『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン を今ごろになって見る。映画版も再上映。
2012 / 01 / 21 ( Sat )
『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in
http://operaza25.jp/
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [Blu-ray]
Blu-ray:2012/01/25発売

去年からやってるがイクスピアリに来たので見てきた。もうじきソフトも出る。アンドリュー・ロイド=ウェバー作品のソフト化はあまり多くない。単発的に出ている作品もあるが公演5年後に出るといったシステムにはなっていない。今後次々とソフト化されるのかは知らないが、『オペラ座の怪人』の続編である『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』の映像も出る。

映画との一番の違いは『ドン・ファンの勝利』か、あのリハーサルでアバンギャルドなことを示し、ファントムの音楽才能が特異であることを示す。本番のクリスティーヌも覚悟を決めた感じが良い。字幕は浅利慶太、四季版を場合によっては簡素化、歌詞標準だから大筋では合っていても、細部では逆なこともしばしばで、英語を聞きながらそれを楽しむという高等技術が要求させる。

メロディの良さを再認識するのは「The Music of the Night」「All I Ask of You」、感情移入してしまうのは「Wishing You Were Somehow Here Again」「Wandering Child」。ファントムはラウルにthe thingと言われるのが辛い。映画で言ったら『遊星からの物体X』だもんなあ。

ファントムを演じるラミン・カリムルーは僕がいうところの音楽の先生にもワイルドにも対応できるタイプと見た。クリスティーヌはシエラ・ボーゲス。この二人は『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』のCDでも同役を担当しているので安心して見られる。ピアンジやカルロッタの歌声を聞けるのは舞台の良さ。舞台版だとマダム・ジリーの怪しさは際立つ。ブケーが殺される理由は映画のほうがよく。分かるシャンデリア落ちの場所などの違いはあるが、この公演も映画版と時間は大して変わらない。本編終了後のゲストが30分近くある。サラ・ブライトマンと歴代ファントムとのデュエットは各ファントムの個性がよく出ている。

シネマ・イクスピアリでは2/18~2/24にまたやります。そのときは映画版も上映します。
23 : 30 : 32 | オペラ座の怪人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『J・エドガー』試写会。 『リアル・スティール』より凝った構造がやや引っ掛かる | ホーム | 『シェイムレス 俺たちに恥はない』WOWOWのHP紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/851-9e02004d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |