『ガフールの伝説』試写会。 『ミレニアム2火と戯れる女』同様、話は未整理だがアクションは楽しめる
2010 / 09 / 27 ( Mon )
ガフールの伝説 / Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole
2010/10/01公開 公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/guardiansofgahoole/
ガフールの伝説 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
DVD:2011/02/02発売

『300』、『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督によるフクロウの世界を描いたCGアニメーション、今回見たのは2D字幕版でした。主人公は伝説を信じる夢見がちな青年というのは伝わると思うのですが、予告を見ても内容が分かりづらいと思います。物語の展開は意外に早いです。主人公は兄と一緒に飛行訓練をしているところを純血団(もちろん悪です)にさらわれて、兵士としての訓練を受けるのですが、弟は伝説を信じて逃げ出し、兄はここに居残ることを決めます。やがてこの二つの勢力による戦いとなります。

動物をCGアニメーションというと『ハッピー フィート』を思い出します。あちらのペンギンがまずは同一種族から始まり、その中での特徴を出し、その後に移動することによって外見が違う種族と出会うという方式でキャラクターを位置付けていました。それに対して本作は家族の話から始まり、すぐに純潔団基地に移動すると種族が一気に多くなり、やや混乱します。それ以前にフクロウは顔の表情を出すのが難しいようで、それぞれの個性を出すのが難しいようです(中にはナニー役のヘビという変化球もあります)。その上、兜(や兜もどき)を着けるなど、より見分けるのが難しいだけではなく、けっこう数も多いので大変です。

声の出演ではヘレン・ミレン、ジェフリー・ラッシュ、ヒューゴ・ウィーヴィングというベテランもいますが、ジム・スタージェス等の若手がメーンで、妹役の人はアニメ声。どちらかというと声を期待して見に行くようなアニメーションではありません。一番いいのはヒューゴ・ウィーヴィング ジェフリー・ラッシュでした。

ザック・スナイダー監督の外連味は健在でした。もちろん飛翔シーンを中心とした3Dに特化したと思われる映像はたくさんあります。アクション・シーンではスローモーションやカクカクとした動き(何か名称はあるのでしょうか)がたっぷりと味わうことができます。同じような画も多いのですが、ワンパターンですぐに飽きてしまった「バイオハザードIV」とは違いアイディアが豊富なので飽きません。このあたりはこの監督の力量差を示しています。

物語は別の道を行くことになる兄弟から始まり、悪の軍団の悪事、伝説に隠された真実などですが、導入部分の落ち着きのなさや結局は善対悪の戦いに収斂されるあたりはやや平凡なものの、所々にひねりがあるのでそこは良いと思います。ただ見た後に振り返って感心したかとか、意外性があるというほどではありませんでした。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

22 : 01 : 26 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ゴシップガール』のレイトン・ミースター歌手デビューについて12。「Give In To Me」ランクイン、Check in the Darkとコラボ | ホーム | エミー・ファン!ブログ2010年9月の告知と情報>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/739-d1e720af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |