『2012』試写会。  『パイレーツ・ロック』よりスリルがある沈没しそうな描写
2009 / 11 / 16 ( Mon )
2012
2009/11/21公開 公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/2012/
2012 エクストラ版 [DVD]
DVD:2010/03/19発売

本ブログ的にはエミー・ロッサム出演『デイ・アフター・トゥモロー』の監督ローランド・エメリッヒの新作、前作『紀元前1万年』はトンデモ度が高くてついていけなかったのですが、こちらは地球規模のパニック映画です。登場人物たちは定石通り、政府に地球の危機を知らせる科学者(キウェテル・イジョフォー)、立派なアメリカ大統領(ダニー・グローバー)、ふたりをつなぐにいるいやらしい政府の人間(オリバー・プラット)。彼らとは関係ない弱い立場の一般市民の売れない作家カーティス・ジャクソン(ジョン・キューザック)、彼は二人子供がいますが離婚済みで元妻(アマンダ・ピート)には恋人いて、当然のように兄は生意気、妹は従順という具合なので話はサクサクと進みます。

前半のハイライトはイエローストーン国立公園の崩壊シーン、地割れと多数の火柱は見ものでそこにいる謎のDJ(ウッディ・ハレルソン)の生き様にも注目です。その次は西海岸にいるジャクソンの家族が崩壊する街から逃げ出そうとするところ。しかしジャクソンは単に本が売れないで運転手をやっているだけのはずなのに、何でも避けてしまうのでスリルがありません。これはこの直後の飛行機の操縦についても同様で困りものです。こういう場面では本来の技能より少し難しい運転だと示せば彼ががんばっている感じが出せたはずです。あるいは知られざる技能(元レーサーは無理としても元軍人とか)が必要だったと思います。こちらとしては勝手に「車と飛行機のアクションが必要なんだけど、運転する人の細かい設定は面倒だからいいよね」というやり取りがあったと想像してしまいます。

対する政府側の人間描写もやはり薄めです。とくにキウェテル・イジョフォーは好きな俳優なのでもっと丁寧に描いてほしかったのですが、彼は後半に見せ場らしきものがあります。大統領と娘(タンディ・ニュートン)の微妙な関係などはもっとあっても良さそうなのに、その前にそんなに仲が悪そう見えません。大統領のキャラクターはイケイケというよりやや弱気。金持ちロシア人やオリバー・プラットが演じる人物は意外にいいキャラクターでした。『デイ・アフター・トゥモロー』のときにウォッチしていたので分かるのですが、エメリッヒは環境問題に関してはけっこうマジです。けっこうアメリカやグローバル企業も嫌いらしい(ついでにアジア贔屓?)。彼の作品における大統領の位置付けを考えてみるのも面白いと思います。

この映画で印象的だったのは終盤に入る直前の大技でした。「目的地に着けそうもない、困った」さてどうすると思ったら、ああするとは…笑いました。そこに突っ込む前に目的地がアメリカから遠すぎです。避難する人たちが飛行機に乗れるかも怪しいと思います。ロシア人の携帯の指紋認証でコトが動きはじめるあたりはドキドキしたのですが、きちんと逃げられる保障がないのに大金を払うのもどうかという感じです。

映画は最後にはノアの方舟になります。実は前半の地球が壊れてゆく様子よりこちらのほうが気に入っています。もちろん方舟というのは誰を乗せるかが問題なので、トラブルは起こります。見終わってから考えるとトラブルを回避するのには作業員も含めてたくさんの人を乗船させなければいけないなということでした。で、最後は『ポセイドン・アドベンチャー』になります。ジャクソン家はかなり迷惑かけていますね、もしかしてこれが監督のアメリカ観?

実はこの日はかなり寝不足で眠くなることを心配していたのですが、そんな心配をするまでもなく時間が過ぎてゆきました。ローランド・エメリッヒは大味だという人もいるでしょうが、一度見始めたら飽きさせないだけのものは持っているので、爆破やクラッシュを単調に見せるだけの人よりはうまいと感じました。もちろん物語には問題があります。今回思ったのはこの手の映画にはつきものの自己犠牲、これをやる人の人選に少々納得いきません。でもイタリア首相の行為はありそうだと思いました。

映画としては終盤で失速した『デイ・アフター・トゥモロー』より後半に山場があるこちらのほうが楽しめました。方舟映画といえば『ノウイング』というのもありました。ヒロインはあちらのローズ・バーンのほうが良かったと思いますが、子役はこちらのモーガン・リリーちゃんのほうが気に入りました。帽子好きというのがチャーミングです。兄の名前がノアというのはどうなのでしょう。そういえば主人公のイニシャルはJCならぬCJでした。

ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン(紙ジャケット仕様) [Limited Edition] [Original recording remastered]
ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン(紙ジャケット仕様)/ザ・ステイプル・シンガーズ
「ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン」といえば個人的にはこれなんですが

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 30 : 10 | 試写会 | トラックバック(12) | コメント(1) | page top
<<『キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM:A LOVE STORY』試写会。 空回り度は『2012』といい勝負 | ホーム | 見てない人間による映画『Dare』紹介>>
コメント
--こんばんは。--

こんばんは。

ツッコミどころのあまりにも多い映画でしたね。
ここまで普通の人が超人的活躍をする映画は観たことがありません。
しかも、科学性が皆無。

でも、おっしゃるとおり、
この監督は、環境問題への姿勢は確たるものがありますよね。
by: えい * 2009/11/17 00:07 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/662-b0f9960f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『2012』
※かなり辛口です。ごめんなさい。{/dogeza/} (原題:2012) -----昨日の夜は、 『2012』の大試写会が新宿ミラノで開催されたんだよね。 「超」がつく大作ということで、勇んで行ったはずなのに、 なぜか口が重たそうだニャあ…。 確かこれは、マヤ文明が予言したとか
[2009/11/16 23:55] ラムの大通り
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)...
[2009/11/21 00:21] シネマ親父の“日々是妄言”
2012
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、
[2009/11/23 12:13] 小部屋日記
『2012』 災厄でも助かる条件
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって...
[2009/11/24 02:38] 映画のブログ
2012
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索する...
[2009/11/26 00:45] 映画君の毎日
★「2012」
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
[2009/11/26 03:44] ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2012 地球ボコボコ
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
[2009/11/26 21:56] 労組書記長社労士のブログ
映画:2012
 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。
[2009/11/30 05:48] よしなしごと
2012
映画「2012」を観てきました!! 駅でかなり大きく、ちょっと怖いポスターを見かけてから、ずっと気になってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しん...
[2009/12/12 01:23] Thanksgiving Day
2012
今回は、大スペクタル、ディズアスタームービー「2012」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLYIsQgwo3x9z4AhMmGDA2xS4P1czEhKQSALvHDuA=] ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥ
[2009/12/31 10:59] うだるありぞな
映画『2012』劇場鑑賞
 先日のレディースデイ、ちょっと時間が空いたので「せっかくだから映画でも観るか…」と思い、丁度時間が合ったのが『2012』でした。これっ...
[2010/01/08 23:17] 続・蛇足帳~blogばん~
2012
ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、 そういう映画って気分転換になるからなんですよね。 この映画はどうでしょう? 話題になりましたねこの映画。 映像が凄いとか。 2009年。 太陽の活動が活発...
[2010/02/26 12:57] 映画、言いたい放題!
| ホーム |