『ずっとあなたを愛してる』試写会。 『キャピタリズム』よりシリアスさが続く
2009 / 12 / 20 ( Sun )
ずっとあなたを愛してる / Il y a longtemps que je t'aime / I've Loved You So Long
2009/12/26公開 http://www.zutto-movie.jp/
ずっとあなたを愛してる [DVD]
DVD:2010/09/09発売

主演のクリスティン・スコット・トーマスはイギリス人ですが、フランス語を生かしてこのようなフランスの映画に出ています。数年前の『ルパン』ではヒロイン役のエヴァ・グリーンより目だっていましたし、『お買い物』ではファッション誌のフランス人編集者でした。

この映画はどの程度予備情報を入れておくかによってインパクトが違うと思います。化粧っ気のない彼女が、どこかの待ち合わせ場所でたたずみます。やがて彼女より若い女性が車で駆けつけ走ってくるときの背景や音で空港の近くだと分かります。若い女性は主人公(ジュリエット)の妹(レア)でふたりは抱き合います。

ここで思い出したのがアン・ハサウェイの『レイチェルの結婚』でした。あちらのキムは迎えにいった家族の誰もがキムの問題について知っていました。それに対してこちらのレアはジュリエットと年が離れていることもあって姉が自らの子供を殺めたことに関しても知らないことが多く、両親も姉の話題を避けていたようです。その両親は父はすでに他界し、母はボケて施設にいます。レアは姉の秘密には深入りせず自分たちの家で一緒に暮らします。

こうしてレアの家で暮らし始めたジュリエットですが、レアの旦那はともかく夫婦の(ベトナムからの)養女二人は彼女にとって嫌なことも容赦なく質問します。夫の父親も同居していますが、車椅子生活中で事故により口がきけませんが、本はよく読みます。本編にはあまり出てきませんが、ジュリエットの愚痴をよく聞いてくれるのでしょう。

罪を犯したジュリエットは出所したとはいっても定期的に警察に行かなくてはなりません。これが彼女にとっては自分には拭いきれない過去があるということを思い出させることになります。やがて妹の知り合いたちとも仲良くなり試用期間採用とはいえ仕事も見つけます。途中で「君は協調性に欠ける。もっと同僚と親しくしなさい」と注意されますが、それは大きな影響を及ぼしません。この映画には悪意というものを持つ人間があまりいません。ときどき移る天使像がその象徴です。しかし善人ばかりでうまくいくとは限りません。一度は彼女に辛く当たる人がいないとジュリエットは心情の吐露ができないのです。最後にそれを行う人間はきわめて予想通りの人でした。

映画はジュリエットが息子を殺した理由というのを大きな意味を持たさないで進行していて、それがクリスティン・スコット・トーマスの静かな演技と相まっていい感じなのですが、最後に理由を告白するときは大げさな演技と演出になってしまい、それまでの雰囲気と違ってしまうのは残念です。

映画中盤のパーティー中に、話の流れで「私は息子を殺して刑務所にいたと」言ってしまう場面があるのですが、ここでミシェルという人物が彼女の言葉はジョークではなく本当のことだと気付きます。彼は刑務所で教員をしたことがある人物でした。調べると監督にも同様の経験があるとのこと、ミシェルは監督自身を投影したのでしょう。

レアの養女はベトナムから(一人は監督自身の養女)、出てくる医師の一人はイラク出身。というのはアカデミックな世界では外国人が少なくないことの反映なのか、監督が描く差別のない理想的な世界なのかは分かりません。クリスティン・スコット・トーマスに合わせたのでしょうが、姉妹の母親はイギリス人、施設にいる彼女に姉妹が会いに行き、ジュリエットを見ると苦い記憶は追いやられて、懐かしい日々を思い出すのですが、すぐに娘と気付くのといつものように疑い深い老人に戻ってしまうところは印象的でした。音楽がときにうるさいのが残念。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 00 : 28 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<エミー・ファン・ブログ的2009年ベスト・ソング | ホーム | Emmy Rossum、ウィリアム・H・メイシー出演ドラマ『Shameless』に参加>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/674-78a2fbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |