2011年映画ベスト10
2012 / 03 / 19 ( Mon )
2011年のトップ10映画
1.イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
1.イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
2.イリュージョニスト
3.ザ・タウン
4.127時間
5.灼熱の魂
6.猿の惑星:創世記(ジェネシス)
7.メアリー&マックス
8.ブルーバレンタイン
9.宇宙人ポール
10.ツリー・オブ・ライフ

『ミッション:8ミニッツ』『ファンタスティック Mr.FOX』『ゲンスブールと女たち』『ランゴ』『マネーボール』も良かった。アニメーションが救ってくれた年。
次点
11.ミッション:8ミニッツ
ダンカン・ジョーンズは『月に囚われた男』がフロックでないことを見せてくれた。まあこれも前作より金は掛かっているはずだがそんなに大作ではないはず。今後は大作作品をうまくこなせるかが鍵だろう。気になるのはこれを好みそうな映画ファンに届いていないような気がすること。

12.ファンタスティック Mr.FOX
不作続きの今年を救ってくれたのがアニメーション作品だった。ウェス・アンダーソン監督のパペットによるトップモーション・アニメという一種の反則技。でも話は面白いし、声を担当した俳優たちの顔が見えるのが楽しい。
23 : 59 : 43 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum出演『シェイムレス 俺たちに恥はない』シーズン1・3月のまとめ | ホーム | Emmy Rossum、映画『Beautiful Creatures』参加へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/859-dae6d48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |