『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を試写会で観賞
2008 / 11 / 14 ( Fri )
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 Tropic Thunder
2008/11/22公開 公式:http://www.shijosaitei.jp/
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 ディレクターズ・カット
DVD 2009/04/03発売

ベン・スティラーが監督・脚本を兼ねる最新主演作です。共演はジャック・ブラック(パンダネタあり)、メイクで黒人になりきったロバート・ダウニー・Jr.ほか。事前の情報で『トロピック・サンダー』という劇中映画撮影中にトラブルに巻き込まれ苦労する話だとは聞いていましたが、それ以上の内容です。メーン・キャストによる偽予告+1本が終わると劇中映画のクライマックス場面の撮影場面になります。ベン・スティラー演じるタグ・スピードマンはここの演技がうまくいきません。それもそのはず彼は演技派とは程遠いアクション俳優なのです。演技派転向のために出演した『Simple Jack』(スピードマン版『アイ・アム・サム』?)も興行・批評ともに失敗に終わっています。それに追い討ちをかけるのが爆破担当者です。なにせ『ドライビング Miss デイジー』『フォーチュン・クッキー』といった爆薬がさほど重要とは思えない映画で失敗をするような人間なのです。案の定、監督(スティーヴ・クーガン)の合図を勘違いして勝手に爆破してしまい撮影を台無しにします。つまりここまでこの映画が成功しないことが観客にも分かるようになっているわけです。

そして監督はトム・クルーズ演じるプロデューサーに思いっきり説教されます。ここのトム・クルーズが噂通りの怪演で笑わせてくれます。なんと言っても強烈な外見に負けていない性格の悪さで、「ハリウッドのプロデューサーってひどい」と思わせくれます。ここで監督がニック・ノルティ演じる原作者(この人がまたひどいのです)の提案で特定のカメラを意識しないリアリティ重視の撮影方式を採用し、それを実行に移しますが、最初から大きなトラブルが起こります。それでも俳優たちは自分たちがカメラに映っていると信じて演技をしていると麻薬組織の支配地域に紛れ込んでしまいます。実際に戦闘が行われているのに演技をしようとする俳優たちの姿は確かに面白いのですが、それよりは仲間割れする様子やある種の極限状態に置かれてそれぞれの俳優が自分の本性を晒してゆく過程の方が面白いと思いました。

やがてスピードマンは麻薬栽培組織に捕まりますが、そこで村民が『Simple Jack』の主演俳優だと分かると大歓迎されます。ここで受けているのは彼らの映画読解能力が低いと見るのが普通でしょうが、ラッパー出身の俳優の名前が『スカーフェイス』にちなんだアルパ・チーノであることを考えると別の可能性も見えてきます。つまり『スカーフェイス』が製作者の意図しないところでラッパーによって価値を見いだされたように、『Simple Jack』もアジアで別の価値を見出されたのかもしれません。などと深く考えなくても、『Simple Jack』を実演するスピードマンの姿やそれが受けたことによって帰りたくないと思い始める彼の気持ちを見て笑えばいいと思います。ここでスピードマンを現実に引き戻すのは彼の親友なのですが、この役ははあのトラブルがなければオーウェン・ウィルソンに演じるはずでした。そこはちょと残念。ちなみに麻薬栽培組織のリーダーは子供なのですが、『ブラック・ダイヤモンド』等を見るとこれも皮肉だと言えない面もあると思います。

メーンの残りの二人について、ロバート・ダウニー・Jr.は黒人になりきった演技がやはりうまいのと同時に笑い所もきちんと押さえています。その一方でベン・スティラーに俳優論をぶちまけるところなどはさすがです。コメディアン役のジャック・ブラックは下品でドラッグ好きといういつもと代わり映えしないキャラクターで面白味に欠けるのがやや残念ですが、彼が麻薬栽培組織の本拠地に突っ込む場面は笑えます。

カメオ出演に関しては劇中のセリフを注意していれば分かると思います。序盤はややグロいのが気になります。とにかくめちゃくちゃな内容でどうなることやらと思いますが、最後にはきれいに収まりますし、銃撃戦や爆破にヘリコプターと派手な仕掛けは十分にあります。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 00 : 00 | 試写会 | トラックバック(4) | コメント(3) | page top
<<Emmy Rossum、森永乳業『マウントレーニア』新CMに11月27日より登場。12月には来日 | ホーム | 『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』を試写会で観賞>>
コメント
--こんばんは。--

こんばんは。

>『スカーフェイス』が製作者の意図しないところでラッパーによって価値を見いだされたように、

うわあ。これは知らなかったです。
でも、こういう話ってオモシロいですね。

でもそう考えると、
なるほど

>『Simple Jack』もアジアで別の価値を見出されたのかもしれません。

というのも頷けますよね。

ぼくは
マシュー・マコノヒーになったというのは、
結果的によかった気も…。
オーウェン・ウィルソンだと
お仲間映画の度合いが高くなりそうな…。
(ファンの方、ゴメンナサイ)。
by: えい * 2008/12/02 00:34 * URL [ 編集 ] | page top
--コメントありがとうございます--

マシュー・マコノヒー、前半のいい加減なマネージャー役はボクも良かったと思います。
でも、Tivoをもって図々しく現場に来るのはオーウェン・ウィルソンがやってきた役のイメージに近いかなと。
by: JK * 2008/12/02 23:47 * URL [ 編集 ] | page top
--日本インターネット映画大賞募集中--

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
by: 日本インターネット映画大賞 * 2008/12/20 20:59 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/543-e745b0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 を見ました
場内込み合ってますので 入りやすいお席をご案内します と言われたのに、混んでませんでした。 どんな基準でいっているのか。。。 自分にとって見たい要素盛りだくさんで かなり楽しみにしていたのでしたが、 ちょっとスケールの小ささにガッカリ したのでした...
[2008/11/24 22:41] 日本サッカーホールディングス
『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
(原題:Tropic Thunder) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----これ、まだ観ていなかったんだよね。 誘われて、フォーンも一緒に行ったけど、 のっけから驚いちゃったね...
[2008/11/30 10:01] ラムの大通り
★「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
今週の週末ナイトショウは・・・ 中居くんの「私は宍戸開になりたい」とか・・・ スティーヴン・キング原作の「1408号室」とか・・・ 伊勢谷友介と木村佳乃のインチキ臭いカップルも出てる「ブラインドネス」とか・・・ 色々観たいのはあったけど、やっぱり最初に...
[2008/12/07 02:57] ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 /Tropic Thunder
ベン・スティラーの監督第4作目は 『ダークナイト』の連続首位を破った、注目のおバカコメディ{/m_0137/} 前回監督した『ズーランダー』同様、自ら主演の他にプロデュース、原案、脚本も務める。 仲良し俳優からベンの憧れ{/hikari_blue/}のあの人まで起用して、気合い
[2008/12/08 09:42] 我想一個人映画美的女人blog
| ホーム |