『DRAGONBALL EVOLUTION』考察はお休みして感想
2009 / 03 / 29 ( Sun )
基本的な感想を書いてなかった

しばらく塩漬けされていた『ドラゴンボール』実写化が再起動したと2007年11月に聞いたときには、スタッフを聞いて不安になったと言うかババを引く人がいるのだなあと傍観していた。それだけに12月に入ってきたエミー・ロッサム参加の報を聞いたときは驚いた。そしてチョウ・ユンファ参加と聞いて少しでもいい方向へ転んでくれと願った。当初1月撮影開始8月公開の予定だったが、さすがにこのスケジュールは無理があったのか、4月(3月)に延期された。ポストプロダクションのことを考えれば納得のいく延期だったろう。

そして出来上がったものは話がおかしいと言うよりは基本コンセプトがはっきりとしていなく、関係者のほとんどが『ドラゴンボール』映画化のコンセプト(というものがあるとして)を理解していないのだろう。スタッフを聞いて不安になった人を見返してやれと気持ちも起こさずに軽い気持ちで作ったとしか思えない。ドラゴンボールが簡単に見つかるのは一本の映画だから仕方ないとして、敵役のピッコロの位置付けがされていないので、話に奥行きが生まれない。悟空が高校生なのは構わないが性格設定に問題があり、チチとの関係も余計なものが多すぎる(ラブストーリーはおまけでいいのだ)。ヤムチャが武道家ではないので悟空の強さが分かりにくいという具合にキャラクターに問題がある。亀仙人は漫画のイメージとは違うが設定自体に無理はない。それでも漫画と違う個性は出せていないというか単なる笑顔の多いチョウ・ユンファだ。ブルマはキャラクターには問題がないが大企業社長の娘で天才科学者という感じはしない。

アクションと映像に関しては早すぎるカメラワークだったり、カメラに近すぎて何をなっているか分からないアクションだったりしないのは好感が持てる。しかし人の顔を殴る時に拳が顔にぬめり込むようなスローモーション映像が多用は新鮮さがない。最初の悟飯との修行や同級生との対決のアクションがつまらないのは見せ方がうまくないからだ。一番いいアクションがマイ対チチというのは寂しいではないか。ピッコロの残虐性も描いていないので悟空のピッコロに対する思いも伝わらない、やはり武道を学ぶ友人を出しておいて彼がピッコロに殺されるなどしないとそのあたりがうまく伝わらない。

先にノベライズを読んでから見て思ったことだが、この映画は説明すべきところを省いてやたら早く進めようとする癖がある。一番分かりやすいのがピッコロの作った生物を利用してドラゴンボールを取りにゆく場面だ。ナレーションや登場人物のセリフによる説明過多な映画というのも困るが、こういった映画もまた困る。また『ドラゴンボール』と言えば空中での殴りあいという印象があるが、これは『マトリックス レボリューションズ』で飽きるほど見せてくれた。これと比べると最後のピッコロとの対決は単純に劣るだけでなく、演出にためがなくあっさりしている。せめてピッコロに「まさか、お前にそこまでの力があるはずなどないはずだ!」等のセリフを言わせても良かったと思うくらいだ。かなり漫画的だがいいではないか。

全体的には『スター・ウォーズ』に『ハルク』(巨大化しても服が破けない)というアウトラインそれ自体は悪くないと思うが、肉付けが物足りない。アジア的価値観が地球を救うというのはこの映画の特徴としてほめてもいいが、日本人が悪なのは原作国の扱いとしてはどうしたものか。ピッコロを基準に色調を決めているのか色が灰色っぽいのは残念、メキシコの砂の色がそれに拍車をかけ物足りない。

エミー・ロッサムの映画としてはなにしろ衣装が一つのみで、それもすぐに汚れてしまうのが残念。本編よりポスターの方が格好いい。本格的アクションをやったのは良かったかもしれない。駄作にも出演してこそ一流女優への道だ。

エミー・ロッサム出演映画『DRAGONBALL EVOLUTION』2009年3月13日日本公開、2009年4月10日全米公開
23 : 30 : 46 | DRAGONBALL EVOLUTION | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2009年3月のエミー・ロッサム記事 | ホーム | 『レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─』試写会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/589-266996fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |