2008年に『ブレックファスト・クラブ』を観る
2008 / 08 / 28 ( Thu )
ブレックファスト・クラブDVD
ブレックファスト・クラブ/THE BREAKFAST CLUB(1985)

内容を語る前にこのDVDの字幕について、字幕が二段で出ることが多いのだが、上段と下段のセリフが別の人のことが多く不自然に感じる。さほどセリフの量が多いとも思わないので気になった。

さて『Dare』脚本家があげた80年代青春映画の代表作と言われるこの映画だが、やや地味な印象を受けるのはキャストたちが今は元気がないからか。エミリオ・エステヴェス監督の『ボビー』はイマイチだったし、アンソニー・マイケル・ホールが『ダークナイト』のどこに出ていたかは気付かなかった。ちなみにモリー・リングウォルドは現在アメリカで放映中のドラマ『The Secret Life of the American Teenager』10代で妊娠した娘の母親を演じている。スチールを見るとデブってはいないが(そういうやり取りが映画にあるのだ)肉は付いている。それが20年と言う月日と言うものだ。

登場人物は休日登校し図書館で反省文を書かされることになった人気者女子(モリー・リングウォルド)、不良(ジャド・ネルソン)、スポーツマン(エミリオ・エステヴェス)、優等生男子(アンソニー・マイケル・ホール)、変わり者女子(アリ・シーディ)の5人。青春物では『理由なき反抗』のように3人というのが定番だ。2人加わることで幅は出るが、この駒を動かすのは大変なはず。そこは脚本家でもあるジョン・ヒューズ監督にとって挑戦しがいもあっただろう(奇数なので男女関係ではひとり余ることになる)。

オープニングではデヴィッド・ボウイの「チェンジス」の歌詞が引用され、落書きの中には銃乱射事件に関する歌であるブームタウン・ラッツの「I Don't Like Mondays」(邦題:哀愁のマンディ)のタイトルがある。音楽全体は大ヒットした主題歌のシンプル・マインズの「ドント・ユー」があるくらいだから80年代ど真ん中だが、思ったよりしょぼくない(『ストリート・オブ・ファイヤー』の劇中歌は悪い意味で80年代過ぎて、がっかりした)。

そのオープニングは学校での5人のことが分かるような画をさらりと見せ、さらに登校の様子で彼らの置かれた立場が分かるようになっている。登校時に親との会話がある3人はそれぞれのプレッシャーを親から受けている。不良だけは歩きで登校(単に近いだけだったりして)。初見で気付かなくても2回目以降なら、優等生の車のナンバーがECM2(E=MC2)だったり、用務員のカールが優秀な在校生だったりしたことが分かる。もちろん画だけで語られる5人それぞれの立場もよりよく理解できるだろう。

前半は不良が場を乱す展開が続いてやや飽きるが、昼食のシーンが面白い。スポーツマンの食事はいかにも体力をつけるためのそれ、そして優等生男子のは母親が一所懸命作った昼食という具合になっている。それに対して人気者女子はしょうゆを持ち込んでのスシ。ヘルシーーフードでおしゃれっぽいが、周りの反応を見るとこのころはまだ珍しかったようだ(日本でもしょうゆビンを持ち込む人はそんなにいないって!)。しかしなんと言ってもここではマンガ的な変わり者女子の食事に尽きる。パンにシリアル(?)と砂糖を大量にまぶして食べるとはやり過ぎだ。

さて物語は不良が自分のロッカーからマリファナを持ち出して回し飲みするあたりから動き出す。それまで各自が張っていたシールドが徐々に剥がれるように、自分自身のことを曝け出す様子がスリリングだ。スポーツマンと優等生男子は親からのプレッシャーを強く感じていることが分かる。エミリオ・エステヴェスは父親がマーティン・シーンだけにこの設定にうまくなじんでいる。また人気者女子の「人気者でいるのも辛いのよ」という高飛車な態度には怒りを感じるが、なぜか許せる。そしてポイントは学校に銃を持ち込んだ優等生男子となる。ここで"I Don't Like Mondays"の落書きの意味がはっきりとしたわけだ。もちろん彼が学校で乱射したわけではないが、銃を持ち込みたくなる不安というものはよく描けている。

当然この場では仲良くなった5人だが、「月曜日に会ったら、どうする」との問いにすぐに「何言ってんだ!友だちじゃないか」という展開にならなずにそれぞれの立場で物事を考えるのはリアルだ。惜しいのは変わり者女子をメイクでかわいく変身させる点、二組のカップルを作らなければいけないということなのだろうが、これは中途半端に感じられた。変身前も良いと思うのは少数派かも。

映画『Dare』詳細不明
23 : 30 : 30 | Dare | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『Dragonball』ブルマの新ポスター登場 | ホーム | エミー・ファン!ブログ2008年8月の告知>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/512-79405cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |