Mike Westbrookでクリスマス!
2005 / 11 / 23 ( Wed )
ショッピングモールに行くと気分はもうクリスマス、家では音楽でも・・・と思っても
そんなにアルバムを持ってない。超定番のフィル・スペクターの
「Christmas Gift for You」

PS_ACGFY


それから「ラブ・アクチュアリー」のサントラ。結婚式での「愛こそはすべて」や
劇中の少女が歌うマライアのカバー「恋人たちのクリスマス」は単純に好き。

そして最後に、Mike Westbrook「The Westbrook Blake」。
これはあまり知られていないだろうし、それ以前にマイク・ウェストブルックの
アルバムもこれしか持っていないし、ブリティッシュ・ジャズにも詳しくない。
それでも持っているのは評判の良さとウィリアム・ブレイクの詩に曲をつけたことに
興味があったから。結果的には大正解、名盤だと思う。
なぜこれがクリスマス向きかと思うかと言うと冒頭の2曲
「The Fields」「I See Thy Form」での少年合唱団のコーラスが
ホーリーな響きだから。続く「A Poison Tree」「Holy Thursday」では
Kate Westbrookの突き放すような歌い方が印象的。
そしてラスト2曲は「Holy Thursday」「Let The Slave」の演奏は熱演、
それに絡むKate とPhil Minton のボーカルもお見事で、感動的。

このアルバムの雰囲気を味わうなら
http://www.westbrookjazz.co.uk/
のディスコグラフィーにある「GLAD DAY」 (1999) の視聴してみてください。

AMAZONはたぶんこれ。

VM_ASOW_D
Let the Slave収録:Van Morrison「A Sense of Wonder」
22 : 45 : 25 | 音楽 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top
<<2005年11月の告知 | ホーム | Poseidon Journals 完結>>
コメント
----

自分のブログで紹介しようとして、グーグルで検索したら、スペクターのクリスマスアルバムをたくさんの人が紹介してたのでうれしくなってしまいました。トラックバックさせていただきます。
by: Alex * 2005/12/01 23:28 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emfanjp.blog18.fc2.com/tb.php/98-4e593cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
クリスマスは今年もやってくる フィル・スペクターのクリスマスアルバム
少し前の記事で大ポカやらかしましたが、ダーレン・ラブの名前がでてきたので、ただでは起きぬということで、クリスマスも近いですし、私の一押しクリスマスアルバムを紹介。って・・・すでに(こちら)で紹介済みだったりするのですが、ホームページの隅のほうへ書いちゃ
[2005/12/01 23:33] blog EVERGREEN
| ホーム |