Emmy Rossum参加アルバムNotar『Devil's Playground』はアダム・デュリッツのプロデュース
2012 / 06 / 27 ( Wed )
Notar『Devil's Playground』
2011/9/13発売
1. Intro
2. Devil's Playground
*3. Matador (Feat. Walt Lafty Of Sinai)
*4. Reach (Feat. Chris Carrabba Of Dashboard Confessional)
*5. Stranger (Feat. Adam Duritz Of Counting Crows)
*6. Alcoholic
7. Choose To Run
8. Perseverance
9. Superstar
10. High Till I Die
11. Season's Change
*12. Whatever You Need
13. You Went Away
*はEP収録曲

以前ダウンロードEPの状態で軽く触れておいたNotar(ノーター)のアルバムがCDでも出ていた、EPの5曲全曲も入った全13曲。エグゼクティブ・プロデューサーはカウンティング・クロウズのアダム・デュリッツで彼のTyrannosaurus Recordsから出ている。カウンティング・クロウズが中心となっているツアー『Traveling Circus and Medicine Show』にも参加経験がある。デュリッツは「Stranger」と「You Went Away」で参加している。エミー・ロッサムがコーラスで参加した「Reach」はクリス・キャラバ(ダッシュボード・コンフェショナル)との掛け合いがある曲で冒頭からシンセサイザー・リフが登場するアルバムの中ではもっともポップな曲。カウンティング・クロウズやオーガストオーガスターナのメンバーがバック・ボーカルで参加しているが、コーラスとして機能しているので参加者個々の歌は聞き取れない。

NOTARの音楽性はハードなサウンドに乗るラップ・ボーカルというもので、今となってはやや古いスタイルに感じられる。「Matador」(ウォルト・ラフティ参加)という曲名やラストの曲で本人が吹くトランペットがマリアッチを連想させるなどラテン風味が隠し味か。

アダム・デュリッツがゲスト参加している「Stranger」はアコースティック・ギターが奏でられるアルバムの中では穏やかな曲調、「Alcoholic」はAA・ミーティングを題材にしている(?)のがおかしい、そしてバックはハードなギター。中盤ファンキーな「Superstar」、ギター・ロックに始まりス後半にスラッピング・ベースが入る「High Till I Die」とファンク味が出てくる。終盤「Season's Change」と「You Went Away」ではストリングも加わってしっとりとした面も見せてくれる。前者のスロー・ラップとラスト近くの女性ボーカルがいい。
00 : 00 : 57 | エミー・ロッサムの音楽、CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-』試写会。『幸せへのキセキ』より薄味 | ホーム | エミー・ファン!ブログ2012年6月の告知、情報、ニュース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/880-7764d49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |