2013年下半期ベスト映画
2013 / 12 / 27 ( Fri )
2013年下半期ベスト映画
2013年上半期ベスト映画はhttp://emfanjp.blog18.fc2.com/blog-entry-950.html

『パシフィック・リム』
『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』
『セッションズ』
『バックコーラスの歌姫たち』
『42 ~世界を変えた男~』
『キャプテン・フィリップス』
『ゼロ・グラビティ』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『THE ICEMAN 氷の処刑人』
『ブランカニエベス』

今年に見た映画を振り返ってみたが、今年から最低限の記録をとらなくなったので何を見たのか確認するのが面倒。全体的には不作というより評判倒れの作品が多かったが、1年を振り返るとそれなりにピックアップすることができた。実話ベースのものが多くなったので硬い印象になったいると思う。それはコメディが弱かったということなのだろう。

そんな実話ベースの映画の中で『42 ~世界を変えた男~』や『恋するリベラーチェ』のように分かりやすい主人公を置きながら彼らを斜めから眺めているような視点を持たせていることが気になった。これにより主人公の視点で見るというよろ物語の登場人物のように見ることが出来ていると思う。

あとは『セッションズ』における登場人物の挑戦と俳優の挑戦がシンクロしているかのような構成には感心した。脱げば、病人を演じればいいってものじゃない。

番外『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』

つまみ食いの日本映画では『はじまりのみち』と『横道世之介』が印象に残った。

『はじまりのみち』は母親を運ぶだけの話になのにきちんと作ればこうして映画になる。作り手に与えられた条件はそんなに良くないようだが、それだけに時代ものに現代的な顔つきの若手女優を使って違和感を生むというありがちな罠に嵌らないのは良かった(となるとユースケに文句をつけたくなりますが)。

『横道世之介』ぱっと見にどういう映画か分かりにくいというのは弱点だが、現在過去未来をシームレスにつなぐ手法などはうまい。それによって彼がいる時代と彼が欠けている時代のどちらも彼の存在を感じるのがうまい。(得意技とはいえ)吉高由里子の不思議ちゃん演技はワールドクラス。
23 : 04 : 01 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Emmy Rossum出演ドラマ『Shameless』シーズン3、12月のまとめ | ホーム | Emmy Rossum出演ドラマ『Shameless』シーズン3、11月のまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/971-b0d2f8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |