エミー・ファン・ブログ的2010年の音楽
2010 / 12 / 30 ( Thu )
今年の1位は日本で聞けるようになっていればAlex Band / Cruel One (feat. Chantal Kreviazuk, Emmy Rossum)以外にありえないのだが、ネット上でしか聞けないので却下。

まず今年のトピックはラテン・ポップスのラジオをよく聞くようになったこと。なのでピットブルの客演ソングと言えばEgoistaになる。まあサルサとかはかからないのであれがラテン系音楽のすべてと言うわけではないし、アメリカのヒット・チャート上位の曲もかかる。アメリカ音楽は曲と言う概念が消失して音が鳴っているだけだと感じるのに対して、まだ曲があるのがいい。ただし垢抜けていないダンス曲などもたくさんある。で、毎年文句を言ってきたブラック・アイド・ピーズは音が鳴っているだけの典型。今年はケイティ・ペリーのヒット曲、これがまったく面白くない。彼女のことは『The Sisterhood of the Traveling Pants』のころから知ってるけど、つまらないものはつまらない。またブラジルのロベルト・カルロスがスペイン語圏にも浸透していることに気付いたのも収穫。

ラテン・ポップス
Marc Anthony / ?Y Como Es El?
Carlos Baute / Colgando en Tus Manos (Con Marta Sanchez)
Carlos Baute
Marc Anthonyはむだに歌がうまいというか、聞かせる1曲。Colgando en Tus Manosは一番いいデュエット曲。

そのほかほとんど紹介済み。
Neil Young / Sign of Love
Richard Thompson / If Love Whispers Your Name
Camila / Alejate De Mi
Rufus Wainwright / True Loves
Sarah McLachlan / Bring On The Wonder
Selena Gomez & The Scene / Falling Down (Plug In Language Remix)
She & Him / I'm Gonna Make It Better
The Chieftains featuring Ry Cooder / El Relampago (with Lila Downs)

続いては2010年「エミー・ロッサムのお気に入り」で取り上げた人たちの音源のフォロー。サラ・マクラクランは『イリュージョン』サラ・マクラクラン 『イリュージョン』 を発表バンクーバー・オリンピックにも登場した。そして女性アーティストによるツアー「リリス・フェア」を久々に再開させた。アニー・レノックスはクリスマス・アルバム『A Christmas Cornucopia』を発表。シールはベスト盤『シール~オールタイム・ベスト』とデイヴィッド・フォスターをプロデューサーに迎えたオリジナル・アルバム『シール 6:コミットメント』を発表、ハービー・ハンコックの『イマジン・プロジェクト』にも参加。ダイドは『セックス・アンド・ザ・シティ2』と『127時間』のサウンドトラックに楽曲を提供、後者では「If I Rise」に参加しアカデミー賞歌曲賞にもノミネートされた。シガー・ロスも『127時間』に楽曲を提供。中心人物ヨンシーはソロ・アルバム『ゴー』ヨンシー ソロ・アルバム『ゴー』 を発表して来日、来日記念盤の『GO LIVE』も出た。デヴィッド・グレイは新作『Foundling』を発表。
22 : 00 : 51 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『アンストッパブル』。 『キック・アス』ほど広がりはないが監督の得意分野でがんばる | ホーム | エミー・ファン!ブログ 2010年12月の告知と情報とニュース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/764-620ac4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |