Emmy Rossum出演『Inside』感想
2011 / 08 / 07 ( Sun )
まずは監禁モノは難しい。殺さず、暴行もせず生かしておく理由がなかなかない。それに誰でも見られるYoutubeを使うのでエロやバイオレンスは控えめになってしまいマニアをひきつけられないという問題もある。

そしてソーシャル・ネットワークを使った映画としての問題点は参加者と傍観者の問題である。参加したいと思う人間にとっては(アメリカ時間で進むことも問題だが)色々な入口があるのに対して結果だけを知りたいと思うような人間にとってはどこに見たらいいか分からない不便さがあった。いやFacebookでのやりとりのようなものも映像で見られると思っていただけの話なのだが、傍観者からするとノイズが多くて整理が大変というのが正直な感想でもある。ツイッターに書いたが映画だと2時間も経てば終わるだろうと思うのに対してWEBならいつ終わるか分からないのはいい。まあエミー・ロッサムのプライベート写真を使ったプロフィールなども良かった。
23 : 42 : 44 | Inside | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2011年上半期ベスト映画 | ホーム | Emmy Rossum出演『Inside』:Episode 7&8: Day 10&11(完)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/824-f6c53883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |