レイトン・ミースターとのコラボレーションが待たれるチェック・イン・ザ・ダーク
2011 / 05 / 30 ( Mon )

チェック・イン・ザ・ダーク

チェック・イン・ザ・ダーク / Check in the Dark

レイトン・ミースターが正式に残した音源はコブラ・スターシップとのダンス・ロック「グッド・ガールズ・ゴー・バッド」、ロビン・シックをデュエット相手に選んだ甘いR&Bチューンの「サムバディ・トゥ・ラヴ」。ここまではいいとしてここから迷走を始める。噂されたリル・ウェインとの曲は発表されることはなく、アルバム・タイトルと言われていた「Your Love's a Drug」エレクトロ・ポップ路線だった。ちょうどケシャの曲「ユア・ラブ・イズ・マイ・ドラッグ」とタイトルと被ってしまった。こうなると今まで出してきた路線は後手後手に感じられてしまう。その証拠にプロデューサー/DJのクリントン・スパークスがリークし、その後レイトンがそれは過去の曲だといって引っ込めさせた曲はその路線だった(前触れもなく出たStephen Jerzakの「She Said」は好きだが)。

そんな流れの中で現在話が進んでいるのがカリフォルニアのバンド、チェック・イン・ザ・ダークとのコラボレーションである。このバンドはサーフ・ロックのバンドとして紹介されるが、レイトンがマイアミやカリフォルニアで暮らしてきたことを考えるといい組み合わせだと思う。本人もスポーツ好きだし、ソースは忘れたがきょうだいがマリン・スポーツ・ショップに係わっていたはずだ。彼女自身もサーフィンをやっているとすればさらに納得できる。そしてなにより今のチャートにいるものの二番煎じになりかけていた今までの路線の変更のチャンスなのだ。5月に彼らとコンサートをやって、6月にも予定されている。

チェック・イン・ザ・ダークは日本でも紹介されている。二本のギターを中心とした緩やかなサウンドにやさしげで包容力のあるボーカルが乗るスタイルだ。キュッキュッという爪弾く音も多くの曲で聞かれて心地よい。静かに始まり徐々に盛り上がる「Rock Bottom Blues」などは佳曲といえる。曲はきちんと書けているが、音数は限られているので変化を付けるのは難しいと思う。オルガンがゲスト参加した曲を2、3曲目と早目に持ってくる構成はややもったいない。レイトンとのコンサートでも披露された「The Stand In」は本編最後の曲。日本盤はその後にボーナス曲が2曲付く。

HP:http://www.checkinthedarkmusic.com/
ビデオ・コーナーではレイトンをフィーチャーしたライブの様子もある。
22 : 30 : 02 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『Last』The Unthanks。アイディア豊かなアレンジと面白いカバーを聞かせるフォーク・グループ | ホーム | 『ハウ・トゥ・ビカム・クレアヴォヤント』ロビー・ロバートソン。力作だが物足りない点もある>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/797-7138ddcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |