エミー・ファン・ブログ的2008年の映画
2008 / 12 / 31 ( Wed )
音楽に続いて映画、まだ見ていない映画が数本あるので2008年ベスト10映画候補を順不同で
スウィーニー・トッド
アメリカン・ギャングスター
ノーカントリー
4ヶ月、3週と2日
つぐない
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
アウェイ・フロム・ハー 君を想う
JUNO ジュノ
ミラクル7号 [DVD]
ミラクル7号
カンフーパンダ
ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
インクレディブル・ハルク
イントゥ・ザ・ワイルド
アイアンマン
トロピック・サンダー/史上最低の作戦
その土曜日、7時58分
WALL・E/ウォーリー
永遠のこどもたち
寝取られ男のラブ♂バカンス
水の中のつぼみ

今年10本の映画を選ぶのは難しい。上位5本程度までは簡単に選べるのだが、6~10位の順位をつけるのがとくに難しい。というより6~20位くらいまでは候補がたくさんあるという状態。この中では『ミラクル7号』については語っていないのでどこかでふれる予定。また選外となったが女子供向け映画と軽視されがちな中にも『テラビシアにかける橋』『スパイダーウィックの謎』『魔法にかけられて』『ペネロピ』と秀作が多かった。今年気になったのはドキュメンタリーが面白くなかったこと、特殊なジャンルなので日本に入ってくる時点で一種のフィルターがかかっているのだろうが、つまらないものが多かった。理由は簡単で単に映像を並べただけで脚本も構成も酷いものか、その逆に構成等に気を取られてドキュメンタリーらしさを無くしているかのどちらか。

今年の映画の傾向を語るほどは見ていないが10位は『JUNO ジュノ』にして、これを肴に語りたい。二度目以降になるとジュノと彼氏、マークとヴァネッサ夫婦以外のキャラクターが弱かったり、ジュノの台詞回しが鼻についたりと欠点も見えるのだが、それでも面白い。これは中絶反対の映画だと主張する人もいて別にそれは勝手にやってくれと思うのだが、そんな人たちが求める古き良きアメリカの家族なんてものは既に無いという現実を認識させてくれた方が自分にとっては大きい。親の再婚や養子といった、単純でない親子関係は例えば『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』から子供向けの『カンフーパンダ』までいくらでもある。なにより両大統領候補が本人か家族(親)がそうだったのだから。

主演、助演を問わないベスト男優はジョシュ・ブローリンに決定。『ノーカントリー』『アメリカン・ギャングスター』『告発のとき』と質の高い作品に急に出演。これは寡黙なテキサス男or嫌な上司が似合い、それでいて実はいい人にもなれるからだろう。親父(『ハンティング・パーティ』)と嫁(『ブラックサイト』『最後の初恋』)の活躍も込み。『ミルク』『W』とまだまだ楽しめそうだ。

期待の俳優としてあげておいたヒュー・ダンシーは2本公開されたけど、映画そのものがイマイチ。同系統のジェームズ・マカヴォイにすっかり抜かれた形だ。ヘタレ俳優としてもアメリカのジェイソン・ベイトマンの方が目立っていた。そのベイトマンも映画版『ステート・オブ・プレイ』のヘタレぶりに期待。また2009年は『Fanboys』の出演者の誰かの活躍に期待(って、日本公開されるのか知らないが)

ベスト女優はアナマリア・マリンカに、『コッポラの胡蝶の夢』では出番が少ないので実質的に『4ヶ月、3週と2日』のみの評価。期待の女優としてはレイチェル・ニコルズ、まあほとんどはチョイ役ですが。

バカ映画部門は『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』(『ホット・ファズ』や『トロピック・サンダー』はまっとうなアクション映画です!!)。別にあなたが脱がなくても部門は『告発のとき』のフランシス・フィッシャーと『その土曜日、7時58分』のフィリップ・シーモア・ホフマン(のお尻)

旧作上映部門では『赤い風船』『白い馬』『ミツバチのささやき』『エル・スール』、これはどこか共通する感覚があると感じるのボクだけだろうか。
00 : 00 : 35 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<エミー・ファン!ブログ2008年12月のニュース | ホーム | エミー・ファン・ブログ的2008年のベスト・アルバム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/556-b5e398af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スパイダーウィックの謎 映画版
スパイダーウィックの謎 映画版
[2009/05/20 19:18] 忍者大好きいななさむ書房
| ホーム |