『カンフー・パンダ2』試写会。 『ツリー・オブ・ライフ』比べると主題と主人公の行動がやや遊離している
2011 / 08 / 17 ( Wed )
カンフー・パンダ2 / Kung Fu Panda 2
2011/08/19公開:公式HP:http://www.k-panda2.jp/
カンフー・パンダ2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
Blu-ray:2012/01/20発売

「カンフー・パンダ」の続編です。1作目はドリームワークス・アニメーションの転機になった作品と評価している作品なので続編が作られるのは当然だと思います。オープニングはポーの出生に関する話です。なんと中国征服をもくろむクジャクのシェン大老は、自分がパンダにやられるという予言おばばの予言を信じてパンダを虐殺します。ポーはその生き残りです。つまり今回は『マクベス』型の物語となっています。今回この設定で、問題があるとしたらポーの行動が能動的ではなく受動的になっていることでしょう。ポーがカンフーの戦士になりたいという『1』と比べると、映画の推進力が弱くなっています。シェン大老が開発する「カンフーも吹き飛ばす」武器というのもインパクトに欠けます。それでもガチョウのピンによる逆I'm your fatherをはじめとするギャグの小ネタは冴えているので今回も安心して笑えます。新キャラクターとしてはシェン大老の脇にいる羊の予言おばばがコメディ・リリーフとしていい味を出して、もちろん羊ネタもありあます。

今回は2D吹替版で見ました。3Dで映えると思われる箇所はポーでいうとフサフサ感でしょう。動きで関していえばシェン大老に尽きます。マスター・カマキリの素早い動きも良かったのですが、より大きいクジャクの動きはもっとダイナミックで素早いです。足の動きも面白いですが、羽根が広がる動きの見事さとそれが武器になる様子が何度見ても見事です。それから今回も2Dアニメによる過去パートは健在です。パート3も製作予想されますが『シュレック』の3、4が中途半端に終わったのに対してこちらならキレイに終われそうです。

吹替版のポーは山口達也、ジャック・ブラックとは違う声ですがポーのキャラクターとしてはこれでいいと思います。それと比べると木村佳乃、MEGUMIはちょっと弱いですね。でも師匠役の笹野高史はダスティン・ホフマンと比べても遜色ないと思います。オリジナルの音声担当は今回調べてみました。ジャン=クロード・ヴァン・ダムが参加していると聞いてもしかしてシェン大老かなと思いまししたがマスター・ワニ&マスター・サイの片方でした。まあマスター・モンキーであるジャッキー・チェンのセリフも少ないから仕方ないですね。悪役シェン大老はゲイリー・オールドマン、はまり役といえそうです。予言おばばのミシェル・ヨーはどうなっているのか気になります。ギレルモ・デル・トロのcreative consultantって何をやったのか少し気になりました。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

23 : 00 : 04 | 試写会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』。 『カンフー・パンダ2』同様に話をまとめるのは難しい | ホーム | 2011年上半期ベスト映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/826-3114bc73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |