Emmy Rossum's Favorite Songs vol.10 Damien Rice
2008 / 07 / 09 ( Wed )
エミー・ロッサムのお気に入り第10回「ダミアン・ライス」
O(オー) ダミアン・ライス

ダミアン・ライスは1973年アイランドの首都ダブリン生まれ、その後キルデア州のセルブリッジで育つ。プロデューサーのデイヴィッド・アーノルドに認められアルバム『O』(2002)でデビュー。これがヒットし順調にキャリアをスタートさせた。さらにマイク・ニコルズ監督、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン出演映画『クローサー』に『O』からの曲「ザ・ブロウワーズ・ドーター」が実質的な主題曲として使用され、日本でも広く知られるようになった。2006年に『9』を発表。

シンガー・ソングライターといえば「曲と声があればいい」とされることがあるが、いい曲といい歌にこそそれにふさわしいバッキングが必要だと考えるような人にはダミアン・ライスは最適だと思う。もちろん本人の声は繊細な歌声からつやのある声、やや荒っぽい歌まで、七色の声とまでは行かなくてもある程度は幅がある。しかしそれを引き立てるのは大胆に使われるバック・コーラス、チェロを中心としたストリングス、そしてピアノである。それらが考え抜かれたアレンジと絶妙のタイミングで曲に彩を添え、歌を引き立たせる様は実に見事で、近年のオーソドックスなシンガー・ソングライターではベストではないかと思う。

エミー・ロッサムのデビュー・アルバム『InsideOut』のラスト「Anymore」のアレンジもこの人からの影響があるだろう。
22 : 00 : 52 | デビュー・アルバム『Inside Out』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ジャンプ」の『ドラゴンボール』情報まとめ | ホーム | 『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』試写会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/485-f52b44ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |