レイトン・ミースターとのコラボレーションが待たれるチェック・イン・ザ・ダーク
2011 / 05 / 30 ( Mon )

チェック・イン・ザ・ダーク

チェック・イン・ザ・ダーク / Check in the Dark

レイトン・ミースターが正式に残した音源はコブラ・スターシップとのダンス・ロック「グッド・ガールズ・ゴー・バッド」、ロビン・シックをデュエット相手に選んだ甘いR&Bチューンの「サムバディ・トゥ・ラヴ」。ここまではいいとしてここから迷走を始める。噂されたリル・ウェインとの曲は発表されることはなく、アルバム・タイトルと言われていた「Your Love's a Drug」エレクトロ・ポップ路線だった。ちょうどケシャの曲「ユア・ラブ・イズ・マイ・ドラッグ」とタイトルと被ってしまった。こうなると今まで出してきた路線は後手後手に感じられてしまう。その証拠にプロデューサー/DJのクリントン・スパークスがリークし、その後レイトンがそれは過去の曲だといって引っ込めさせた曲はその路線だった(前触れもなく出たStephen Jerzakの「She Said」は好きだが)。

そんな流れの中で現在話が進んでいるのがカリフォルニアのバンド、チェック・イン・ザ・ダークとのコラボレーションである。このバンドはサーフ・ロックのバンドとして紹介されるが、レイトンがマイアミやカリフォルニアで暮らしてきたことを考えるといい組み合わせだと思う。本人もスポーツ好きだし、ソースは忘れたがきょうだいがマリン・スポーツ・ショップに係わっていたはずだ。彼女自身もサーフィンをやっているとすればさらに納得できる。そしてなにより今のチャートにいるものの二番煎じになりかけていた今までの路線の変更のチャンスなのだ。5月に彼らとコンサートをやって、6月にも予定されている。

チェック・イン・ザ・ダークは日本でも紹介されている。二本のギターを中心とした緩やかなサウンドにやさしげで包容力のあるボーカルが乗るスタイルだ。キュッキュッという爪弾く音も多くの曲で聞かれて心地よい。静かに始まり徐々に盛り上がる「Rock Bottom Blues」などは佳曲といえる。曲はきちんと書けているが、音数は限られているので変化を付けるのは難しいと思う。オルガンがゲスト参加した曲を2、3曲目と早目に持ってくる構成はややもったいない。レイトンとのコンサートでも披露された「The Stand In」は本編最後の曲。日本盤はその後にボーナス曲が2曲付く。

HP:http://www.checkinthedarkmusic.com/
ビデオ・コーナーではレイトンをフィーチャーしたライブの様子もある。
22 : 30 : 02 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ゴシップガール』のレイトン・ミースター歌手デビューについて13
2011 / 04 / 05 ( Tue )
このエントリーは月が終わるまで(情報がないときは何ヶ月かまたぎます)新しい情報があったときには追記に入れてURLと日付を変えずに更新します。またTwitterでも更新をお知らせします。
今回も情報はあまりないのですが、年度が変わったので新しくしてみました。

ゴシップガール・シーズン3  4/21(木)スタート
ゴシップガール・シーズン2  4月5日(火)深夜)スタート
 
Country Strong (More Music from the Motion Picture)
Country Strong (More Music from the Motion Picture)
レイトンの歌を聞くならこのサントラ第2弾

アルバム・タイトルは『Love Is A Drug』。
第2弾シングルはリル・ウェインとの「Make It Rain」
ではなく「Your Love's A Drug」
デビュー曲 Leighton Meester feat. Robin Thicke - Somebody to Love
http://www.youtube.com/watch?v=xFe4wg-pyG0


『ゴシップガール』のレイトン・ミースター歌手デビューについて12

公式サイト http://leightonmeestermusic.com/
ここからmyspace,facebook,twitter等へ飛んでください

ゴシップガール 〈ファース&セカンド・シーズン〉 DVD発売中
「クリスマス」収録『Very Special Christmas, Vol. 7』の紹介はこちら
「サムバディ・トゥ・ラヴ」収録『バレンタインデー』オリジナル・サウンドトラック紹介はこちら

COBRA STARSHIP / コブラ・スターシップ今夜はホット・メス(初回限定ハッピー・プライス盤)2009年11月25日発売
Good Girls Go Bad 収録アルバムHot Messの紹介はこちら
コブラ・スターシップの国内盤インフォメーションはこちら http://wmg.jp/cobra_starship/

4/5 2/14以降の情報
情報はあまりないのですが、Check in the Darkとのコラボが中心になりそうです。

新作映画情報:アダム・サンドラー主演『I Hate You, Dad』に参加
続きを読む
00 : 00 : 51 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『Country Strong』オリジナル・サウンドトラック。レイトン・ミースターのファンなら『more』を
2011 / 02 / 14 ( Mon )
Country Strong [Soundtrack, Import, from US]
『Country Strong』オリジナル・サウンドトラック

グウィネス・パルトロウ、ティム・マッグロウ、レイトン・ミースター・ギャレット・ヘドランド出演映画『Country Strong』オリジナル・サウンドトラック。アルコール中毒の女性カントリー歌手の物語だそうだ。というわけでタイトル曲をWEB上で聞いたときはグウィネスの歌がどうのと言うより途中からリズムが入るパートがとてつもなくカッコ悪く感じてしまった。しかし実際に聞いてみると、バックもそれほど大げさではなくすっきりと聞くことができた。ヴィンス・ギルとパティ・グリフィンのバック・コーラスや、(アルバム全体に言えることだが)スチール・ギターやフィドルの音色が良い。やはりきちんとしたメディアで聞くことは重要だ。グウィネスが歌っているのはこの曲を含めて4曲。ストリング入りの「Coming Home」は本編ラストに流れそうな曲。ラストはティム・マッグロウ(本職はもちろん歌手、映画ではマネージャー役なので歌っていないかも)とのデュエット「Me And Tennessee」、グウィネスの旦那クリス・マーティンの曲だがどうと言うことなし。ほかの俳優の中ではギャレット・ヘドランドがわりとスモーキーでカントリー向けの声だ。

じつはこのアルバムはギャレット・ヘドランドとレイトン・ミースターが歌っている2曲で合わせてもキャストによる歌は6曲と、ミュージカル映画のサントラのようなキャストが歌いまくっているアルバムではない。BGMとして劇中に流れる曲もあるのだろうが、一時期よくあった映画にインスパイアされた曲を集めたサントラに近いのかもしれない。本来のカントリーの渋みはないものの、ポップ・カントリーほどポップでもないので参加アーティストのアルバムをよく聞くような人なら楽しめるはず。

Country Strong: More Music From the Motion Picture [Import, from US]
『Country Strong: More Music From the Motion Picture』

しかしレイトン・ミースターのファンにとっては大いに問題がある。まずはレイトン演じるチルズを象徴する曲「Summer Girl」が収録されていないこと。ミスコン出身歌手という設定は今ならテイラー・スウィフトと思う人も多いが企画が持ち上がった当事に意識されたのはキャリー・アンダーウッドだったと思う。またレイトンの曲は「Words I Couldn't Say」のみだが、別の2曲は他の人に差し替えられている。Different Version From Filmとある「A Little Bit Stronger」はサラ・エヴァンスが、May/May Not Appear in Filmとある「Give In To Me」はティム・マッグロウ夫人のフェイス・ヒルが歌っている。しかしこの2曲はサントラの続編にはレイトンの声で収録されているのでファンなら楽曲単位で購入した方がお得だ。そしてレイトンとギャレット・ヘドランド・ヴァージョンの「Give In To Me」はダウンロード・シングルとしてシングル・チャート79位にランクインした。

http://itunes.apple.com/jp/album/country-strong-more-music/id410453155
00 : 11 : 13 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レイトン・ミースター視点で見る『ゴシップガール』セカンド・シーズン
2011 / 01 / 07 ( Fri )
レイトン・ミースター視点で見る『ゴシップガール』セカンド・シーズン

『ゴシップガール』セカンド・シーズン1
このセカンド・シーズン、話の中心はブレアのイェール進学問題とチャックの家族問題(つまりはバート・バスとの関係)+バス産業の問題が中心となる。その証拠にセリーナの恋人キャラクターが出てくるのが中盤となっている(その間にダンとの復縁が色々とある)。

ファースト・シーズンではブレアとヨーロッパに行く約束をしていながら直前で裏切ったチャック、帰国してからは遊んでいる。一方ブレアもヨーロッパでチャックの代わりになるような人をすぐ見つけられるわけでもなく、帰国直前に知り合った男性を連れてアッパー・イースト・サイドの人間が集まる避暑地のパーティーに現れる。当然のように素直になれない二人、セリーナとダンはよりを戻してI love youが言えてもまた別れてしまうのに対して、こちらはI love youが言えなくて親密な関係になることができない。その辺が二人の関係をよく表している。

中盤のバス・ヴァンダーウッドセン家のお披露目あたりからバート・バスのヴァンダーウッドセン母子への執拗な身辺調査が問題となる(とは言えリリーはルーファスと親しすぎて問題)。やがてそれがバス家の悲劇を生む。それによりボロボロになるチャックは見ものだが、彼に尽くそうとするブレアの姿もまた見もの。酔っ払って屋上でふらふらしているチャックと、それを助けようとするブレアの姿はセカンド・シーズンの名場面の一つ。

一方ブレアのイェール大進学は一筋縄ではいかない。ブレアへの対抗心からイェール訪問をするセリーナは、そこでも話題をさらい主役となる。それを見たブレアはあせり、キャットファイトになる(「前からヘアバンド気に食わなかったんだよ」は名台詞)。そんなこともありこの二人の関係も微妙な変化を迎える。セリーナはブレアに振り回されすぎたと考え、一時期学園上の座はセリーナのものとなる。この時期のブレアの不安そうな顔と言ったらない。

イェール大合格もそんなに簡単に行くわけもなく、いくつかの関門がある。実は手続きに不満があっても黙っていれば入学できたのに、そこはブレアなので余計なことをして事態を悪化させる。それを境にダークサイドに堕ちかけ、男性関係も乱れる。

高校時代の最後はプロム、プロム・クィーンとなり少女時代から描いていた夢のプロムが実現する。プロム・キングはネイト、だが彼との関係は高校時代の恋なのだ。

チャックはブレア以外の人間には彼女のことを好きだと言っていたが本人には言えなかったが、最終回になってついにあの言葉を言う(それにしてもチャックは裏での準備は怠りない)。二人を見守ってきたファンからすればキレイな終わり方になっている。ただ、この二人の相性は基本的に悪いのでこのままうまく行くとは思えないのが難点。
00 : 00 : 02 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レイトン・ミースター出演映画『遠距離恋愛 彼女の決断』出番は最初の数分
2010 / 10 / 27 ( Wed )
遠距離恋愛 彼女の決断 / Going the Distance
http://wwws.warnerbros.co.jp/goingthedistance/
遠距離恋愛 彼女の決断 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
DVD:2011/02/02発売

この映画はなんといきなりレイトン・ミースターとジャスティン・ロングのラヴ・シーンからはじまる。というよりレイトンの出番はここだけなのだ。レイトンがジャスティンをふって物語が動き出す。もちろん『ゴシップガール』のブレアとはかなり違うが、プレゼントに対する考え方などはどこかブレアの影が見える。ロングの自宅は『ゴシップガール』でいえばダンが住んでいそうな建物なのも皮肉が利いていて良い。また中盤まで見ているとあの壁の向こうにはあの人がいたのかと妄想してしまう。

ドリュー・バリモアの新作は毎度おなじみのロマコメ、こちらは製作には係わらず俳優として参加している。今回はここが問題かもしれない。監督はドキュメンタリー監督として活躍してきたナネット・バースタイン。この人の『アメリカン・ティーン』は地方の高校生を追ったドキュメンタリー。登場人物は面白かったものの、過剰な演出に気になった作品でもあった。

今回のドリュー・バリモアは30過ぎの大学生で、今はニューヨークの新聞社にインターンとして来ているエリン。そのニューヨークで恋に落ちる。その相手ギャレットを演じるのはジャスティン・ロング。ドリュー製作のアンサンブル・ロマコメ『そんな彼なら捨てちゃえば?』では有名キャストを差し置いてジニファー・グッドウィンと中心的な役割を演じていたが、ドリューとは実生活でついたり離れたりしている(た)人だ。

監督の狙いはロマコメにリアリティを持ち込むことだろう。それを考慮したのか脚本家は男だ。下ネタやタランティーノ風な本編と関係ない台詞を散りばめるが、うまく機能していない。さらに問題なのはギャレットが住む家だろう。レコード会社に勤めているという空気は出ていないし、同居人の存在も話を面白くするだけの存在でしかない。あんな同居人がいるならギャレットのキャラクターももっと違うものになっているはずだ。つまりは主人公二人の周りの人物がよく描けていない。サンフランシスコに住むエリンの姉コリーンは潔癖症。クリスティナ・アップルゲイトの演技は面白いが広がりがないのが残念だ。

ロマコメの定石といえば二人の間の障害、本作では距離なわけだがこれが大きな壁として機能していない。それにジャスティン・ロングがレコード会社の人間に見えないのも辛い。下ネタは男同士の会話だけでなく、カップル間にもあるが、ドリュー・バリモアとジャスティン・ロングの相性の良さか、いやらしくないのは救いとなっている。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

21 : 00 : 21 | レイトン・ミースター /Leighton Meester | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>