『クローバーフィールド』で悪酔いするより『ダンボ』でトリップ!!!
2008 / 04 / 14 ( Mon )
東京ディズニーランド25周年をやっているその隣で「ディズニーフィルムセレクション」が開催されている。
http://www.ikspiari.com/cinema/disneyfilm/
マニアには短編集が目玉だろうが、それほどでもない僕のような人間には名作とされる長編アニメの方がうれしい。1本ないしは2本を一定期間上映して次の作品に移るといった通常の上映ではないスケジュールは分かりにくいが連休や長期休暇中に来る人を想定しているのかもしれない。今回見たのは『ダンボ』。

これの酔っ払ったダンボが見るピンク・エレファントのパレードは知っている人も多いと思うがかなり飛んだ映像で、ドラッグ/サイケデリック的な映像となっている。これが1941年の映画とは思えない。先週見た『クローバーフィールド』のようにわざと気分を悪くしようとしている映画や一時期流行ったドラッグ・ビデオにはない計算されていない(もしくは作者の計算を超えた)何かがある。実際に知っていてもスクリーンで見ると、何度も身体が持っていかれるような感覚に襲われた。

楽曲としての「ピンク・エレファンツ・オン・パレード」はアルバム『Stay Awake』のサン・ラー&ヒズ・アーケストラで知った。これは名演だし、アルバムの中でも上位の出来だと思うが、なによりも原曲が素晴らしいと強調しておきたい。

本編自体は60分と短く、ダンボが空を飛ぶのは最後の最後。前半はお決まりの母子もの。それでもダンボはかわいいのでつまらないことはない。しかし象のピラミッドはない。

ダンボ ― オリジナル・サウンドトラック
ダンボ ― オリジナル・サウンドトラック

Stay Awake: Various Interpretations of Music from Vintage Disney Films
Stay Awake: Various Interpretations of Music from Vintage Disney Films
22 : 00 : 43 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<エミー・ロッサム『インサイド・アウト』全曲解説:前編 | ホーム | Emmy Fan!の更新と新企画の予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/451-0e411539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |