『サマーウォーズ』試写会 『サンシャイン・クリーニング』よりおもしろい
2009 / 07 / 27 ( Mon )
サマーウォーズ
2009/08/01公開 公式:http://s-wars.jp/
サマーウォーズ [DVD]
DVD発売日:2010/03/03

サマーウォーズ、略してSW。久々に取り上げる日本アニメです上映時間は約2時間ですが、近くにいたこどもたちは飽きることもなく何度も笑いが起きていました。ということは成功している作品だと思います。その上でいくつかの不満を先にあげておきます。

ネットに誰かが悪の種を蒔き、それが暴走すると言うのはやや食傷気味…だと思うのは、ボクがそんなことが起きてもどこかの天才がどうにかしてくれるのではないかという楽天的な考えの持ち主だからです。個人的には「危ない情報であふれている」「依存しすぎる」からネットは怖いという意見には同意しません。むしろ生活に欠かせないアイテムになっているからこそ、大きなシステム障害よりは肝心なときにこちらの機械が壊れたらどうなるかの方が怖いです(とりあえず2台目以降を用意しておけというのはなしでお願いします)。それよりもかつてのお気に入りのHPが長い間更新されないのを見ているほうが怖かったりします。連絡を取るわけにも行かないし、お気に入りの店が空き家になったのなら残骸や朽ち果てた様子を見ることができるので、こちらの方がましです。

それともう一つ、映画後半で花札が重要な役割を果たすのですが個人的になじみがないのでのれませんでした。オープニングには仮想空間OZの説明があるのですが、ここで花札を利用するのはどうでしょう。陣内家で行われる昔ながらの花札とOZで行われる対戦ゲームとのしての花札、この二つを対比させながらOZの仕組みを説明するというやり方です。

と前置きが長くなったところで、本編です。夏休み映画らしく少年の一夏の出来事を描くという意味では王道の作品です。憧れの先輩、年上のライバル、見知らぬ土地とアイテムも揃っているだけでなく、効果的に使われています。現代の映画らしくサイバー空間と現実世界との対比もうまくできていて、長野の風景も美しく描かれています。ただ、途中トラブルのために上田市まで車で行けなくなるというのがあるのですが、長野だと中途半端な距離だという気もします。あと食事場面はいいのですが、あのお屋敷にしては台所とお風呂が少し小さくないですか?

映画の見所の一つは90歳のばあ様を頂点にした陣内家のみなさまの描かれ方です。なにしろ人数が多すぎるので全員のキャラクターを立てることはできません。それでも印象の薄い人でもある程度のイメージを与えることに成功していると思いますし、他人である主人公が数日間、大家族の中で過ごしたことを考えればあの程度の理解度でいいはずです。ラストへ向けてきちんとカタルシスがあるのも良いです。声の出演に関しては主役の2人がうまくないと言う人がいるかと思いますが神木隆之介、桜庭ななみの2人はそれぞれのキャラクターを考えるとさほど不自然ではないと思います。とは言っても富士純子の貫禄の存在感には敵いません。男の子の声を女子が吹替えるという日本アニメの伝統もあります。主題歌は山下達郎、最近の曲と同じように重いのが気になります。いい曲なのに映画の爽やかさとのマッチングはイマイチに感じました。エンドロールに遊びがあっても良かったかもしれません。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 08 : 13 | 試写会 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<エミー・ファン!ブログ2009年7月の告知 | ホーム | レンカのデビュー・アルバム『レンカ』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/624-980da2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヘイローウォーズ
ヘイローウォーズの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ヘイローウォーズ」へ!
[2009/07/28 05:07] ヘイローウォーズ
| ホーム |