Emmy Rossum出演ドラマ『Shameless』シーズン3、11月のまとめ
2013 / 11 / 30 ( Sat )
エミー・ロッサム出演ドラマ『シェイムレス』シーズン3、11月のまとめ

11/01:第5話「ここ掘れ、フランク!」 The Sins of My Caretaker
監督:J・マイケル・ミューロー(『クラッシュ(2004)』撮影)、脚本:シーラ・キャラハン

11/08:第6話「家族がバラバラ!?」 Cascading Failures
監督:アンソニー・ヘミングウェイ(『CSI:ニューヨーク 』)、脚本:アレックス・ボースタイン(『ファミリー・ガイ』)

11/15:第7話「子どもたちを取り戻せ!」 A Long Way from Home
監督:ミミ・レダー(『ER 緊急救命室』)、脚本:エイタン・フランケル(『Friday Night Lights』)

11/22:第8話「家が取られちゃう!」 Where There's a Will
監督:ダニー・キャノン(『CSI: 科学捜査班 』)、脚本:デイヴィ・ホームズ(『ダメージ』)

11/29:第9話「フランクが有名人!?」 Frank the Plumber
監督:マーク・マイロッド(『アントラージュ』)脚本:クリスタ・ヴァーノフ(『グレイズ・アナトミー』)

「ここ掘れ、フランク!」 ギャラガー家付近で下水道工事決定、庭でジンジャーおばさんの捜索。デビーはプール・デビューでいじめられるが、ギャラガー魂を発揮して仕返し。ヴェロニカは代理出産を検討する。リップは世話女房マンディがうざくなりつつあるの。ジミーの父親の問題で落ち込み、少し距離を置く。
【感想】このほかにもシーラの問題もあったがこれなんか次回以降に続きそうにない。ヴェロニカの子作りは続くだろうし、家庭福祉局の問題は次回の柱だ。家庭福祉局の人は『ギルモア・ガールズ』のレーン。これまではイアンとミッキーの間が揺れていたけど、今回はリップとマンディにそれが訪れ、ジミーとフィオナの間も揺れる(でも逃げるところがあるジミーはずるい)。デビーの行動は成長のように見えるけど、ギャラガー色に染まってゆく過程でもあるわけで世間的には褒められたことではない。

「家族がバラバラ!?」家庭福祉局のせいでフィオナ以外はバラバラに、上の2人はグループホームに、カールとリアムはゲイ・カップル、デビーは怪しげな黒人女性に引き取られる。頼る人がいなくかったのでフィオナはフランクに頼み込んで親権回復のために保護者講習に行かせる。リップとイアンはホームを抜け出し恋人に会いに行く。イアンとミッキーは父親に見つかって修羅場。ヴェロニカは母親に頼んだ代理母計画が失敗し、さらに変な方向へ。久しぶりに出るフィオナの涙もインパクトあり。
【感想】予告で見えていたように嵐襲来の回。親権って面倒だな。カールのゲイネタはまだ続く、ギャグが少ないので許してね。リップとイアンが行ったところはまるで少年院。イアンとミッキーはいちゃいちゃのビデオ鑑賞(ヴァンダム対セガール)からの嬉しくもないセックスシーンへ。

「子どもたちを取り戻せ!」家族と一緒に暮らすためにフィオナはきょうだいたちの親権を得ることを決める。デビーの里親は預かった子供たちを地下で働かせて小銭を稼いでいた。リップとイアンはほとんど自由の身でフィオナに協力して、ジンジャーおばさんやモニカに関する書類を偽造する。シーラはジョディのプレイに嫌気がさしてくる。そこにカレンが帰ってくるが、赤ん坊はもう父親に譲っていた。ジミーはブラジル女の度々の呼び出しに頭がきていた。色々あって舞台は法廷へ、フランクも慣れたものでそれらしい主張で親権を維持しようとする。
【感想】
けっきょく親権はフランクのままでフィオナは後見人に、「2歳の子供が18歳になるまで世話しなくていけないのですよ」という裁判長の言葉がずしんと響く。S1のスティーヴが自分のために生きなよと言っていたことを思い出す。いやー、大変だ。その前に家の権利の方が問題でこれは次回へ持ち越し。

「家が取られちゃう!」 いとこのパトリックが遺言書を偽造して家の権利を獲得。シーラは戻ってきたカレンと障害者の集会へ行って障害合衆国に目覚める。フランクはAA会で新しい金づるを見つける。肉体労働がだめなジミーはカフェで働く。カレンはマンディを操り、リップと寝る。パトリックの家乗っ取り計画はカールの作戦がだめかと思ったら、デビーの一撃で終了。トニーおひさしぶり。
【感想】家を乗っ取られるという一大事のわりにはこれ自体はあっさり終わる。しかしその他は次回以降に続きそうなネタが色々とある。カレンは悪女ですな。ジミーは昔の栄光を思い出しつつあって展開がありそう。

「フランクが有名人!?」フランクとクリストファーと暮らすが、同居直後で同居人の保険が使えない文句を言い、町で注目を集めてしまう。しまいにはゲイ運動家に認められる。フィオナはまともなところで働くがどたばたしている。マンディは勝手にリップの願書を出し、リップの所にMITの人が訪ねてくる。そこで学校での勉強より実戦が大事という。デビーは落ち込んだシーラの世話。ジミーは医者の道をまた考える。そして最後にひき逃げ。

【感想】まともなところで働いたフィオナは贅沢なことなど今までと違う道に目覚める。医者を目指すジミーとの関係はどうなる?ミッキーの結婚話(に泣くイアン!)にマンディの仕業といい、忘れかけていたミルコビッチ凶悪さを見せる。
14 : 29 : 35 | Shameless Season 3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2013年下半期ベスト映画 | ホーム | Emmy Rossum出演映画『ビューティフルクリ―チャーズ 光と闇に選ばれし者』を見直してみる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/969-f1372471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |