2011年上半期ベスト映画
2011 / 08 / 09 ( Tue )
一言で言うと不作。まずアカデミー賞関連作、まるでだめか、悪くないけどねレベルが多くてほとんど入らない。まあ候補作も2010年日本公開作品の方がレベル高かった。中で面白かったのは紙芝居レベルの話を監督がまともな映画に仕上げた『ソーシャル・ネットワーク』くらいか。その中で本国公開時期には違えどアニメーションのほうが色々と表現方法があることが分かって面白かった。こうなると『塔の上のラプンツェル』が入る余地はない。一見新しそうに見えて保守的だし、前の『プリンセスと魔法のキス』が良すぎたので。

ソーシャル・ネットワーク
ザ・タウン
アメイジング・グレイス
ファンタスティック Mr.FOX(Blu-ray Disc)
ファンタスティック Mr.FOX
お家をさがそう
イリュージョニスト
ブルーバレンタイン
メアリー&マックス
ゲンスブールと女たち
127時間
XMEN:ファースト・ジェネレーション
01 : 30 : 29 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『カンフー・パンダ2』試写会。 『ツリー・オブ・ライフ』比べると主題と主人公の行動がやや遊離している | ホーム | Emmy Rossum出演『Inside』感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/825-08bf49e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |