『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』。 『カンフー・パンダ2』同様に話をまとめるのは難しい
2011 / 08 / 22 ( Mon )
LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語 / Life in a Day
2011/08/27公開 公式HP:http://www.unitedcinemas.jp/lifeinaday/
LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語 [Blu-ray]
Blu-ray: 2011/11/11発売

ある日の映像を集めたものがどうしてソーシャル・ネットワーク映画と呼ばれるののでしょうか?(というかそう呼んでいるのは日本だけらしいですけど)それはエントリーできない国があるからです。イラン、シリア、キューバ、スーダン、北朝鮮、ミャンマー。これらの国はYoutubeが遮断されているので応募資格がなかったのです。こういう地域からの声を取り上げてこそソーシャル・メディアの意味があるのではないか?という声もあると思います。それらに近そうな国といえばアフガニスタンでしょうか、かの国の一面が見られたのは良かったと思います。でも中にはコリアンの人のように外国に行って撮る人もいます。どちらにせよYoutubeというツールを使う以上アメリカ寄りのフィルターがかかるのは仕方がありません。

インドネシアではインド人がメイドとして働いて自分の神様のために祈るのですが、ご主人様のそれとは違います。この辺にインドネシアの社会構造を見られ興味深かったです。またペルーでは靴みがきの少年が「子供1人にラップトップ1台」政策でパソコンを持っていてそれを利用します。危ないアフガニスタンとは違う面を見せようとしている映像を選んだのは米英らしい視点だと思います(監督のケヴィン・マクドナルドはスコットランド人)。それでも政治的視点はあまり持ち込まれていないと思うのですがが、最後の方である有名なイベントで起こった事故(チラシには書いてあるが伏せておきます)が出てくるあたり、少し揺らぎが感じられました。

映画は深夜からはじまり朝と一日の流れを追う形で進みます。全世界的に朝はやっぱりコーヒー!日本から参加したのは妻を亡くしたばかりで子供を育てる相川博昭さん、いかにも男やもめ(失礼)という感じの部屋の汚さに親近感をおぼえます。息子さんの反応も良いです。こうした日常の一幕だけでなく、いい意味でも悪い意味でも狙った感じがする××の告白などもあります。飛び込み等は単純かなとも思いますが、パルクールしている君は犯罪ですよと言っておきます。

そして例の事故の映像が流れます。素人が偶然撮った映像とという感じがしないのが残念と感じたのですが、ツイッターでそうではないのではないかとの反論を頂きました。たしかに手が加えられていない暴動の映像はこんな感じなのかもしれませんが、全体の流れとして最後にこれを持ってきながらも、無理に盛り上げないようにしようとしたトーンが逆に不自然に感じたでしょう。そんな流れで日が暮れると一日が終わります。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

00 : 00 : 38 | 試写会 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<エミー・ファン!ブログ2011年8月の告知、情報、ニュース | ホーム | 『カンフー・パンダ2』試写会。 『ツリー・オブ・ライフ』比べると主題と主人公の行動がやや遊離している>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/827-ff5a4e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』 歴史に残らない特別な日
 (連載のはじめから読む。)  日本国憲法第9条第1項は、パリで締結された「戦争抛棄ニ関スル条約」すなわち不戦条約の第1条をモデルに作成されたという。  その第1条の現代語訳は、次のとおりである。 ...
[2011/08/30 22:35] 映画のブログ
| ホーム |