谷美紀より芦名星、役所広司より國村隼が印象に残りました。というか中谷、役所の両人はやや損な役なのかもしれません。というわけで美しさを引き立てるだけの物語がないので、印象としてはアート・シアター系の映画です。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 00 : 23 | 試写会 | トラックバック(5) | コメント(2) | page top
<<Emmy Rossum、新しい映画の話 | ホーム | 『サーフズ・アップ』を試写会で観賞>>
コメント
--制作--

TBありがとう。
アートシアター系であっても、がっかりしますよ(笑)
この制作費がどういう過程で、調達できたのかというほうが、謎ですね。
by: kimion20002000 * 2008/07/17 18:50 * URL [ 編集 ] | page top
--『シルク』--

コメントありがとうございます。
改行をし直しましたが書いた当時と感想は変わりません。
確かにしんどい映画ですが分かっていてそれなりに楽しめるかも?!
by: JK * 2008/07/18 21:58 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/405-0fe8db3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「シルク」ガイジンの見た日本
「シルク」★★☆ マイケル・ピット、役所広司、キーラ・ナイトレイ出演 フランソワ・ジラール監督、日本 イギリス イタリア カナダ フランス 2006年、109分 もうすぐ公開のこの映画は、 昨年の東京国際映画祭で見た。 舞台挨拶には役所広司や中谷美紀も来て ...
[2008/01/16 19:57] soramove
【2008-11】シルク(SILK)
人気ブログランキングの順位は? 海を越えてめぐり逢う、 美しく切ない純愛 愛は運命に紡がれ、そして永遠となる
[2008/01/30 22:22] ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
『シルク』2008・1・27に観ました
(C) 2006 Jacques-Yves Gucia/ Picturehouse Productions 『シルク』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は除隊後、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、蚕
[2008/02/03 13:28] 映画と秋葉原と日記
mini review 08311「シルク」★★★☆☆☆☆☆☆☆
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット...
[2008/07/13 03:41] サーカスな日々
『シルク』\'06・日・加・伊
あらすじ1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したためエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来...
[2009/01/16 23:32] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
| ホーム |