Emmy Rossum's Favorite Songs vol.7 Dido
2008 / 06 / 02 ( Mon )
エミー・ロッサムのお気に入り第7回「ダイド」

ライフ・フォー・レント_ダイド
『 Life for Rent/ライフ・フォー・レント』(2003)

ダイド、この歌手が発表したソロ・アルバムが2枚ということを考えればそのキャリアの紹介はわりと簡単だ。本名ダイド・アームストロングは1971年12月25日ロンドン生まれ。兄であるロロが在籍するグループ、フェイスレスのアルバムに参加。その後1999年にアルバム『ノー・エンジェル』でソロ・デビュー。ドラマ『ロズウェル』に使われた「ヒア・ウィズ・ミー」とエムネムの「スタン」にサンプリングされた「サンキュー」、この2曲が話題となってアルバムは大ヒット。続く『ライフ・フォー・レント』もヒット。ということになる。そして彼女の音を表現するときに言われるのはその湿った、憂いをひめた声。こんな感じである。確かに彼女の声は独特で魅力的だが、サウンドはトリップ・ホップというほどには尖ったものではない。実は彼女には正式なソロ・デビュー前に作ったデモ・テープがあって『ノー・エンジェル』のボーナス・トラック3曲はそこからの楽曲らしい。ここではアルバム本編よりはやや尖った、陰鬱な音を聞くことが出来るが、ソロ・シンガーの作品としてはややインパクトに欠ける。逆に言えばファーストの音作りはそうしたサウンドの色を残しながらも、もっとポピュラー寄りな音を作り出したことを評価すべきだろう。

ダイドの特徴の一つである途中で声をひっくり返す歌唱法は、シネイド・オコナーやザ・クランベリーズのドロレス・オリオーダンに似ているが、そのときの声が濁らずにきれいであると言う点ではサラ・マクラクランに近い。サラは声が裏返ってもきれいに高い音が出るが、ダイドの場合は元々きれいな声ではなく(だからハイ・トーンと表現されることには違和感がある)、ひっくり返ったときに声の湿り気が増す。そこに細かな感情表現や微妙なニュアンスが込められて、多くの人にインパクトを与えることになる。

『ノー・エンジェル』は「ヒア・ウィズ・ミー」、「ドント・シンク・オブ・ミー」などのストリングスをうまく使ってダイドの声を際立たせる曲で始まる。前者はサビでのひっくり返る彼女の声が、後者はサビの裏で鳴るストリングスとダイドの力強い歌が見事だ。そしてこうしたダイドの声に負けないくらいに靄がかかったような音像はエミー・ロッサムが自らのアルバムを評したアンビエント・ポップに近い。この後にシンプルにギターが刻まれる曲が数曲続いた後に実兄ロロがプロデュースをしたビートが印象的な曲が登場する。「サンキュー」は歌に注目が集まりがちだがパーカッションの音がいい感じで鳴り、ビートが耳に残る曲である。他にはダブ的な音処理の「オネストリー OK」、メランコリーな「スライド」とここはロロのアイディアが出たと思われるやや尖ったが音が続き、本編のラストはまたシンプルな曲調で締められる。

2003年に発表した『ライフ・フォー・レント』は「ドント・シンク・オブ・ミー」を踏襲したような曲調で、サビに胸が締め付けられる「ホワイト・フラッグ」から始まり、前作と似た傾向の曲も多いがアコースティック・ギターをうまく使ったフォーク的な発想で作られた曲が目立つ。「ライフ・フォー・レント」、「メリーズ・イン・インディア」が代表的で「ディス・ランド・イズ・マイン」などはダイドの明るい曲としてはベストだろう。その他の曲もアレンジを素直にすればフォーク・ロックになりそうな曲が多い。フォーク的なイントロではないものの「シー・ザ・サン」や「ドント・リーヴ・ホーム」(これまたサビへの展開がとバックのストリングスが素晴らしい)がそうだ。

さらには前作の暗めな部分を受け継いだ「ストーンド」、「シー・ユー・ホエン・ユーアー・40」といった曲もあるが、そうした前作からの流れを一つの曲に詰め込んだような曲もある。アコースティック・ギター、パーカッション、ストリングス、ループ音が重なり合う「フー・メイクス・ユー・フィール」、「サンド・イン・マイ・シューズ」、「ドゥ・ユー・ハヴ・ア・リトル・タイム」等がこのアルバムの新機軸となっている。

ともあれダイドの一番の魅力がその不思議な声にあることには間違いない。2008年にはサード・アルバムが発売される予定。
00 : 00 : 32 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum新作映画『Dare』キャスティング他 | ホーム | エミー・ファン!ブログ5月のニュース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/469-3b3274d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホワイト・フラッグ / ダイド ~ White Flag / Dido
White Flag / Dido ロンドン出身のシンガー、ダイドです。 1999年発表のデビュー・アルバム『ノー・エンジェル』に収録されていた「サンキュー」が、エミネムの「スタン」にサンプリングされ、一躍有名になったという経緯があるそうです。 私が初めてダイドを知..
[2009/08/29 12:51] オススメの洋楽一日一曲
| ホーム |